立教大学 「Career and University Education in the Global World」のオンライン講義

立教大学 「Career and University Education in the Global World」のオンライン講義
テーマ「イギリス、アメリカの大学院の教育制度を知り、将来のグローバルキャリアを考える」

立教大学のMAZEN先生とのご縁で、「Career and University Education in the Global World」の講義にオンライン登壇しました。
テーマは「イギリス、アメリカの大学院の教育制度を知り、将来のグローバルキャリアを考える」という内容で、「100分×3コマ」のAll in Englishの授業に関わらせて頂きました。
Part1:では、これからのグローバルキャリアを考える上で、社会の変化と現在の世界情勢からこれからの時代に求められる人材像についてグローバル・キャリアコンサルタントの平田よりお話させて頂きました。

 

Part2:では、イギリスの大学院、アメリカの大学院の教育制度から、どの様な勉強が海外での大学院で出来るのか、進学に必要なIELTSやTOEFLの英語テストについて、大学院卒業後に取得ができる現地就労が可能なビザの仕組みについてなど、グローバルキャリアを皆さんに考えて頂く上で幅広い選択肢を持って頂ければという事で、海外進学アドバイザーの藤村よりお話させて頂きました。

Part3:では、アメリカの地で実業家として長年ご活躍されながら、コロナ禍でもアメリカの大学院で研鑽を積まれていらっしゃる実践者として一般社団法人グローバルエリート育成機構の山内理事長にスペシャルゲストとしてご登壇頂きました。
Zoom越しではありましたが、世界で日本人として活躍する人の気概、気迫、内面から湧き上がるアイデンティティなど、山内理事長のお話の熱量は画面越しにも伝わってくるものがあり、Zoomに映る学生たちの表情が目に見えて変わってきている姿がとても印象的でした。

今回、大切にしたいポイントとして、「彼らに机上の知識だけで無く、世界で日本人として活躍する人物との出会い」から沢山の刺激を受けて、自らの将来のグローバルキャリアを考えて欲しいという願いがありましたので、とても良い機会になった事を大変嬉しく思います。

私は常々、「環境の変化と人物との出会いは、若者を飛躍的に成長させる」と実体験も含めて考えています。
留学という手段は、それらを一度に経験できる素晴らしい機会だと思っていますが、コロナ禍においてもオンライン講義を通じて、こうして有意義な機会が持てたことを心より嬉しく感じています。

アフィニティでは、経験豊富なグローバル・キャリア・コンサルタント、海外進学アドバイザーが日本語に限らず、英語でもセミナーやグローバル教育の授業に関わらせて頂いています。
海外留学、海外大学・大学院進学など、学校で発信したいとお考えの先生方がいらっしゃいましたら、是非弊社にお気軽にお問い合わせください。
1人でも多くの生徒さんが幅広い選択肢を知り、自分が輝ける将来を選択してもらえる事が私たちの切なる願いです。