英語ゼロでも大丈夫?!語学留学に必要な英語力と費用

語学留学やワーキングホリデーに行く前は、
・語学学校にどのぐらいの期間通うべきか
・どのぐらいの語学力があれば学校に通えるのか
・初心者だがいきなり入校して既存のクラスについていけるのか
等の悩みが出てくるかと思います。

語学留学で一番大切な「語学学校」についてご説明していきます。

そもそも「語学留学」とは


著名人が休業し海外留学に行く、という話を耳にすることも多いかと思います。
留学と言っても滞在方法はさまざまであり、1週間から行ける短期留学や、長期間海外に滞在し現地の高校や大学を卒業する進学留学もあります。

多くの留学会社が紹介する「語学学校」は、私立の英語学校がメインであり、卒業することにより学校が発行した卒業証書を受領することができます。
しかし、大学と違い学位を取得できるわけではないので、履歴書上は「学歴」ではなく、「語学」あるいは「資格」欄に記載することとなります。
語学学校によっては、その国の資格を取得できるコースや、専門資格が取得できるコースもありますが、一般的な短期語学留学では「学歴」とみなされないことがほとんどです。

カウンセラーからのアドバイス

多くの学校で様々な体験を行うプログラムがあります。
インターンシップ経験等を行うことで修了証が発行されることもあるため、キャリアアップや将来の就職を見据えた留学をしたい方にもお勧めです!

海外企業を経験したい〈18歳からOK〉アメリカで留学+インターンシップ

お問い合わせ

語学学校に通うメリットとは?

 

では、語学学校に通う人とはどのような人でしょうか?

国内需要の低迷と、労働力人口減少化が懸念され、海外市場が活発化している今、英語力が必要なことは今更言うまでもありません。

到達目標は人それぞれですが、少なからず自分の人生に英語力が必要だと感じている人が、英語漬けの環境に身を置いて勉強する為に語学留学を行います。

〈語学学校で英語を学ぶメリット〉

・講師や外国人クラスメートと英語で話すため伸びが早い
・学校のアクティビティを利用し、放課後も英語漬けの環境に身を置ける
・自分の実力を具体的に把握できる(テストやクラスのレベル等)
・英語の文法を理論的に学ぶことができる
・自分の弱点や間違いを指摘してもらい、自分にあったアドバイスがもらえる
・試験対策コースで資格試験の勉強ができる
・学校施設を利用出来るため効率的に滞在・学習できる
・きちんとクラス分けをされているためレベルにあった勉強ができる
・幅広い分野について学ぶことができる

カウンセラーからのアドバイス

語学留学というと若い方はもちろん、社会人経験が長い方でも行うことが可能です。
仕事を辞めて留学するのは金銭面で不安・・・という方は、海外でアルバイトしながら留学できる国を選ばれることをお勧めします。

ワーホリだけじゃない!インターンシップができる国~人気国5か国の特徴・解説~

お問い合わせ

語学学校に必要な英語力とは?

 

語学学校については、英語力が無い方でもお申込み可能です。
もちろん、日本を出発してから語学学校(もしくは語学学校の宿泊先)に行くまでは一人で行くこととなる為、簡単な意思疎通能力は必要となります。

また、日本人に多いパターンとしては、インプットは得意だが、アウトプットが苦手というケースです。
小中学校から英語を学んでいるため、知識としては身についているものの、アウトプットできないことから、希望するクラスより下のクラスに振り分けられるパターンが散見されます。

上記グラフについては英語検定試験ごとのレベルについて示したものです。
英語検定試験についてはそれぞれ試験内容が異なるため、正確に比較をすることは難しいですが、上記グラフを参考に英語力を確認してみてください。

学校によってクラスのレベル数や、クラスの進捗速度が異なる為、
・自分がどこまで英語力を上げたいか
・目標を達成する為にはどのくらいの期間を要するか
等をあらかじめ確認したうえで語学学校のお申込みを行うと、効率よく英語力を身に付けることができます。

カウンセラーからのアドバイス

なお、学校のクラス数や、本人の実力によって進級スピードは変わりますが、入門クラスから初級クラスに上がるまでにかかる期間は3ヶ月程を目安としてください。

お問い合わせ

語学学校はいつから入校できる?費用は?

語学学校については、専門学校や大学のように入校日は指定されていません。

多くの語学学校が毎週月曜日に入校することができ、既存のクラスに途中から入ることになります。(月曜日が祝日の場合、入校日が火曜になることもあります)
学校の雰囲気を知る為に短期留学をしたいという方であれば、月曜日に入校し、金曜日に卒業することも可能です。

また、学期(Term)にあわせて教科書を進めていく学校や、定期的に初心者のためのコース開始日を設けている学校もある為、既存のクラスに入ることに抵抗がある方や、順を追って教科書を進めていきたい方も安心して学校選びを行うことができます。

費用については、滞在する国、都市、学校について大きく異なります。
留学費用の中でも大きな比重を占めるのは、学費と生活費となりますので、費用を抑えたい方は国選びや学校選びに工夫が必要です。
必要な部分まで費用を削ってしまうと後にトラブルにつながるケースもあるため、カウンセラーに相談の上しっかりと計画されることをお勧めしています。

一番の醍醐味は、将来の糧になる経験ができる事


語学学校に行く一番の目的は「英語を学ぶこと」です。
しかし、海外で学生を体験するということは、みんながみんな体験できることではありません。

日本語が通じる日本の学校や会社ですらコミュニケーション不足により問題が起こることがありますが、それを海外で体験することによって、自ずとコミュニケーション能力を身に付けることができます。

また、根を詰めて一人で教科書に向かっているよりも、同じ境遇の仲間と切磋琢磨を続けた方が、自然と英語を話せるようになることもあります。

語学学校に行くことで、語学学校が所有する学生寮等に安価な価格で滞在することができる為、勉強以外のことで余計なストレスを感じずに済むというメリットもあります。

アフィニティではお客様のご希望に沿った語学学校をご紹介しています。
語学学校をご検討中の方は、ぜひ下記スクールリストをご覧ください。
(リストにない学校でもお勧めできる学校もございます。お気軽にお尋ねください。)

カウンセラーからのアドバイス

私自身、語学学校に行ったとき、Pre Intermediateクラスからスタートしました。
知っている単語や文法ばかりなのに、西洋人と比べてほとんど話せないことから、いつも自虐的なことばかり口にしていました。
しかし、クラスメイトのロシア人弁護士の女の子から「ただの勉強なんて日本でできるでしょ。今は海外の語学学校でしか学べないことを学ばなきゃダメよ!」と注意され、語学学校を楽しむ大切さを知りました。
語学学校の楽しみ方は人それぞれです。
素敵な思い出を作って下さい。

この記事に関して興味をお持ちの方は、 ぜひメールまたはお電話でお気軽にお問合せ下さい。

お問い合わせ