ニュージランド高校留学体験記③

留学中で出会う日本人の友達との関わり方

留学中、高校には4人の日本人留学生がいました。日本人はかなり少ない方です。
せっかく留学しているのだから、日本人となるべく関わりを持たずにいようと考えていました

しかし、英語力の低さから授業にも全くついていくことが出来ずに既に留学をしていた日本人
と同じ授業を選択することにしました。
1カ月も生活をしていれば、相手が何を言っているのか少しずつ理解できるようになってきた
ので一人で行動し、現地の高校生と一緒にいる時間を増やしました。
現地の高校生と一緒にいる時間が増えていく中で、日本人留学生と一緒にいる時間が少なくな
りました。
留学生の会が月に2回ありましたが、参加が任意でしたので参加もしなくなりました。
そのまま、留学生との関わりは少ないままに、留学生活を終えました。

留学カウンセラーとなって思うこと

誰でも、留学をしているのだから日本人が少ない都市、学校、に行きたいという気持ちはよくわかります。
しかし、留学している時期の自分を留学カウンセラーとしてみていると偏った考え方をしていたなと感じます。
留学をしなければ、出会うことがなかった人たちには、それぞれ個性があります。
そこで、できるだけたくさんの日本人に出会い、それぞれの価値観を共有することは決してマイナスになることはありません。

※留学生活中、常に日本人と一緒にいる必要はありません。

留学生用の授業に参加し、留学生の会に積極的に参加、アクティブに行動できるのであれば他の町に行き日本人留学生と交流する。
たくさんの、人々と出会うことは将来的にあなたの財産になります。

私もそうでしたが、高校生だと正直になることができない部分があり、またグループを作りたがる習慣もありますので、留学中の方、これから留学する人で、日本人との関わり方に不安がある方は一度、留学カウンセラーに相談してください。

ニュージランド高校留学体験記②