【2019年7月】当選者必見!イギリスワーキングホリデー当選後のビザ申請手続き

2019年度Youth Mobility Scheme(イギリスワーキングホリデー)第2回抽選発表 7月10日開始

英国大使館によりますと2019年度日本のYouth Mobility Scheme(YMS、イギリスワーキングホリデー)第2回抽選募集は、2019年7月10日に開始されるとアナウンスされています。

1月と7月に行われる2回の抽選へ分けられ、2019年1月に行われた第一回目の抽選にて800名が選ばれています。
そして、残り200名が2019年7月に行われる第二回目の抽選にて選ばれます

そこで、今回は、2019年7月に行われる第二回目のビザ申請について解説したいと思います。

定員200名
期間2年間有効(就労と就学が可能)
年齢18歳以上30歳以下(渡航は31歳でも可)

【当たった!】イギリスワーホリ2019年7月 当選おめでとう!無料ビザ申請セミナー

2019 UKワーキングホリデービザ応募方法

イギリスYMS(ワーキングホリデー)ビザ内容

定員:1,000名
ビザ有効期間:2年間
年齢:18歳以上30歳以下*ビザ申請時に30歳以下であれば渡航時は31歳でも可能

2019年度も抽選方式で実施されます。定員は1000名です。
抽選のタイミングは、1月と7月の2回の行われます。

1回目の抽選、2019年1月の抽選で800名
2回目の抽選、2019年7月の抽選で残りの人数☜今回はココ

2019年度イギリス・ワーキングホリデーについて「7月応募の新着・アップデート」

【2019年7月のワーホリ抽選に向けて!!】福岡でイギリス ワーホリのプロに相談!

応募方法

1. 申請希望者は日本時間2019年7月10日(水)12時(正午)~ 2019年7月12日(金)12時(正午)までにメールを送信。
2. 当選者へは、7月19日(金)に当選メールがUKBAより送られてきます。
3. 落選者へは、7月22日(月)に落選メールがUKBAより送られてきます。

応募メールの作り方

送り先メールアドレス:JapanYMS2019.ballotrequest@fco.gov.uk
題名:申請者の氏名(パスポートと同じ表記)、生年月日(日/月/年)、パスポート番号
本文:名前、生年月日、パスポート番号、電話番号(自宅と携帯電話)

応募メール例

【件名】 YAMADA Taro – 31/01/1990 – TH123456789


【本文】
Name: YAMADA Taro
Date of Birth: 31/01/1990
Passport Number: TH123456789
Home and mobile phone number: +81(0) 90 0000 0000, +81 (0)3 1234 5674

❕注意点❕
・メールの送信は応募者1人あたり1通までとなります。
・応募メール送信後は、UKBAより受取確認の自動返信メールが送られてきます。ご確認ください。
・携帯メールは迷惑メールとして処理される可能性もありますのでPC用メールのご利用を推奨します。
例)gmail,hotmail…等
※Yahooメール以外のメールアドレスをお勧めします。2015年Yahooメールでの応募が上手く受け付けられなかった報告がございます。

当選後の流れ&申請方法

当選者にのみ7月19日(金)に、申請可能通知、予約方法の詳細及び、Youth Mobility Schemeビザ申請に必要な書類に関するEメールが届きます。
2019年9月30日までにオンライン申請、クレジットカードによるオンラインでの申請料金の支払を完了する必要がございます。
この期日までに申請料金の支払が完了されない場合、自動的に当選リストより削除され、当選が取り消しとなりますので十分ご注意下さい。
また、申請料金の支払後から90日以内の申請書類の提出(英国ビザセンターへ来館)が必要となります。

オンライン申請方法

オンラインでの申請方法は6Stepあります。

  1. Start(登録)
  2. Application(申請内容入力)
  3. Documents(添付書類の登録)
  4. Declaration(宣言)
  5. Pay(支払い)
  6. Futher actions(印刷&ダウンロード)

❕事前に決めておかねばならないこと❕
・イギリスへの入国予定日
・現地滞在先
・過去10年間の海外渡航歴
・来館するビザセンターの場所・日時
*ビザセンターは東京都、大阪府にあります。

ビザセンター来館

予約した日時に来館し、申請手続きを行います。
来館時には
・当選メールを印刷した物
・来館予約票を印刷した物
・パスポート原本
・パスポート顔写真ページのカラーコピー
・オンライン申請書
・資金証明書類
・渡航歴を記入した用紙(渡航歴が全て記入出来なかった場合のみ)
が必要となります。

ビザセンターではあくまでも申請書類を預かるだけになるため、自身でしっかりと書類を準備する必要があります。

お一人での申請が不安な場合は、ぜひセミナーを利用して情報収集してみてください♪

【当たった!】イギリスワーホリ2019年7月 当選おめでとう!無料ビザ申請セミナー

いよいよ渡英!

ビザセンターでの申請を終え、預けたパスポートが手元に戻ってきたらあとは渡英するのみです!
オンライン申請時より指定していた入国予定日から30日以内に入国する必要があります。
また、入国後は、10日以内に生体認証付きカードのバイオメトリクス在留許可証(Biometric Residence Permit)を郵便局で受け取る必要があります。
BRPカードは、ワーキングホリデー中に入出国する際にも必ず必要になるものです。忘れずに受取りに行きましょう。

イギリス・ワーキングホリデーおすすめ都市&お得語学学校情報!

〈2019年7月〉イギリスワーキングホリデー仕事探し「どんな職種でチャンスを掴める?」

アフィニティのカウンセラーは、全員海外留学経験者です。
日々変わりゆく情勢にもアンテナを張り、定期的な現地視察、海外から学校スタッフを招いてのセミナーも随時開催しております。
現地情報に精通した留学のプロが、オセアニア、北米、欧州、フィリピンまで幅広い留学先をご案内いたしますので、安心してお問い合わせください。

カウンセラー紹介

森山 愛子

ニュージーランドでファームステイ、イギリスとカナダにてワーキングホリデー経験有り。 海外生活経験を多くの方に伝えたく、アフィニティの留学カウンセラーという道を選びました。 自身の経験と反省を活かし、学校選びから海外生活のノウハウまでしっかりとご案内していきます!


カウンセラーの自己紹介はこちらへ

この記事に関して興味をお持ちの方は、 ぜひメールまたはお電話でお気軽にお問合せ下さい。

お問い合わせ