【東京】6/16(土) 15時〜ドイツ・ワーキングホリデーが分かるセミナー

2018年も早くも折り返し地点。今年こそ、ドイツへ!と計画されている方、今夏、そして秋・冬シーズン、そして来年に向けて具体的にドイツ渡航を計画中の方はもちろん、今はまだ情報収集中の方も必見セミナーです!

ドイツのワーキングホリデーって、どうなの?

年間のビザ総発給数に上限なく、条件さえ満たしていればどなたでも申請できるドイツのワーキングホリデービザ。国内での発給はスピーディー(1週間程度)で親切。日本でも申請・受給ができるので、ドイツ語ができなくても心配ご無用申請時の年齢18〜30歳の方であれば、一生涯に1度申請できるビザです。

実は二度目のワーホリ渡航先」で人気なのが “ドイツ”だったりします。

その理由は、他国に比べて ”費用を抑えることができる” ことも1つの理由。

英語圏を考えていたけれど資金が少し足りない方、でも英語に触れられる環境でワーホリ渡航を実現されたい方にも、オススメなんです。

以下は都市比例の一例(目安)です。

オーストラリア カナダ イギリス フランス ドイツ
都市 シドニー バンクーバー ロンドン パリ ベルリン
言語 英語 英語 英語 フランス語 ドイツ語/英語
学費(3カ月間) 34万円~ 32万円~ 33万円~ 38万円~ 17万円~
ホームステイ(3カ月間) 32万円~ 25万円~ 27万円~ 40万円~ 22万円~
生活費 (ホームステイ終了後の9ヶ月間) 117万円~

(13万円/月)

108万円~

(12万円/月)

126万円~

(14万円/月)

144万円~

(16万円/月)

90万円~

(10万円/月)

航空券代(往復) ※渡航時期によって異なる 12万円~ 13万円~ 11万円~ 11万円~ 11万円~
留学保険代 ※加入プランによって異なる 13万円~ 13万円~ 13万円~ 13万円~ 10万円~
留学費用合計 208万円~ 191万円~ 210万円~ 246万円~ 150万円~
参考為替レート ※レートは随時変動 $1=85円 $1=88円 £1=154円 €1=133円 €1=133円

 

ドイツのワーホリ資金は、150万円~が相場。

ワーホリ中の1年間は働かない!リラックス&リフレッシュするぞ!と決めている方は、上記費用を一つの目安になります。(ただし、生活費は個人差があります)

ドイツでアルバイトをすることも検討されている場合、4ヶ月目以降の生活費はアルバイトの給料だけでカバーする事も不可能ではありません。その場合、現地での生活費(例えば3ヶ月の語学留学終了後の9ヶ月間)は実質0円(ゼロ/現地収入で補填) となるので、

出発前の予算 min.60万円、1年間のワーホリ生活が実現できる見込みも!

英語に次ぐ第2外国語の取得、ヨーロッパ生活を実現されたい方にオススメ

英語プラスもう1言語。そんな野望がある方にもオススメな国がドイツ。ドイツ語は、英語と同じ語源になるので、類似点も多いのが特徴。第二言語の習得として比較的、チャレンジしやすいと言えます。

また、英語とドイツ語の語学力プラス即戦力としての資質・職務経歴があれば、現地での就労ビザへの切替が出来る可能性もあります。また、海外企業での実務経験を積むための企業インターンシップ(無給・有給)にも適しています。ヨーロッパ滞在のいずれかの国を検討中の方が、ドイツを拠点に欧州就職を展開されるケースも増えています。

非英語圏での海外生活をヨーロッパで実現されたい方で、ドイツへのワーキングホリデーに興味がある方、興味はあるがなかなか一歩が踏み出せない方、既に渡航を決意している方・・・等のお気軽にご参加下さい。皆様のご参加を心よりお待ちしています!

今回の無料セミナーでは、ビザの申請方法、必要書類と申請の流れ、ドイツ保険のプラン紹介、滞在プランや費用について分かりやすく、コンパクトにまとめました。実際に、ドイツワーホリ経験者による実体験や現地情報を交えてリアルなドイツのワーホリライフをご紹介します。

イベントセミナー情報 ドイツ・ワーキングホリデーが分かるセミナー
日時 2018年6月16日(土) 15時〜
参加費 無料(要事前申込み)
開催場所 アフィニティ東京オフィス
TEL 03-5474-6231
フリーダイヤル 0120-971-130
アクセス 東京メトロ銀座線「外苑前」駅下車、3番出口から徒歩2分