大学生の為の、イギリス休学留学・認定留学
【まだ間に合う!2020年春、夏からの長期留学】

こんにちは。アフィニティ、イギリス担当、British Council 認定カウンセラーの中里です。
今回は大学生にとても人気の高い、イギリスの休学留学・認定留学・ワーホリ留学のご案内です

休学留学、認定留学とは?

大学生だからこそ実現出来る、留学スタイル!

休学留学、日本の大学を一年間休学して海外の語学学校や大学に留学をする留学スタイルです。 大学在籍中に留学を経験する事で、就職活動時のアピールになる点、また、大学卒業後に留学をすると、どうしても就職活動に支障をきたす事から在学中に海外留学を希望する学生さんがとても増えています。 また認定留学の場合、日本の大学の規定に沿って留学プランを作る事で、大学を休学せずに一年間の留学を実現出来る可能性もあります。一度、大学内の留学相談窓口に相談してみると良いかも知れません。もちろん、ご不明な場合にはアフィニティまでご相談をいただいても大丈夫です。

休学留学・認定留学の参加資格は?

  休学留学・認定留学は、大学生であれば基本的に参加に必要な資格はありません英語力、成績も不問です。ですが、イギリスの大学で学部聴講を希望する場合に限り、英語力、日本の大学の成績を求めらます。

メリット、デメリットは?

休学留学のメリット・デメリット

メリット:

①自分の希望に合わせて、勉強する内容、都市、学校を選べる(英語の勉強だけでなく、資格取得コースも可)

②英語力が無くても参加が可能

③帰国後の就職活動に有利

デメリット:

①卒業時期が休学したぶん延長になる

②留学費用は自己負担

③自分で留学プランを作成(ご相談下さい。)

認定留学のメリット・デメリット

メリット:

①日本の大学を4年間で卒業できる

②海外の大学で取得した単位が日本の大学で認められる

③交換留学と異なり定員がない

デメリット:

①日本の大学に許可を得る必要がある為、早め早めの計画が必須

②留学費用は自己負担。

③認定留学の場合、日本の大学によって学部聴講のみの場合でないと単位認定を認められないケースがある

休学留学・認定留学の違い

休学留学、認定留学の大きな違いは、日本の大学から認定を受けて留学をするのか、認定を受けずに留学をするかの違いです。 認定留学を希望する方は、日本の大学の交換留学制度の選考に漏れてしまった方や、既にIELTS 5.0以上の英語力がある方が多いです。且つ、海外では英語の勉強だけではなく現地の大学で授業聴講をしてみたい!と言う方が多いです。 休学留学を希望する方の場合、海外の大学には興味はあるけれども、まずは英語力をしっかりと身に付けたい!と言う方が多いです。休学留学の魅力は、自由度が高く、英語力の有無に関係なくご自身の希望をかなえる事ができる点です。ビジネス英語の勉強や、英語の検定資格取得、その他資格取得コースへの入学も可能です。

いろいろ選べる、休学留学プラン例

自由度が高い休学留学は、大学生にとても最も人気の高い留学スタイルです。 実際に、休学留学を実現された方の留学プラン例をご紹介します。

プラン例その1

イギリス現地の大学のサークル活動に参加しながら、語学学校で英語をマスター!就活でも活かせる、ずっと有効な英語資格を取得!

帰国者からの満足度が非常に高かった休学留学の一例です。 英語力がゼロの方でも参加ができて、一年後には海外での就職や日本の就活でも活かす事のできる英語資格を取得できるプランです。 ホームステイや寮滞在をしながら、平日は英語の勉強と資格対策。週末はヨーロッパ旅行。放課後はイギリスの大学で現地の学生と一緒にサークル活動に参加!(なんとサークルの数は350以上!スポーツサークルからアート系サークル、スカイダイビングからポケモンサークルまで!) 語学学校で英語を学び、サークルではイギリス人と活きた英語でコミュニケーション! 日本の企業が留学経験者に求める能力のトップ3、①主体性・積極性②コミュニケーション能力③語学力、の3つの能力が身に付いた!と帰国者から嬉しいメッセージをいただく事が多いです。

こんな人にお勧め:

①英語力に自信の無い方

②留学経験を帰国後の就職に活かしたい方

③自分を変えたい!自分に自信を持ちたい方

プラン例その2

留学の前半は大学付属の語学学校で英語の勉強、後半はイギリスの大学で授業聴講!

