YMS抽選〈2020年7月〉まで待てない!だからフランスワーホリに行く!!

毎年大人気のイギリスYMS(通称:ワーキングホリデー)抽選。
2020年2月に1月抽選分の当選者が発表されましたが、残念ながら落選してしまった方は、今後どうするかを真剣に考え始める時期ではないでしょうか。
私自身も2年かけてYMSに当選しているので、落選した方の気持ちは痛いほどわかります。

落選された方は、

  • 2020年7月以降のYMSに引き続き挑戦する
  • 学生ビザに切り替えて渡英する(就労はできません)
  • 思い切って他国ワーキングホリデ―に切り替える

という選択肢があるかと思います。

ビザ申請の規定である年齢の点で余裕があるかたは、引き続き2020年7月以降の抽選に応募されるといいかと思います。
しかし、30歳目前の方2020年9月辺りでの出国を計画していた方(仕事を辞める・家賃の契約がちょうど満期になる等)は、「2020年7月の抽選まで待てない!」という状況ではないでしょうか?

①学生ビザで行こう!お勧めのイギリス格安学校

私もそうでしたが、イギリスが第一希望である方は、やはりイギリスを諦められないものです。
「物価が高い」「雨が多い」「ご飯がおいしくない」
そんな言葉も気にならないし、なんならそんな英国だからこそ愛おしい!と思っている方も少なくないはず・・・
しかし他国より生活費がかかってしまうイギリスに、アルバイトができない状態で留学するというのは、かなりためらってしまいます。

そんなお金がかかるイメージのイギリスですが、実は意外と安く行ける語学学校もございます。
どうしてもイギリスが諦められない方は、以下の記事を参考にご覧ください。

イギリス・格安語学留学まとめ「費用を抑えてロンドン生活!」

格安学校は選び方に注意が必要です。失敗しない格安校の選び方は、ぜひカウンセラーにお問い合わせください!

無料相談はこちらより

②海外で働きたい・・・他国ワーホリに切り替える際のポイント

「イギリスは捨てがたい・・・でもやはり働くことができないと資金面が不安である・・・」という方は、思い切って他国を検討することをお勧めします。
同じ英語圏であれば、カナダオーストラリアニュージーランドアイルランドもありますし、ヨーロッパが好きという事であればフランスドイツスペインという手もあります!

カウンセラーからのアドバイス

多くの国が申請時に30歳以下であることを要件にしているので、 31歳のお誕生日までに申請が可能です。
〈現規定〉
イギリス:ビザセンターに来館時に31歳になっていないこと
カナダ:ビザセンターに来館時に31歳になっていないこと
オーストラリア:オンライン申請時に 31歳になっていないこと
ドイツ:大使館(領事館)来館時に31歳になっていないこと
アイルランド:申請書受理時点で31歳になっていないこと
フランス: 大使館来館時に30歳になっていないこと
*2020年2月現在の規定の元ご案内しています。
*国によっては事前通告無しに条件が変更されることがあります。
*移民局が規定を変えた場合は新しい規定に準じますので、最新の情報は各国の移民局のWebサイトにてご確認ください。

2020年ワーキングホリデーにお勧めの7ヶ国徹底比較!

以前はフランスも31歳まで申請ができていましたが、予告なしに突如規定が変わってしまいました。最新の情報を確認しながら正確に申請したい場合は、ぜひご相談ください。

無料相談はこちらより

③なぜイギリスの代わりにフランス?

上記②では、他国ワーキングホリデーに切り替えることをお勧めしました。
どこの国も魅力的でお勧めですが、イギリスで働く(ヨーロッパで生活する)ことをメインに考えていた方には、

フランス(France)

をお勧めいたします。

フランスワーホリのいい所

  • ビザが取りやすく気軽に行ける
  • パリであれば比較的英語も通じる(生活しやすい)
  • リーズナブルかつ効率的にフランス語を習得できる
  • 意外と日本人の求人がある(特にパリ)
  • 労働基準法が厳しいため日本よりゆったりと働くことができる
  • 多様性のある余暇の愉しみ方

イギリスを当初計画していた人の中には、ヨーロッパ就労経験を得たかったという方が多いのではないでしょうか?
フランスで働く場合、もちろんフランス語の習得が必要にはなりますが、パリの飲食店を中心に日本人の求人が多いことから、就労のチャンスが多い国の一つといえます(企業での仕事の場合は、職歴や高い言語力が求められることにご注意ください)

また、フランスは労働基準法が厳しく、週35時間労働となっているため、日本に比べてのんびり働けるのも特徴的です。
日本での働き方につかれた方は、一度フランスで自分を取り戻してみてはいかがでしょうか?

イギリスワーキングホリデーに行きたい方の多くは、歴史あるヨーロッパの街並みや、可愛らしい中世の景色に憧れている方も多いかと思います。
フランスではイギリスとは雰囲気の違う、華麗で荘厳な建造物や、見ごたえのある圧巻の風景に出会うことができます!華美荘厳と形容されるのが納得できる環境に住むことができるでしょう。

ビザの申請についても抽選制ではない為、ご自身のタイミングで行って頂くことができます。
自分のスケジュールに合わせて計画できるのも嬉しいですね。

ワーホリビザでモンペリエとパリに滞在

👆
上記体験談のNさんは、フランスワーキングホリデ―で2都市滞在を実現されました。
アクセサリー作りをされるアーティストさんです✨フランスで磨かれた感性はNさんの作風にも表れています。
Instagramhttps://www.instagram.com/7hoshitento/
Instagram(作品):https://www.instagram.com/_.7etoiles._/

フランスは学費がリーズナブル、パリだと英語も通じるという事で多くのお問い合わせを頂いております。あくまでも非英語圏ですから、安易に渡航すると失敗することも・・・!正しい情報を収集し、事前準備をきちんと行いましょう。

無料相談はこちらより

④【裏技】学生ビザでバイトができる国へ留学

「年齢的にワーホリに行けない・・・でも働きたい・・・」
憧れていた海外での就労経験をあきらめなければならない状況にある方もいらっしゃるかと思います。しかしがっかりする必要はありません。

イギリスでは、就労ビザを手に入れない限り働くことはできませんが、実は近隣国であるフランスアイルランドでは学生ビザで滞在することでアルバイトができます!
他にも、ニュージーランドオーストラリアも同じく学生ビザでアルバイトが可能です。

学生ビザでアルバイトのメリット
・学費が安い学校を選べば、費用を抑えられる
・事前の英語力証明が不要 (IELTS受験など)
・英語力が上がり、仕事に生かせる
・現地での延長が可能な場合が多い
学生ビザでアルバイトのデメリット
・最低就学期間が決まっている (週〇時間以上のコースを〇週間以上を申し込むこと~等)
・通学期間と同期間のみ、就労、滞在が認められている (学費を払い続ける必要がある)
・週20時間まで(ホリデー期間は終日)という、就労時間に対する制限がある

各国によって必要な最低就学期間は異なりますので、ご興味のあります方は遠慮なくお尋ねください!

この記事に関して興味をお持ちの方は、 ぜひメールまたはお電話でお気軽にお問合せ下さい。

留学コンサルティングを依頼