イギリス英語?アメリカ英語?国によって文法・発音・単語など違いについて!

今日、英語はイギリス、アイルランド、アメリカ、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、そして50以上の他国の主な言語です。世界中で4億人以上が英語を母国語とし、10億人以上の人々が第二言語として英語が使われています。英語といっても、イギリス英語、アメリカ英語、カナダ英語、オーストラリア英語などありますが、どんな違いがあるのでしょうか?今回はイギリス英語、アメリカ英語、カナダ英語、オーストラリア英語をピックアップし、お伝えしたいと思います。「へー!知らなかったー!」ということがあるかもしれません!

世界的にイギリス英語を公用語としていますが、一部フィリピンなどはアメリカ英語を公用語としています。日本では学校教育でアメリカ英語が使われることを含め、主にアメリカ英語が使われています。カナダではイギリスとアメリカの両方の英語が使われ、ヨーロッパではイギリス英語が使われています。

イギリス英語とアメリカ英語の違いとは?

発音

「r」の発音についてですが、アメリカ英語では母音のあとの「r」を発音します(=rohtic)が、イギリス英語は「r」を発音しません(=non-rhotic)。また、イギリス英語では「letter」などの母音に挟まれた「t」は、はっきりと「t」を発音します。

単語

同じ意味でもイギリス英語とアメリカ英語で使われる単語が違います。例えば、「消しゴム」は、イギリス英語「rubber」で、アメリカ英語「eraser」が使われます。また「サッカー」は、イギリス英語「football」でアメリカ英語は「soccer」になります。そのほかにもたくさんあります。

イギリス英語 アメリカ英語
trainers sneakers
jumper pullover sweater
waistcoat vest
chips french fries
biscuit cookie
flat apartment
ground floor first floor
first floor second floor
mobile phone cell phone
mummy mommy
lift elevator
autumn fall

スペル

同じ意味でもスペルが違う単語があります。見直してみると意外とイギリス英語とアメリカ英語の混ぜて単語を使っているかもしれません。

イギリス英語 アメリカ英語
colour color
grey gray
neighbour neighbor
behaviour behavior
pyjamas pajamas
programme program
traveller traveler

 

カナダ英語とは?

カナダ英語はイギリス英語とアメリカ英語が混ざっています。カナダ英語の単語やスペルはイギリス英語に近いですが、発音はアメリカ英語に近いです。しかし、単語によって違いがあります。

スペルの違い

スペルはイギリス英語に近いですが、一部アメリカ英語と同じスペルがあります。例えば、「~re」や「~our」で終わる単語は、カナダ英語でも使われています。アメリカ英語では、「~er」や「~or」です。しかし、カナダ英語もアメリカ英語の「〜ize」で終わる単語は、イギリス英語の「〜ise」とせず、アメリカ英語と同じ単語が使われています。

カナダ英語 イギリス英語 アメリカ英語
centre centre center
theatre theatre theater
humour humour humor
colour colour color
favourite favourite favorite
cheque cheque check
organize organise organize
apologize apologise apologize

単語の違い

カナダ英語はアメリカ英語やイギリス英語の両方の単語が使われていますが、同じ意味の単語でもカナダ英語、アメリカ英語、イギリス英語とも違うことがありますので注意が必要です。

カナダ英語 イギリス英語 アメリカ英語
washroom lavatory/public toilet bathroom
pop fizzy soda
loonie pound dollar

オーストラリア英語とは?

オーストラリアはイギリス植民地であったことから、英語はイギリス英語が使われています。しかしながら、独立後に「オージーイングリッシュ」という独自の英語が使われるようになっています。

発音の違い

  •  aは「アイ」と発音する
    (例)「day」 アメリカ英語:デイ オーストラリア英語:ダイ
    「name」 アメリカ英語:ネイム オーストラリア英語:ナイム
  • イギリス英語と同様に「r」を発音しない(=non-rhotic)

単語や表現の違い

オーストラリア英語とアメリカ英語の単語や表現の違いあります。特にオーストラリア英語では、単語の語尾を「~ie」にしり、単語を省略したりします。

オーストラリア英語 アメリカ英語
リラックスする chill relax
たくさん heaps many
野菜 vegies vegetables
素晴らしい cool great
オーストラリア生まれの Aussie Australian
午後 arvo afternoon
お元気ですか? Good day, mate. How are you?
こんにちは G’Day Good day
ありがとう ta Thank you.
どういたしまして No worries. You’re welcome.

イギリス英語、アメリカ英語、カナダ英語、オーストラリア英語と同じ英語ではありますが、使われている単語のスペル、表現、発音に違いがありますよね。これらを踏まえ、どこの国で英語を学びたいかを考えてみてくださいね!

この記事に関して興味をお持ちの方は、 ぜひメールまたはお電話でお気軽にお問合せ下さい。

PROFILEカウンセラープロフィール

パリ、トリノ、上海、ロンドンという4都市での留学経験と4ヵ国語習得経験を生かして皆さまの留学をサポートいたします!食に対する探究心はとどまることを知りません。フランス、イタリア留学担当カウンセラー。