【保存版】2019年度アイルランド・ワーキングホリデーについて

こんにちは。アフィニティの中里です。

近年、非常に注目されているヨーロッパの英語圏、実はとっても穴場なアイルランド・ワーキングホリデービザについてご紹介いたします。

ヨーロッパの英語圏、ワーキングホリデーができる国と言うと、やはりイギリスのTier 5, Youth Mobility Scheme が有名ですよね。

滞在可能期間が無条件でなんと他国の2倍、2年間!就学及び、就労に期限が無い!と言う、他のワーホリ加盟国と比べてダントツで好条件のイギリスワーホリビザ。ただし、年間の定員が1,000名までと、他のワーホリ加盟国と比較して参加可能人数が少ない事から非常に取得する事が難しいとも言われています。ビザ申請は抽選になり、弊社のお客様だけで当選割合をみてみても、毎年7~8名の応募者に対して1人お客様が当選という割合です。約15%の当選率ですね。ヨーロッパの雰囲気が大好き!イギリスが大好き!ハリーポッターが大好き!英語が学びたい!と言う方には、とても厳しい結果ですよね。

そこで、ここ数年で一気に人気が出てきました、ヨーロッパ、英国が大好きな方にお勧めの国が、アイルランドです!

アイルランドのワーキングホリデービザ

イギリスと同じヨーロッパの英語圏にあり、滞在可能期間は1年間とイギリスの半分ではありますが、就学及び、就労に制限が無い事も注目を集めている理由です。また、イギリスベースの英語、治安が良く、とても親切でフレンドリーなアイリッシュ、首都ダブリンはロンドンよりもリーズナブル!などなど魅力が沢山あります。近年では世界中の教育団体からも注目を浴びており、沢山の学校がアイルランドに進出しています。

2019年度・アイルランド・ワーホリ募集要項(*予想)

  • 募集人数:400名
  • ビザ有効期限:1年間
  • 年齢:18歳以上30歳以下(※ビザ申請時に30歳以下であれば、渡航時は31歳でも可能)
  • 募集時期:1月中旬~、7月下旬~(年 / 2回)

募集人数が少ない

アイルランドの募集要項を見ると、え?年間でたったの400名しか申請できないの?!と驚きますよね。実際に日本のアイルランド大使に聞いてみたのですが、毎年400名を超えるワーホリビザを発券することは無いそうです。

ただ、人気がない・・・、 知名度が低い事から、2015年くらいまでは、なんと!弊社のお客様の応募者全員がアイルランド・ワーホリビザの抽選に当選していました。2016年あたりから知名度が上がり、人気が出てきたこともあり、ちらほら抽選に落選される方も出てきました。直近の2018年1月及び7月の抽選では、応募者の2人に1人、50%の確率で当選しています。

イギリスの当選確率15%と比べると、50%の当選率はまだ期待が持てます。そこで、イギリスとアイルランドの両方のワーホリビザの抽選に応募されてみるのも一つです。

実際に、担当をさせていただいたお客様のうち2名のお客様が、一度はイギリスのワーホリ抽選に外れてはしまったものの、アイルランドのワーホリに当選、アイルランドから2回目のイギリスワーホリ抽選に当選し、アイルランドで1年間のワーホリ、そのままイギリスで2年間のワーホリを実現された方がいらっしゃいます。

 

アイルランド・ワーホリビザ・セルフチェック!

  • 日本に居住していること
  • 18 歳以上 30 歳以下であること
  • 有効なパスポートと帰国用航空券、または、それが購入できる充分な資金を保持していること
  • 50 万円以上の預金があること
  • 健康かつ、犯罪歴が無いこと
  • 滞在期間をカバーする医療保険に加入すること

※2018年度の募集要項を基にしたご案内です。

アイルランド・ワーホリビザ申請の流れ

アイルランドのワーホリビザ申請タイミングは、イギリス同様、年に2回!しっかりとした情報収集が大切です!

※1、申請書の作成、提出方法、郵送方法は次の項目で詳しく解説しています。

【完全攻略】アイルランド・ワーキングホリデービザ申請方法と申請書の書き方・記入例

【完全攻略】アイルランド・ワーキングホリデービザ申請方法と申請書の書き方・記入例

アイルランドのお金事情!ワーホリに必要な予算は?

 

仕事・アルバイトの探し方

 

アイルランド都市の選び方

 

アイルランド・語学学校の選び方

 

アイルランドは学生ビザでの働ける!

 

※随時更新していきます!(2018/11/7)

この記事に関して興味をお持ちの方は、 ぜひメールまたはお電話でお気軽にお問合せ下さい。

お問い合わせ