ホームステイがうまくいくコツ①

こんにちは、アフィニティ福岡オフィスの寺村です。

昨日、友達と、過去に自分達が体験したホームステイについて話をしていて、

こういうのも、今から初めて海外に行く人は知りたいかもしれないなあ。と思ったので、

これから、私のホームステイについて思い出したことをつらつらと書いていってみようかなと思っています。

ちなみに、私はこれまでにホームステイはオーストラリアがほとんどですが(ニュージーランドやイギリスでも)長期のものだけでも6軒、プラス短期のファームステイは2軒したことがあります!

子供(ホストチルドレン)がいるおうちが多かったのですが、1歳の赤ちゃんから17歳まで、

いろんなファミリーがいました。

宗教も、ステイした国が英語圏だったので主にキリスト教系が多かったのですが、

キリスト教の中でもカトリック教、イギリス正教会、モルモン教、ゆるいバプテスト&ちょっと

アジアに興味あり(若いころインド旅行)、などなど多種多様でした。

家族が異なる度に、実は夕食の前にすること(お祈りの種類)が全く違っていました(笑)。

今思い出せば、お風呂に入る時間、お湯の沸かし方、食器の洗い方...

同じ国なのに全部のお宅が全部違い、日本とも違いました。

初めてのホームステイで、しかも一軒だけしか体験しないとなると

もう、そこのお宅がすべてになるので、もしうまくいかない場合は

頭の中が「???」でいっぱいになったり、人によっては「この家ヘン!」となってしまうと

思うのですが、先程お話ししたように、移り住んでみると家庭家庭で違いますので、

文化の違い、カルチャーショックというより、そのファミリーの「個性」と

どう付き合っていくかが、ホームステイ体験を成功させるツボなのかもしれません。

「家の中でも靴を履いている」とか「洗濯は週に一回」「食器は水を溜めて洗って、すすがない」

などは、日本出発時から覚悟している違いなので、逆にあまり気にならないものの、

細かーい違い、自分のやり方と違う、というところが違和感となって、日常生活の中で

積み重なっていくこともありました。

それがなぜだか、3軒目途中から、すべてが面白いようにうまくいくようになり、

ついには、ホストファミリー間で私の取り合いをするまでに!(笑)。

それまで、英語や他のことではあまり褒められたこともなかったので、

この人気度は私にとってはかなり衝撃的な出来事でした!

次回は、その私がつかんだ「コツ」についてついて書いてみようと思います。