アイルランド・ワーキングホリデーはなぜ今、人気急上昇?!

今、アイルランド・ワーキングホリデーが人気急上昇ってご存知ですか?

ヨーロッパ、英語圏のワーキングホリデーと言うと、イギリスのYouth Mobility Scheme、通称ワーキングホリデーが有名ですよね。

年間の渡航者数、定員が1000名滞在可能期間が2年間就学及び、就労に制限が無い事もあり、他のワーホリ加盟国と比べてとても人気が高いです。実際、ワーホリ加盟国の中でも唯一抽選でビザ申請の申請権が選ばれます。今年のイギリス・ワーホリ希望のお客様に関しては、申請希望者10人中1名程度の当選率でした。本当に神頼みです。

そこで、近年非常に注目されているワーホリ加盟国が、今回ご紹介をしますアイルランドです。イギリスと同じヨーロッパの英語圏にあり、滞在可能期間は1年間とイギリスの半分ではありますが、就学及び、就労に制限が無い事も注目を集めている理由です。また、アイルランド人はとても親切でフレンドリーと言われる事も魅力の1つです。

イギリスと非常に雰囲気が似ている事もあり、もともとイギリスでのワーホリを希望していた人にとっては第二の選択肢として人気です。その事もあり、過去これまで年間の定員数が400名と少ないにも関わらず定員割れしたことがないアイルランドのワーホリビザですが、今後イギリス同様にワーキングホリデービザを取得する事が難しくなってくる事が予想されます。しかも、申請のチャンスは年に2回だけ!しっかりとした情報収集を行い、間に合わなかった!知らなかった!やっておけば良かった!とならないよう計画的に準備を進めてくださいね。