【高校生必見!】進路の選択肢を海外大学にも広げよう!アメリカの大学留学セミナー

高1年生・高2年生から進路の選択肢を海外大学にも広げよう!

特に多くの方が感じているのが、
「アメリカの大学に入学するのは難しいのでは?」
「英語が苦手で、自分が英語を勉強できるか不安・・・でも海外に興味あるのだけど・・・」ではないでしょうか。
本セミナーでこれらの疑問を解決します!高1年生や高2年生から進路の選択肢を広げておけば、高3年生なったときの進路選択がスムーズです!
今、やりたいことに悩んでいる方は、ぜひ本セミナーにご参加ください!日本の大学だけでなく、アメリカの大学の進路もあるかもしれません。

留学成功への道

本セミナーでは、アメリカのコミュニティカレッジと大学の基礎からコミュニティカレッジ卒業後の4年制大学編入や就職などの進路まで、海外大学専門カウンセラーがアドバイスします!留学前から留学中、留学後までの事例を事前に聞いておくことで、ご自身の留学を成功へ導くことができます!

セミナーポイント

「日本の大学とアメリカの大学併願受験し、合否結果後に大学を決められる?」

アメリカの大学も日本の大学と同様に併願することが可能です。特にアメリカの大学の出願料は4,500円~15,000円と日本の大学を比較すると安価です。アメリカの大学の出願は、日本の大学受験よりも早く進めることができ、日本の大学入試時期を外して行うことができます。日本の大学とアメリカの大学の合否結果後にどの大学に行くかを決めることができます。尚、アメリカの大学には入学金はありません。

 

「アメリカの大学とコミュニティカレッジってどんな違いがあるの?」

アメリカの大学は4年制大学で、大学よっては学士号課程、修士課程、博士課程を提供しています。コミュニティカレッジは地元の方が通う2年制大学です。ここ10年でコミュニティカレッジに4年制大学に直接進学するより学費を抑えることができ、4年制大学への編入ができるメリットがあることで留学生が進学するようになりました。

 

「コミュニティカレッジから4年制大学に編入するのは難しい?」

コミュニティカレッジから4年制大学に編入するのは難しくありません。むしろ、アメリカのトップ大学に行きたいのであれば、コミュニティカレッジで優秀な成績やそのほか秀でたことをやっていけば、編入することができます。どうしても留学生の場合は、アメリカでの成績などの実績がありませんので、コミュニティカレッジで優秀な成績などを修めることができるのです。またコミュニティカレッジでは編入コースが設置されていますので、4年制大学の3年次に編入ができます。コミュニティカレッジからの進学はその他にもメリットがありますよ!詳しくはセミナーで!

 

「コミュニティカレッジ卒業後の就職はできる?」

コミュニティカレッジは2年制大学ですが、職業訓練用のコースと4年制大学への編入コースがあります。コミュニティカレッジ卒業後に就職をお考えの方は、職業訓練用のコースを取れば、専門分野学ぶことができ、就職に繋げられます。

 

「アメリカの学生生活ってどんな感じ?」

アメリカは日本と違って、食生活を含め習慣が違います。靴を履いたままベッドに乗ったりしますし、食事もハンバーガーやピザが主です。洗濯物は日本は外に干すのが当たり前ですが、アメリカは乾燥機にかけます。「郷に入っては郷に従え」ということわざがあるようにアメリカの習慣を受け入れていけば、徐々に生活に慣れていきます。大学は日本の受け身だった授業だったのが、参加型の授業になります。授業中に発言することが当たり前であったり、科目によってプロジェクトがあり、リサーチし、クラスでプレゼンテーションしたり、10枚以上のレポートを作成したりします。空き時間や放課後は予習や復習したりします。金曜日の放課後から土曜日は友達と過ごしたり、ショッピングや映画を観に行ったりと楽しみます。日曜日は勉強モードに入ります。

 

「アメリカのコミュニティカレッジは学費が高いのでは?」

「アメリカの大学の学費は高い!」と思われがちですが、アメリカのトップ大学は公立・私立問わず、年間授業料500万円以上で高いことは確かです。しかし、4年制大学は地域によって年間授業料200万円~400万円が相場です。コミュニティカレッジは、年間授業料は60万円~120万円と4年制大学に比べてリーズナブルで、また日本の私立大学に比べると安いことがわかります。

