「コロナ後」の動きを先取り! 英語プラスアルファ留学で世界で通用する人材になろう(理系編)その1

みなさん、こんにちは。
留学のアフィニティの寺村です。

中学、高校生のみなさんの中には、将来、日本をベースに国際的に活躍したい、海外で働きたい、と夢や目標を持って、英語の勉強に励んでいらっしゃる方も多いと思います。

でも、英語ができればそれで解決なの?

英語力がアップすればするほど、そんな疑問も浮かんできているかと思います。
そうです、その予感は正しいです。
時代は、英語だけではなく、英語プラス何か、の時代に移りつつあります。

そこで今回は、すでに世界に向けて動き始めた中高生のみなさんにお勧めの、ジュニア向けSTEM(ステム)プログラムをご紹介いたします。

すでに英語力を身に着けている方はもちろん、こんなコースに入るために今から英語を勉強するんだというモチベーションを持った方にも、ジュニア留学の世界でどんな動きが起こりつつあるか、確認して頂きたいと思います。


ここ数年、海外の学校関係者と話をすると、STEMという言葉をよく耳にするようになりました。
STEMとは、Science, Technology, Engineering and Mathematicsの頭文字を取った略称で、ジュニア向けのプログラムの場合、英語で科学、科学技術・工学技術、工学、数学を世界中から集まった同世代の生徒と一緒に学ぶ、国際感覚や英語力も一緒に学べるプログラムのことです。

STEMに焦点をあてたプログラムは、カレッジや大学でも盛んですが、ジュニア向けのプログラムは、夏休みを利用して、2週間前後の短期留学、寮やホームステイ生活を通じて、現地での生活も体験できる内容となり、参加しやすいスケジュールです。
各国から集まった、レベルの高い生徒さん達と切磋琢磨しながら、海外に友達も出来き、貴重な体験ができます。

そんなSTEMを取り入れたジュニアプログラムの中でも特にお勧めのコースをご紹介していきます。今回は、夏休みを利用した、短期プログラムを中心にまとめてみました。

1. アメリカ ハーバード大学STEMキャンプ

FLS International の STEM キャンプはボストンの中心エリアにあるハーバード大学で開催されます。世界中から生徒が参加するので、多国籍の生徒とボストン市内観光のアクティビティを通して交流しながら、国際感覚を身に付ける事が可能です。

ホスト大学施設情報

無料 Wi-Fi あり
カフェテリア
スチューデントラウンジ
洗濯室(25 セントコインのみ)

基本情報

開催地: ボストン市
利用施設: ハーバード大学
宿泊施設: サフォーク大学 学生寮
参加年齢: 12 歳以上
プログラム期間: 2 週間のみ

プログラムに含まれているもの

週 15 時間(=18 レッスン)の授業
教科書代金
往復の空港送迎
アクティビティ費用、アクティビティにかかる費用、送迎費
学生寮の滞在料金
カフェテリアでの朝昼夜 3 食

*以下は含まれていません
週末のテーマパークアクティビティ時の食事
(昼、夜)
オプショナルトリップの料金

授業が行われる施設:ハーバード大学
ハーバード大学は創立380年以上の歴史を持つ世界随一の名門大学です。過去には多くのアメリカ大統領や国連総長、有名会社の社長を輩出しているアメリカのみならず、世界トップレベルの大学です。

滞在施設(学生寮):サフォーク大学
サフォーク大学はボストンの中心地に位置しているため、どこに行くにも絶好のロケーションです。施設は非常に新しく、学生寮も非常に綺麗になっています。授業の行われるハーバード大学までは電車で約15分の位置にあるため、通学にも不便がありません

滞在都市:マサチューセッツ州ボストン市
ボストンは MIT や Harvard, Tufts などのエリート大学が多くあり、アメリカ国内でも教育、学術の研究の中心地として知られています。また、ボストンはアメリカ独立時の歴史を色濃く残しているため、文化や歴史の見所も非常に多くあります。交通の便も非常に優れているため、移動時の心配が不要なところも魅力の一つです。

滞在施設:サフォーク大学
一日のサンプルスケジュール
7:45-8:30 朝食
8:30-8:55 ハーバード大学へ移動
9:00-12:00 授業
12:00-1:00 ランチ休憩
1:00-5:30 アクティビティ
5:30-6:30 夕食
7:00-9:45 イブニングアクティビティ

午前:
STEM 学習 週 15 時間(=18 レッスン) 通常の FLS のキャンプとは異なり、STEM キャンプでは英語レッスンの代わりに STEM 学習(Science, Technology, Engineering, Mathematics)が行われます。VEX というロボット工学に特化したカリキュラムを採用し、最先端の技術を世界最高峰レベル の大学のキャンパス内で学ぶこととなります。必要とされる英語力として TOEFL や TOEIC の点数は特に定められていませ んが、英語を使ってグループごとに活動をするため、グループメンバーとコミュニケーションを取ることの出来るレベル の英語力が最低限必要となります。

午後:
アクティビティ 午後から行われるアクティビティではフリーダムトレイルやボストン旧市役所等、ボストン市内の観光地をまわります。 アクティビティを通し、ボストンの歴史を学ぶことができます。週末にニューヨークへの旅行も企画されています(週末 のアクティビティは別料金となります)。また、学生寮で行われるプログラムには夕食後にも映画鑑賞やボードゲーム、 近場の散策などのアクティビティが用意されています

学生寮:本キャンプの生徒はサフォーク大学の学生寮に滞在することとなります。基本的には 2-4 人部屋となっており、ルームメ イトは基本的には他の国から来ている生徒となります。*国籍比率によっては他国籍の生徒とペアにすることが出来ない場合もございます。

❖ 食事 平日は朝、昼、夜の三食、休日は朝食と夕食の二食となっています。平日の昼食はハーバード大学のすぐ近くにあるハー バードスクエアやサフォーク大学に戻って取ることとなります。

❖ 通学 サフォーク大学からハーバード大学までは電車で約 15 分の距離にありますので、通学も非常に簡単です。また、通学時に は FLS のスタッフが引率をするため、迷子になる心配もありません。

毎年、夏休み期間に開催される2週間のプログラムです。

カウンセラーからのアドバイス

 ”英語をコミュニケーションツールとして使う” 理系の方待望のサマーキャンプです。   同じ目的に向かって協力しながら取り組めば、国を超えての友情や将来にわたっての交流も生まれますよ!迷っている方がいたら、ぜひ参加を目指して欲しいです!
2021年、STEMキャンプに参加したい方が今から準備できることは?
下記のお問合せボタンより、お気軽にご相談ください。

カウンセラー紹介

寺村 さつき

海外経験11年。ニュージーランドの永住権も所有する福岡オフィスカウンセラー。親切で丁寧なカウンセリングと、英語圏のプログラムに関する情報の豊富さには定評があります。皆様の心のオアシス的存在なカウンセラーです。


カウンセラーの自己紹介はこちらへ

この記事に関して興味をお持ちの方は、 ぜひメールまたはお電話でお気軽にお問合せ下さい。

お問い合わせ