アメリカ大学進学 ◆英語力編◆「留学生・社会人におすすめ!!」

アメリカの大学進学・留学に興味はあるけれど、アメリカ留学のために、一体どれだけの英語力が必要なのか、考えてみたいと思います。

日本では「日本の大学は入るのは難しいけど、出るのは簡単」「アメリカの大学は入るのは簡単だけど、出るのは難しい」と言われていますよね。

日本の大学とアメリカの大学の違いって何でしょうか。

大きな違いとして、日本の大学はゼミ形式の授業などの一部除いて「受け身の授業」ですが、アメリカの大学は「参加型の授業」です。そのため、授業に参加できるようにその授業内容を予め把握しておく必要があります。と聞くとアメリカの大学は“大変”と思いがちですが、普段の勉強、つまり「予習と復習」をしていれば、授業に参加することができ、それほど難しいことではありません。ただ、英語を母国語としない場合は、英語がわからなければ教授が言っていることがわかりません。

そのため、英語を母国語としない場合、アメリカの大学に進学するには英語力が求められます。アメリカの大学では、TOEFL iBT®IELTS™英検®などの英語試験の基準が設けられています。

【表-1】アメリカの大学の英語試験の入学基準(目安)

4年制大学2年制大学
TOEFL iBT®61~8145~61
IELTS™5.0~6.04.0~5.0
英検®英検準1~1級英検2~準1級

アメリカの2年制大学(コミュニティカレッジ)では、英検2級で進学できる大学もあります。ご自身が受験しやすい英語試験でスコアを取得し、アメリカの大学へ進学することができます。また、4年制大学にしたいけど、英語力が不安な方は【表-1】にもあるように4年制大学より2年制大学(コミュニティカレッジ)は英語試験の入学基準が低いので、2年制大学(コミュニティカレッジ)から進学し、4年制大学(大学の3年次)へ編入することをおすすめします。

「英語をうまく話せない」や「聞くのが不得意」、「英語で文章を書くのが苦手」といったことがあると思います。もちろん、英語試験の入学基準に満たしていたとしてもアメリカの大学の授業についていける英語力があるかどうかはわかりません。

英語力だけでなく、何が必要でしょうか。

アメリカの大学では以下のようになスタディスキルが必要と言われています。

●ノートテイキング
授業中に教授が言っていることをノートに取ります。特に教授は板書することが少なく、ほとんど口頭で説明しています。予習なしで授業に行くと教授が何を言っているのかわからず、ノートに取ることが容易ではありません。

●リーディング
1回の授業でテキストの約30ページ*進みます。そのため、次回の授業で行われるページ分を読むことも予習のひとつです。知らない語彙もたくさんあるので事前に調べておくことも大切です。また、リサーチペーパーを纏める際も参考文献をたくさん読むことになります。  *ページ数は大学や教授によって異なります。

●ライティング
アメリカの大学ではエッセイやリサーチペーパーの課題があります。特にリサーチペーパーは教科ごとに課せられることがあり、テーマ(トピックス)に基づいて調べ、自分なりに10枚以上纏めることになります。

●ディスカッションやプレゼンテーション
授業では教授と学生や学生同士のディスカッションがあります。予習なしでは自分の意見が言えず、ディスカッションに参加できないことになります。教科によってはリサーチペーパーで纏めた内容でプレゼンテーションを行うこともあります。

●グループワーク&ペアワーク
3~4人のグループや2人でペアを組み、プロジェクトを行ったり、ディカッションを行ったりすることがあります。そのため、クラスメイトと協力しながらプロジェクトを進めなければなりません。

スタディスキルは大学の授業のためと思いがちですが、社会人になってからも使うスキルです。アメリカの大学では英語力だけでなく、社会で役立つスキルも身につけられます。アメリカの大学のESL(英語を母語としない留学生が英語力を補強するための英語クラス)で英語(リーディング、ライティング、スピーキング、リスニングの4技能)を学びながら、スタディスキルを身につけることができます。

英語試験の入学基準に満たない場合は、アメリカの大学のESLを受講することができます。もちろん、「入学基準に満たしていけど、大学の授業を受講する前にスタディスキルを身につけたい」という方もESLを受講することも可能です。

ここからは下記より⬇︎⬇︎アメリカの大学留学必要なスキルなどを紹介したいと思います!!

アメリカ大学留学でのTOEFLの重要性

アメリカの大学に留学するためには、TOEFL®テスト(英語を母語としない学生の英語力を測るテスト)のスコアを志望する大学に提出することになります。

そのため、TOEFL®テストを、あたかも「アメリカの大学の入試」だと思い込んでいる受験生も少なくありません。

でも実際は、コミュニティ・カレッジ(二年制の公立大学)を除いて、ほとんどのアメリカの大学は、TOEFL®テストのスコアだけで合否を決めることはしません。「TOEFL®テスト=入試」ではないのです。

アメリカ大学留学の入学審査基準とは?