 

ポイント①ポイント②ポイント③
アメリカの大学留学がわかる!アメリカの大学の学費についてわかる!アメリカの学生生活について体験談が聞ける!
アメリカの教育システムを始め、アメリカのコミュニティカレッジや学びたい分野をご説明します。トップランキングの大学に進学することも夢ではありません!アメリカのコミュニティカレッジや大学の学費事情から学費の抑え方、返済不要の奨学金制度をご紹介します。現地の学生生活の体験談を交えながら、成功例や失敗例をお伝えします。

こんな方におススメ!

  • 日本の大学を検討しているものの進路に迷っている方
  • 留学に興味があるけど、海外大学のことがわからない方
  • 海外大学に興味あるけど、英語力に自信がなく諦めようとしている方
  • これから進路を真剣に検討していく方

海外の大学留学のメリット

 

  • 自分から積極的に参加する能動的な授業(=参加型授業)
  • 様々な分野について学ぶことができる
  • 多様な文化や習慣を持った人たちと交流ができる
  • 視野を広げ、世界中で通用するコミュニケーション能力を身につけることができる
  • グローバル化に対応できるスキルを習得でき、就職に活かせる

セミナー日程

日程:4月13日(土)
13:00-14:00 アメリカのコミュニティカレッジについて
14:00-14:30 学費と現地生活について

 

留学会社アフィニティでは、アメリカ以外にもイギリス、オーストラリア、カナダの英語圏の大学留学のサポートを行っています。イギリス、オーストラリア、カナダの大学留学についても聞きたい!という方はメールまたは電話でお気軽にお問合せ下さい。

お問い合わせ

アメリカ大学ランキング

アメリカの4年制大学ランキング

大学名概要
1Princeton Universityニュージャージープリンストン大学は1746年に設立された私立の大学です。総学部生の数は5,394人で、アメリカで最も古い大学のひとつで、ニュージャージー州のプリンストンの静かな町にあります。著名な卒業生には、米国大統領ウッドロー・ウィルソン、モデル/女優のブルック・シールズ、元ファースト・レディのミシェル・オバマを輩出しています。
2Harvard Universityマサチューセッツハーバード大学は1636年に設立された私立の大学です。総学部生の数は6,766人で、トップクラスのビジネススクールとメディカルスクール、そして最高ランクの大学院教育スクール、工学部と応用科学スクール、ロースクールとジョン F. ケネディを含む13の学校と研究所から成り立っています。フランクリンデラノルーズベルトとジョン F. ケネディを含む8人の米国大統領がハーバード大学を卒業しています。
3Columbia Universityニューヨークコロンビア大学は1754年に設立された私立の機関です。総学部生の数は6,162人で、コロンビアカレッジ、フー財団工学・応用科学、総合学部の3つの学部、ならびに高ランクのビジネススクールを含む多数の専門学校から構成されています。
3Massachusetts Institute of Technologyマサチューセッツマサチューセッツ工科大学は1861年に設立された私立の機関です。総学部生の数は4,547人で、科学技術研究に焦点を当てており、5つの学校に分かれています。経済学、心理学、生物学、化学、地球科学、物理学、および物理学のプログラムが強いです。著名な卒業生には、アポロ11号宇宙飛行士バズ・オルドリン、元国連事務総長コフィ・アナン、元連邦準備銀行長のベン・バーナンキがいます。
3University of Chicagoイリノイシカゴ大学は1890年に設立された私立の機関です。沿う学部生の数は6,264人で、歴史や環境研究など100以上の専攻があり、特に大学院でのロースクールやビジネススクール、メディカルスクールなどはトップランキングに入っています。約80名ものノーベル受賞者を輩出しています。
3Yale Universityコネチカットエール大学は1701年に設立された私立の機関です。総学部生の数は5,746人で、大学と大学院のトップランクのロースクールやランクが高い経営学部、医学部、芸術学部や看護学部などを含む12の学部で構成されています。著名な卒業生には女優のメリル・ストリープ、ワシントンポストのレポーター、ボブ・ウッドワード、俳優のエドワード・ノートンなどがいます。
7Stanford Universityカリフォルニアスタンフォード大学は1885年に設立された私立の機関です。総学部生の数は7,062人で、7つの学校のうち4つは学部課程と大学院課程を提供し、残りの3つは大学院課程を提供しています。大学院課程では教育学部、工学部、医学部やビジネス学部がランクが高いです。著名な卒業生には元米国大統領のハーバートフーバー、殿堂入りのNFLクォーターバックのジョンエルウェイ、女優のシガニーウィーバー、ゴルファーのタイガーウッズがいます。
8Duke Universityノースカロライナデューク大学は1838年に設立された私立の機関です。総学部生の数は6,692人で、学部レベルでのリベラルアーツと技術教育に加えて、芸術とサイエンス、ビジネス、神学、工学の大学院と専門の研究を提供しています。
8University of Pennsylvaniaペンシルバニアペンシルベニア大学は1740年に設立された私立の機関です。大学院生の総入学人数は10,033人で、12の学校があります。うち5つは大学と大学院のプログラムを提供し、7つは大学院のプログラムのみを提供しています。著名な卒業生には歌手ジョンレジェンド、詩人ウィリアムカルロスウィリアムズとドナルドトランプ大統領がいます。
10Johns Hopkins Universityメリーランドジョンズ・ホプキンス大学は1876年に設立された私立の機関です。総学部生は6,109人で、9つの学校に分かれており、そのうちの5つは大学と大学院のプログラムを提供し、トップランクの公衆衛生学部や高ランクの医学部、工学部、教育学部の4つは大学院のプログラムを提供しています。

