佐久長聖高等学校 ワーキングホリデー オンライン留学セミナー

2020年12月21日(月)に佐久長聖高校の来春に卒業をする高校3年生の皆さんへ、大学進学後の選択肢の留学としてワーキングホリデーセミナーを行いました。約100名の生徒さんがご参加されました。これから日本の未来を担っていく皆さんがこんなにたくさん興味を持って参加して下さったことに大きな期待を感じています!

セミナーでは、グローバル人材を必要としている日本企業の現状や、世界の中での現在の日本の立ち位置なども含め、様々な視点から今の若者に求められるものは何かをお伝えすることから始まり、ワーキングホリデーをどのようにキャリアに繋げるのか、各国の情報をお伝えさせていただきました。

現在、我々日本人がワーキングホリデーに行ける国は26ヶ国もあるんです。

オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、韓国、フランス、ドイツ、イギリス、アイルランド、デンマーク、台湾、香港、ノルウェー、ポーランド、ポルトガル、スロバキア、オーストリア、ハンガリー、スペイン、アルゼンチン、チェコ、チリ、アイスランド、リトアニア、スウェーデン、エストニア、オランダ

その中から、イギリス、カナダ、アイルランド、ニュージーランド、フランスについて、掘り下げてお伝えすることが出来ました。学生の皆さんが将来のキャリアにつなげたいと考えた際に、どの国でどのような分野を学べるのか。各国の特徴を知っていただく貴重な機会となられたのではないでしょうか。英語はもちろんですが、これからはフランス語や第3言語の取得もキャリアアップの視野に入れ、1ヶ国だけでなく数ヶ国でワーキングホリデーを検討してみてもよいかもしれません。

佐久長聖高校の皆さんが、これからどのように世界に羽ばたいて行かれるのか、アフィニティも楽しみにサポートして行きたいと思っています!

 

「グローバル人材育成サポート」のお問合せ、ご相談はこちらまで