1/5(土) 開催 “2019年はドイツへ行くぞ(かも?)!” 無料セミナー

2019年こそは・・・!!

ドイツワーキングホリデー渡航を真剣にお考えの方向け無料セミナー 

または、こんな方にもぴったり!大歓迎です。

実は、イギリスやアイルランド、カナダワーホリと併わせてセカンドチョイスで検討する渡航者が、近年急増中の国があるらしい・・・そんな噂の真相を知りたいな〜 」という方

2019年1月、ワーホリ応募&抽選が控えているイギリスやアイルランドのヨーロッパ英語圏ワーホリ国。年々人気も高まり、ゆえに悲しいかな、倍率が非常に高いのが難点。これらの英語圏ワーホリが大本命! が、しかし、もし万が一でも抽選に落選してしまった場合は・・・どうしよう?!・・・

「来年こそは海を渡って、憧れのヨーロッパに行く!!」

「2020年東京オリンピック前には、日本に戻ってきたい!!!」

そんな方に、いま熱い視線を向けられているのが「ドイツ」、そして「ドイツワーホリ」なんです。(これが噂の真相)

ヨーロッパを満喫しながら、第2外国語の習得もできる強み

英語にプラスもう1言語を習得したい!そんな野望がある方にもオススメな国がドイツ。

ドイツ語は、英語と同じ語源になるので、類似点も多いのが特徴。英語が得意な方の第二言語の習得としては、比較的チャレンジしやすいと言えます。

ヨーロッパ大陸の中央にあるドイツは、9カ国と隣接しています。陸路・空路ともに長距離バスやLCC就航が網の目のように張り巡らされているので、旅行好きな方にも適しています。

ドイツのワーキングホリデーの特徴

年間のビザ総発給数に上限なく条件さえ満たしていれば、どなたでも申請できるドイツのワーキングホリデービザ。国内発給はスピーディー(1〜2週間程度)で親切日本でも申請・受給ができるので、ドイツ語ができなくても心配ご無用申請時の年齢18〜30歳の方であれば、一生涯に1度申請できるビザです。1つの職場で「最長6ヶ月」まで、AuPair以外の様々な職場で働くことができます。

セカンドワーホリにも最適なドイツ

英語圏を考えていたけれど抽選が通らなかった、資金が少し足りない方など・・・でも、英語に触れられる環境でワーホリ渡航を実現されたい方にも、オススメなのですが、加えて二度目のワーホリ渡航先」としても密かに人気だったりします。

スバリ!その理由は、他国に比べて ”費用を抑えることができる” こと。

以下は都市比例の一例(目安)です。

オーストラリアカナダイギリスフランスドイツ
都市シドニーバンクーバーロンドンパリベルリン
言語英語英語英語フランス語ドイツ語/英語
学費(3カ月間)34万円~32万円~33万円~38万円~17万円~
ホームステイ(3カ月間)32万円~25万円~27万円~40万円~22万円~
生活費 (ホームステイ終了後の9ヶ月間)117万円~

(13万円/月)

108万円~

(12万円/月)

126万円~

(14万円/月)

144万円~

(16万円/月)

90万円~

(10万円/月)

航空券代(往復) ※渡航時期によって異なる12万円~13万円~11万円~11万円~11万円~
留学保険代 ※加入プランによって異なる13万円~13万円~13万円~13万円~10万円~
留学費用合計208万円~191万円~210万円~246万円~150万円~
参考為替レート ※レートは随時変動$1=85円$1=88円£1=154円€1=133円€1=133円

ドイツのワーホリ資金は150万円~が相場

ワーホリ中の1年間は働かない!リラックス&リフレッシュするぞ!と決めている方は、上記費用を一つの目安になります。(ただし、生活費はライフスタイルによって個人差があります

ドイツでアルバイトをすることも検討されている場合、4ヶ月目以降の生活費はアルバイトの給料でカバーする事も、全くの不可能ではありません。その場合、現地での生活費(例えば3ヶ月の語学留学終了後の9ヶ月間)は実質0円(ゼロ/現地収入で補填) となるので、出発前の予算 60万円~でもワーホリ生活がスタートできる見込みも!

さらに!

英語とドイツ語のビジネスレベルの語学力プラス即戦力としての資質、学歴や職務経歴があれば、現地での就労ビザへの切替が出来る可能性もあります。就労ビザに切り替えることで、安定した収入を得て、現地生活の基盤をより長期に渡って築くことも可能になります。

また、海外企業での実務経験を積むための企業インターンシップ(この場合は、無給も多い)にも適しています。ヨーロッパ滞在のいずれかの国を検討中の方が、ドイツを拠点に欧州就職を展開されるケースも増えています。

こんな方にオススメのセミナーです

今回の無料セミナーでは、ビザの申請方法、必要書類と申請の流れ、ドイツ保険の紹介、滞在プラン(体験談)や費用について分かりやすく、コンパクトにまとめてお伝えします。

  • 一定の英語力を使って、ヨーロッパ生活を実現されたい方
  • ヨーロッパでのワーホリを真剣に考えている方
  • ドイツのワーキングホリデー制度や生活について知りたい方
  • 英語圏のワーホリビザと並行して検討されている方
  • 抽選や年間のビザ発給数の上限のない国へ「確実に」ワーホリ渡航されたい方
  • 非英語圏のビザ申請や学校手配など、今後の手続きが不安という方
  • ドイツの語学学校やお得なキャンペーン情報について知りたい方
  • 全体の渡航費用をしっかり確認してから、準備を進めたいという方
  • 専門サポートのあるドイツエージェントを探している方

併せて読みたい関連記事

人気急上昇中!フィリピン留学からのドイツワーホリ渡航

 

ドイツで英語のブラッシュアップができるコースありますか?

 

ドイツワーホリ体験談

ドイツ2都市滞在・1年間のワーホリを最大限で満喫!

この記事を読んで、ドイツが、なぜか・・ 少しでも・・ 気になりはじめた方

「備えあれば、憂いなし」!

そんな心意気で、2019年はじめのスタートダッシュ、余裕を持って計画しましょう。

定員制のセミナーのため、ご興味のある方はお早めのお申し込み頂くと安心です。ご参加をお待ちしております。

イベントセミナー情報2019年最新版・ドイツワーキングホリデーが分かるセミナー
日時2019年1月5日(土) 14時00分〜
参加費無料(※要事前申込み)
開催場所アフィニティ東京オフィス /大阪オフィス/福岡オフィス
TEL03-5474-6231(東京)
フリーダイヤル0120-971-130
アクセス各オフィスアクセスをご覧ください
  • ご都合が合わない方はこちらより