イギリスの大学留学には、IELTS for UKVI の受験が必要です!

(※以下、ブリティッシュカウンシルと日本英語検定協会より抜粋)

イギリスの大学に出願する場合、”IELTS for UKVI(イギリスビザ申請用IELTS)”の受験を求められる場合があります。学士号、修士号、博士号などの学位取得を目指して、イギリスの大学に留学し、学生ビザ(Tier 4)を申請する場合は、留学先の教育機関が指定する語学力証明書を提出する必要があります。イギリスの大学が指定する語学力証明書は、IELTS for UKVIとされています。

学生ビザ(Tier 4)でHighly Trusted Sponsor(HTS)の資格を持つ大学・大学院へ留学する場合、必ず申請の前に留学先が英国政府によってビザのスポンサーになることを認められた機関であるかどうかを確認してください。

HTSの資格を持つ大学・大学院のリストはこちら>>>

IELTS for UK Visas and Immigration(IELTS for UKVI)は、ブリティッシュ・カウンシル、IDP:IELTSオーストラリア、ケンブリッジ大学英語検定機構(Cambridge Assessment English)で構成されるIELTS SELT Consortiumが運営しています。

IELTS for UKVI Academic

対象者:英国の学士および修士学位取得のための留学、もしくは就労を目的とする方
テスト内容:リスニング、リーディング、ライティングとスピーキング

IELTS Academic試験詳細

試験時間

約2時間45分

受験料

30,600円(税込)

試験の形式

リスニング、リーディング、ライティング、スピーキングの4技能を測る試験です。ライティング、リーディング、リスニングの筆記テストは同日に実施されます。各セクションの間に休憩時間はありません。スピーキングテストはIELTSの世界的な規定により、筆記テストの前後6日以内に行われます。

試験内容

Writing(60分)
TASK 1: 150文字以上(約20分)
グラフや表、図形を分析し、自分の言葉で客観的に説明します。また、物事の過程や手順の説明を問われることもあります。

TASK 2: 250文字以上(約40分)
ある主張や問題についてエッセイを書きます。出題されるのは、大学や大学院に進学を予定している受験者もしくは就職を希望している受験者に適した一般的な題材です。

Reading (60分)
3セクション 全40問
様々なタイプの問題(選択問題、正誤問題、組み合わせ問題、見出し・主題の選択、文章・要約・メモ・表・フローチャート・図表の穴埋め、記述式問題)が出題されます。

Listening (30分)
4セクション 全40問
様々なタイプの問題(選択問題、組み合わせ問題、計画・地図・図表の分類、用紙・メモ・表・フローチャートの穴埋め、要約・文章完成、記述式問題)が出題されます。

セクション1:日常生活における2人の人物による会話(宿泊施設の予約など)
セクション2:日常生活におけるモノローグ(地域の施設に関する描写、食事の手配に関する説明など)
セクション3:教育の現場における複数(最大4名)の人物間(課題について話し合う大学の指導教官と生徒、研究計画について議論する学生など)の会話
セクション4:学術的なテーマに関するモノローグ(大学の講義など)

Speaking (11~14分)
試験官との1対1のインタビュー形式で行われ、3つのパートから構成されています。テストの内容は録音されます。

質問に答えながら、日常の話題や出来事について情報を伝え、意見を述べるコミュニケーション能力、与えられたトピックに関して適切な言葉使いと一貫性を持って、ある程度の長さのスピーチをする能力、説得力のある意見を述べ、物事を分析、議論、推測する力などが問われます。

試験会場と試験日

東京と大阪で実施されています。

▶東京会場
ブリティッシュ・カウンシル
東京都新宿区神楽坂 1-2

▶大阪会場
TKP ガーデンシティ東梅田
大阪府大阪市北区曾根崎 2 丁目 11-16

2019年度試験日のスケジュールはこちら>>>

試験申し込み

◆オンライン受験申込サイトはこちら>>>
◆オンライン受験申込サイト操作方法はこちら>>>

ステップ1:テストの種類を選んでください。
ステップ2::受験地と日程をドロップダウンリストより選択し、Nextをクリックし、次へ進んでください。
ステップ3::選択した受験地の全ての試験日の空席情報を確認できます。Applyをクリックすると希望するテストを選択できます。
ステップ4::IELTS申し込み用の個人アカウントを作成します。必要事項を入力し、受験規約を一読の上、アカウント登録をしてください。チェックボックスを選択し、次へお進みください。
ステップ5:ログインをして、テストのお申し込みを行ってください。
ステップ6:ここでは、試験の詳細を確認することが出来ます。Book Testをクリックし、次へ進んでください。ほかのテスト日程にしたい場合、Select another testをクリックして、別の試験をお選び下さい。
ステップ7~9:アカウント登録情報を確認することが出来ます。Continueをクリックし、その他必要な情報を入力してください。
ステップ10:必ずIELTS受験規約(IELTS terms and Conditions)を一読し、内容をご承諾いただいたうえで次にお進みください。
ステップ11:試験料の支払い方法をお選び下さい。
ステップ12:以上の要領で登録を完了されますと、テスト日と支払情報確認が書かれた自動送信メールがお手元に届きます。

IELTS™スコア

テスト結果は1.0から9.0のバンドスコアで示されます。合格、不合格はありません。リスニング、リーディング、ライティング、スピーキングの各パートの英語力がバンドスコアで示される他に、総合評価としてオーバーオール・バンド・スコアが与えられます。

IELTS for UKVIテストレポート

成績証明書(Test Report Form)は、IELTS for UKVIの場合は筆記試験日から13日目に郵送されます。なお、発行日が祝日の場合、成績証明書の発行ならびに郵送は翌営業日になります。

IELTSとIELTS for UKVIの違いとは?

IELTS (Academic/General Training)と IELTS for UKVI (Academic/General Training)のテストの内容や形式、難易度、採点方法は全て同じです。IELTS for UKVIの成績証明書には、英国内務省が認可したテストセンターで受験したことが記載されていることが相違点です。

TOEFL iBT®テストについて

海外大学では、IELST™の他にTOEFL iBT®も認めています。ただし、イギリスの大学は使用できません。

英検について

アメリカの大学で「英検」が使えるって知っていますか?
近年、高校で英検を受験する機会が増えてきています。資格や日本の大学受験の目的だけでなく、アメリカの大学の出願にも使えます。詳しくは以下よりご確認ください。

海外の大学院に入学するにはTOEFL®やIELTS™などの英語資格の他にどんな試験がある?

この記事に関して興味をお持ちの方は、 ぜひメールまたはお電話でお気軽にお問合せ下さい。

お問い合わせ