【アメリカ大学進学】ホームステイと学生寮について

アメリカの大学の滞在方法として「ホームステイ」と「学生寮」があります。アメリカの2年制大学であるコミュニティカレッジは学生寮がないケースが多くあり、その場合はホームステイ滞在になります。4年制大学は学生寮滞在です。

ホームステイについて

アメリカの大学近くの家庭に滞在し、文化や生活を体験できることがホームステイです。ホストファミリーと英語でコミュニケーションを取るので、会話力を伸ばすことができます。

最近のホームステイ事情は数年前から変わってきています。以前はアメリカ人のファミリーが一般的でしたが、アメリカに移民した方やお子さんが独立し部屋が空いているからということでホームステイをしているところもあります。現在のホームステイは部屋を借りて生活するというイメージに近いかもしれません。

ホームステイを選択するなら、ホストファミリーとコミュニケーションを必ず取ってほしいです。ホストファミリーとのトラブルが発生する原因の一番は、「ホストファミリーとのコミュニケーション不足」です。「詳しく言わなくても相手は理解してくれているだろう」と日本にいるときと同じようにしていると、トラブルが発生します。文化や習慣の違いがあるので、アメリカで生活するなら「はっきりと伝える・答える」ことが大切です。ホームステイ学生寮と同様に他人との共同生活ですので、わがままや勝手なことはできません。ときには人に合わせることも必要なのかもしれません。それを踏まえておけば、ホームステイでの生活は楽しむことができます!第2の家族となると、アメリカの大学卒業後に会いに行ったりできますよ!

ホームステイは1人部屋と2人部屋を選択できる場合がありますが、1人部屋をお勧めします。2人部屋は、ルームメイトに合わす必要もあり、さらにホストファミリーとの共同生活のため、負担になるかもしれません。費用を抑えたい方は2人部屋が良いかもしれませんね。

食事は、日本のような食事ではありません。お米とお味噌汁が食べたいと思っても出てきません。ホームステイファミリーが移民の方であれば、その国のお料理がでてきて、美味しい場合もあります。場合によっては、電子レンジでの冷凍ものやお肉ばかりということもあります。

洗濯は基本的に自分で行います。アメリカの場合は毎日選択するのではなく、週1回が目安です。また外に干すという週間がないため、乾燥機にかけます。

学生寮について

学生寮は学生同士で生活するので気軽です。そして同世代の学生や他国の留学生と交流を深める機会がたくさんあります。また、学生寮は大学のキャンパス内にあることがほとんどですので、通学するが便利です。学生寮であれば、キャンパス内にある図書館やジムなどの施設を帰宅する時間を気にせず利用できます。特に図書館はテスト前になると夜遅くまで開いているところもあるので、集中して勉強できます。学生寮に帰れば、学生同士の付き合いも楽しいですよね。学生寮もホームステイと同様に同世代の学生や他国の留学生との生活になるため、コミュニケーションは欠かせないこと」「はっきりと伝える・答えること」が大切です。

学生寮は大学によって異なりますが、男子寮、女子寮のように建物で分かれているところ、同じ建物の中でフロアごとに男女に分かれています。部屋の種類は1~4人部屋です。部屋にはベッドと机、ドレッサーなどの家具がありますが、タオルやシーツ類は各自で用意します。バスルームはフロアごとに共同で利用するコリドータイプか3~4部屋で共同するスイートタイプがあります。

食事はキャンパス内にあるカフェテリアで朝・昼・夕食を食べるこができます。ハンバーガー、ホットドッグ、ピザなどのアメリカの定番の料理から多国籍の料理が日替わりで提供されます。あとはサラダバーやドリンクバーがあり、好きなだけ食べることができます。アメリカの食事の量が多いので、食べ過ぎには要注意ですね!

詳しいアメリカ大学進学つきましては下記より

アメリカ大学進学

この記事に関して興味をお持ちの方は、 ぜひメールまたはお電話でお気軽にお問合せ下さい。

お問い合わせ