楽しくて充実したモントリオールでの留学生活に感謝!

楽しくて充実したモントリオールでの留学生活に感謝!

お名前 N.Y. さん(21歳 )
留学先 カナダ
学校 inlingua ILSC Montreal
期間 1年間

滞在先/ホストファミリーとの思い出や感想は?

ホームステイとシェアハウス両方体験しました。

ホームステイ:ホストマザーがとても親切で快適に過ごせました。ご飯も美味しく、留学生をとても尊敬してくれる方だったので毎日楽しくお喋りしていました。シェアハウスに移った後も、BBQや夕食に頻繁に招待してもらっています。

シェアハウス:インド人とカナディアンの二人と同居していますが、二人ともとても親切でここにしてよかったと思っています。レストランやフェスティバルによく一緒にいきます。共同生活なので衛生面などたまにストレスがたまることがありますが、それが気にならないくらい楽しく過ごせています。

留学前に不安に思っていたことは?

英語力と都市の安全性。学校で友達が作れるかなども不安に感じていました。

留学して身についた力を教えてください

社交性と積極性がだいぶ身についたように感じます。英語があまり得意でなくてもまったく気にせず外国人の和に入れるようになりました。 語学に関しては、英語だけでなくフランス語の知識も増えていっているのでまさに一石二鳥といった感じです。

留学中の一番の思い出は?

たくさんありすぎて絞れませんが、しいて言うなら学校生活が一番の思い出です。 色んな国籍の方とたくさん話をしていく中で、英語の上達を実感したり様々な文化を知れたりなど学校にいる時間が一番楽しかったように感じます。

学校以外や週末の過ごし方を教えてください

友達とパブやバーで楽しんだり、バイトに行ったり勉強したりしています。夏の間は毎週と言っていいほど何かしらのフェスティバルがあるので、お金が許す限りいくらでも楽しめます。そして勉強ですが、正直フランス語に関しては毎日復習をしないと授業に追いつけないです。でも放課後友達と一緒に勉強したりするのでまったく苦ではないです。

あなたの留学にタイトルをつけるなら?

「感謝」です。 私がモントリオールで楽しく過ごせているのは、関わってくれた全ての方々のおかげだと思っています。 自分のつたない英語を頑張って理解しようとしてくれる方々や遊びに誘ってくれる友達、ホームステイ終了後も色んなイベントに誘ってくれるホストマザーや、生活に必要な知恵を教えてくれる同居人。そして高い学費を払ってくれる両親やいつも相談に乗ってくれたアフィニティの斉藤さん。 この留学で身近にいる方々の大切さを改めて再確認することができました。

アフィニティのサポート満足度は?

アフィニティを利用すると決める前にいくつかのエージェントを見て回りましたが、斉藤さん程親身になってくださる方はいなかったです! 体験談を織り交ぜて丁寧に説明してくださったのでとても説得力があり、さらにオプションの押し売りなどもなかったので安心して利用することができました。 いつも親身に対応して下さり本当にありがとうございます。アフィニティを選んで本当に良かったと思います!

これから留学をされる方に一言

正直モントリオールは予想以上にフランス語都市です。標識や鉄道の放送、接客はすべてフランス語です。 短期~中期の留学であればフランス語を勉強しなくても問題はないですが、長期留学をしたいのであればフランス語を学ぶことを視野に入れるべきだと思います。あくまでも、モントリオールの第一言語はフランス語ですので「フランス語学ぶ気はないが、日本人が少ない都市に住みたいので選んだ」という理由は、モントリオールに住むネイティブの方々への失礼に当たります。

ワーホリで滞在したい方で尚且つ接客業を希望する場合はほぼフランス語必須です。フランス語を話せないとキッチンや皿洗い、よくて日本食レストランのサーバーです。ちなみにモンリオールに日本人はたくさんいます。 恐らく他の主要都市(バンクーバー、トロント)に比べると少ない方だとは思いますが、クラスの日本人の割合は少ないときだと0人、多いときだと5~6人います。しかし、学校の6割ほどが南米人を占めるので、日本人だけのコミュニティーを作る人はほとんどいませんでした。そういった意味では積極的に動けばたくさんの外国人の友達を作ることができます。

モントリオールは日本と同じくらい安全でとても過ごしやすい都市です。フランス語環境に興味があり、日本人の少ない場所で生活したい方にとっては最適の環境だと思います