US News Best Colleges 2019より

アメリカのコミュニティカレッジランキング

大学名
1Walla Walla Community Collegeワシントン
2Santa Barbara City Collegeカリフォルニア
3Lake Area Technical Instituteサウスダコタ
4East San Gabriel Valley Regional Occupational Program & Technical Centerカリフォニア
5New Mexico Military Instituteニューメキシコ
6North Central Kansas Technical Collegeカンサス
7Valencia Collegeフロリダ
8Snow Collegeユタ
9Saint Paul Collegeミネソタ
10Mayland Community Collegeノースカロライナ

The Best Collegeより

【2019年最新版】アメリカの大学ランキング

アメリカの大学進学について

アメリカには約4,000校の私立、州立(公立)、リベラルアーツカレッジ、コミュニティカレッジ(公立の2年制大学)の大学があり、英語圏の大学で大学数がもっとも多い国です。アメリカの大学は原則的にどの学期からでも入学でき、卒業単位数を満たせば、どの学期の終わりにでも卒業(学位取得)が可能です。アメリカの大学は卒業単位数などの要件を満たせば、4年(または2年)を待たずに卒業ができます。例えば、夏休み期間を使って単位を取得すれば、4年制大学を3年や3年半で卒業可能で、滞在費を抑えることもできます。アメリカの大学には600以上の専攻があり、アメリカで人気のビジネスから特殊なアスレティックトレーニング、美容学などが大学で学ぶことができます。日本では専門学校でしか学べない分野がアメリカでは大学で学べ、学位が取得できることも魅力的です。

必見!~海外大学を知ろう~ アメリカの大学進学について 

セミナー講師紹介

留学カウンセラー 真鍋 径恵

アメリカの大学で国際ビジネス学を学び、卒業後は英語教育機関で海外大学進学のカウンセラーとして約20年間従事し、
多くの学生を海外大学へ送り出してきました。頼りなる関西のお母さん的存在なカウンセラーと言われています。

イベントセミナー情報【高校生必見!】進路の選択肢を海外大学にも広げよう!アメリカの大学留学セミナー
日時2019年4月13日(土)13:00~14:30
参加費無料
開催場所アフィニティ大阪オフィス・東京オフィス・福岡オフィス(※東京・福岡はSkype中継)
TEL06-6195-7433
フリーダイヤル0120-960-616
アクセスアフィニティ・オフィス情報をご確認下さい。
  • ご都合が合わない方はこちらより