将来的に海外の大学・大学院への進学に興味のある方や、現地の学生と一緒に海外の大学で授業を聴講してみたい方にお勧めのプランです。 “プラン例その1”と大きく異なる点が、コース申込時に、英語力の規定や大学の成績証明書の提出が必要になる事です。英語力は一つの目安としてIELTS 5.0以上、成績に関しては学校ランク上位の学校になる程、高い成績が求められます。

大学で授業聴講、選考可能な学部例:

Accounting and Finance, Architecture and Planning, Business, Computing, Culture, Creative Arts, Economics, Education, engineering, Film and Media Studies, Geography, History, International Studies, Languages, Law, Management, Marketing, Mathematics, Music, Politics, Sciences, Tourism etc.

こんな人にお勧め:

①既に英語力は中級以上、英語を使って専門分野を学びたい方

②日本の大学に移行可能な教科単位の取得を希望する方

③将来、海外の大学院への進学を視野に入れている方

大学聴講プログラムにおすすめの大学一例:

University of East Anglia

世界の大学ランキング、上位1%にランクインするイギリスの名門大学のひとつです。

University of Exeter

留学生の満足度調査でトップに選ばれた大学です。イギリスの南西部に位置するエクスターは学生にとって活気のあるフレンドリーな町です。

プラン例その3

ワーキングホリデービザで、アルバイトで生活費を稼ぎながら、英語の勉強!

このプランは、大学の休学制度を利用して、海外で働きながら英語の勉強、海外生活を満喫する事が出来るプランです。大学生で最も利用する人が多いプランの一つで、日本国籍、18歳以上のかたであれば誰でも参加が可能です。英語圏ですと、イギリス以外にも、アイルランドニュージーランドオーストラリアカナダでのワーホリが可能です。予算は無いけど、大学在学中に世界を見てみたい!海外でアルバイト、インターンシップを経験したい!世界中に友達が欲しい!かたにも魅力的なプランですよ。

こんな人にお勧め:

①勉強だけでなく、海外で仕事をしてみたい方

②留学予算が少ない方

③世界を見たい!自分を変えたい!自分に自信を持ちたい方

お問い合わせ

休学プラン、認定留学プラン、ワーホリプランに掛かる費用は?

休学プラン、認定留学プラン、ワーキングホリデープランは、全て一人ひとり異なる、オリジナルの留学プランになります。中には数ヶ月間しか学校に通わず、アルバイトや旅をしながら一年間を過す方から、インターンシップ留学を希望する方、語学研修や専門資格取得コース、大学での授業聴講をするプランまで、本当に幅広く選択ができます。これまで、だれ一人として同じプランに参加された方がいません。手軽に申込が可能な、大手留学会社が提供する休学留学パックプランと異なり、自分の希望に合わせて不要なプランやコストがカットできるので、より効率的な無駄の無いプランを作る事も可能です。 例えば、50万円の予算で1年間を過された方から、500万円近い費用が掛かった方まで、希望やプランによって大きな差がありますよ。

大学生の為の、オリジナル休学留学プランをつくる!

実際に、休学留学、認定留学、ワーキングホリデー留学を実行するかどうは別にして、まずは自分にあった留学プランは本当にあるのか、探す作業から初めてみてはいかがですか? アフィニティでは、専門カウンセラーが、オーダーメイド休学留学プラン作成の為の、無料相談を行なっています。 自分にピッタリのオーダーメイド留学プランが見つかる方から、留学は自分に合わないと判断され、海外旅行に方向転換される方まで様々です。また、オーダーメイド留学プランが見つかると、実際に掛かる留学予算も分かるので今後の貯金プランも建てやすいと参加者から好評です。是非あたなも、お気軽にご相談下さいね。ちなみにアフィニティでは、大学生でも利用可能な学校からの奨学金枠もご案内しております。是非ご活用下さい。

無料相談について

参加費無料

内容 :あなただけのオリジナル留学プランを専門カウンセラーが一緒に作成

時間 :1時間~1時間30分

日時 :平日9:30~18:00、土曜日:10:00~15:00(※日曜祝日:休業)

場所 :東京、大阪、福岡 (※遠方の方には、お電話、LINE等でのご案内となります)

予約 :事前予約制(※相談希望者が多く、現在事前のご予約制となっております。)

カウンセラー紹介

中里 たかし

大学で建築・デザインを学ぶ。オーストラリアへの休学留学を経て、卒業後にはイギリスでの就学を経験。英語圏、仏を中心に約10年間カウンセラー業務に従事。毎年複数の国を訪問。リアルな情報を基に3000名以上のお客様にカウンセリング業務を行う。


カウンセラーの自己紹介はこちらへ