アメリカの大学は、日本の大学のような一斉入試で合否を決めるございません。

  • 高校の成績
  • エッセー(作文)
  • 推薦状
  • 課外活動の内容
  • 面接
  • テストスコア

さまざまな観点から出願者を評価して合否を決めます。これは、アメリカ人であっても留学生であっても同じです。

TOEFL®テストのスコア基準ではなく、それ以外に魅力がないと合格はしませんし、反対にTOEFL®スコアが足りなくても、ほかにキラリと光る「一芸」「個性」があれば、入学が許可されることもめずらしくありません。しかも奨学金も狙えます

アフィニティでは、世界中の学校から返済不要の奨学金枠、キャンペーン枠をいただいています。下記リストに無い学校でも、気になる学校が既にお決まりのお客様は、【備考】欄に[学校名]、[期間]、[渡航予定時期] をご記入の上、お気軽にお問合せ下さい。奨学金・キャンペーン価格のご案内をさせていただきます。
https://www.affinity-japan.com/campaign-university/

TOEFL®スコアが低くてもアメリカ大学受験を諦めるてはいけません!!

日本人がアメリカの大学に留学するためには、なんらかの英語力テストのスコアを提出しなくてはなりません「最近ではIELTSも含まれます!!」。その1つがTOEFL®テストです。最近はIELTS™というテストのスコアを受け入れるアメリカの大学も増えていますし、これら以外のテストを認めてくれることもあります。

逆にハーバード大学などは、留学生にTOEFL®スコアの提出を求めていません。このくらいのレベルになると英語はあくまでも「ツール」として、できて当たり前、と考えられるからです。

いずれにしても、アメリカの大学に留学するからといって英語にあまりとらわれないことが大切です。アメリカの大学が合否を決める際に重視するのは、英語力よりも学力です。

アメリカ大学留学をめざす人は、まずはいま通っている学校の成績をよくすることをこころがけましょう。TOEFL®スコアに一喜一憂するよりも、そのほうがよほど重要です。

英語を身につけるために語学学校と大学のESL、どちらが良いか?

現地で英語の授業を受けた方が良いのであれば、それを語学学校で受けるのか、大学のESLで受けるのかを少し比較してみました!!

1.大学のESLは成績が付く

大学のESLは、大学の授業ですから当然のことながら成績が付けられます。そして、クラスによってはその成績は大学のGPA(大学で取得する単位の総合の平均成績)や4年制大学に編入する際に使われるGPAとしてカウントされます。

つまり、ESLとは言えどただ単純な英語の勉強として捉えることはできず、良い成績を取ることが求められます。

英語の授業が学びの機会としてだけではなく、評価の対象になります!!

2.大学のESLは1クラス当たりの人数が多い

語学学校の場合は1クラス10~15人であることが多いのに対し、大学のESLのクラスは30~40人くらいになることもあります。先生はどちらも1人ですから、大学のESLの方がどうしても先生の注意は届かなくなってしまいます。

生徒数が多いと間違えた時に間違いを指摘してもらいにくいので、その点は不利だと思います。
ただ、大学を味わえるプラスもあります!!

大学のESLはリーディングとライティング中心です

大学のESLはリーディングとライティングが重視されます。どちらも大学でうまくやっていくには必須のスキルです。
ただリスニングやスピーキングが軽視されるべきではありません。特に日本人はスピーキングが苦手な方が多いですから、そこは念入りに考えた方がいいかもしれません!!

大学入学前は語学留学をおすすめします!!

弊社のおすすめ語学学校3校になります

Kings Education Los Angeles校

Kings Educationでは1人1人のニーズをしっかりくみ上げてくれ、目標設定や進捗確認のカウンセリングも徹底しています。
アメリカにはNew York、Boston、Los Angelesの3キャンパスを持ち、Los Angeles校はあのハリウッドの中心地にあります。

【アメリカ学校情報】Kings Education Los Angeles校

Embassy English New York校

アメリカにはNew York、San Diego、San Franciscoの3キャンパスを持ち、New York校はTimes Squareに近い小規模でアットホームな学校です。

周りにはファッションの学校もあるので、おしゃれな人が多く行き交う環境はまさに憧れのニューヨーク!ですね。

【アメリカ学校情報】Embassy English New York校

【アメリカ学校情報】Kaplan Boston Harvard Square校

Kaplanは、世界30ヶ国に展開する老舗の語学学校で、アメリカには西海岸から東海岸まで18キャンパスあります。
Boston市内には2キャンパスあり、Harvard Square校は、ハーバード大学まで徒歩3分という立地です。

【アメリカ学校情報】Kaplan Boston Harvard Square校

 

詳しいアメリカ大学進学つきましては下記より

アメリカ大学進学

この記事に関して興味をお持ちの方は、 ぜひメールまたはお電話でお気軽にお問合せ下さい。

お問い合わせ