【最新ビザ情報】2019年度オーストラリア・ワーキングホリデー 滞在期間が3年間に‼

今回は2019年度のオーストラリア・ワーキングホリデービザについてご紹介します。

皆さん、朗報です!!
2019年から、『オーストラリアワーキングホリデー』が新しく生まれ変わります!!

オーストラリア政府は、2018年11月5日にワーキングホリデービザ(通称:ワーホリビザ)での滞在期間を、「最長2年間」→「最長3年間」に変更することを発表しました!
一部の国を対象に、年齢の引き上げや滞在期間の延長を行い、農業の人手不足の解消(農作業者の確保)を図ります。

主な変更箇所は以下の赤文字↓

🌴2019年度・ワーホリ募集要項🌴
募集人数:制限なし
ビザ有効期限:1年間 ※条件により合計3年間
年齢:18歳以上30歳以下(※ビザ申請時に30歳以下であれば、渡航時は31歳でも可能)
申請方法:同一雇用主のもとで最長12ヶ月
募集時期:随時
申請方法:オンライン
申請料金:450ドル(38,250円 ※$1=85円)

詳しくはオーストラリア大使館のページからもチェックできますのでご確認ください。

最長3年間の滞在

これまでの制度では、
ワーキングホリデー1年目に、3ヶ月間ファーム等で季節就労すれば、2ndワーホリ制度を利用し1年追加(合計2年間)のオーストラリア生活を送ることができましたが、

今回の変更では、
ワーキングホリデー2年目に、6ヶ月間季節就労すれば、3rdワーホリ制度を利用しもう1年追加(合計3年間)のオーストラリア生活を送ることができます。

※季節就労の条件は随時変更になりますので、事前にしっかりと確認する必要があります。

適用開始は2019年7月から

今回の変更が適用されるのは、2019年7月からですが、
「これからオーストラリアへワーキングホリデーをしたい!」とご検討中の方(オーストラリアのワーホリビザ未取得者)は、
2019年ファーストワーキングホリデー(季節就労3ヶ月間)→
2020年セカンドワーキングホリデー(季節就労6ヶ月間)→
2021年サードワーキングホリデー(条件なし)
となり、サードワーホリの適用開始時期は気にしなくても大丈夫です。

WHビザ取得までの流れ

ビザ申請は簡単!以下の5ステップで完了します。

🛫Step1:immiアカウントを作る
下記のオンライン申請サイトからアカウントを作成します。Create an ImmiAccount
✎必要な情報:PCメールアドレス、現住所、秘密の質問(パスワード紛失時用)
🛫Step2:メールアドレス認証作業
Immi Accountで登録したメールアドレスに届いたメール本文のURLをクリックする。
この作業をしなくてもビザ申請はできてしまいますが、この作業を忘れると、後に面倒になりますのでお忘れなく!
🛫Step3:オンライン申請
My account申請ページの上部「New application」から個人情報を入力します。
✎必要な情報:クレジットカード、パスポート情報、渡航予定日、質問回答(犯罪歴、病歴、ビザ要件理解)
🛫Step4:ビザ申請料金支払い
オンライン申請の最後「Submit Now」をクリックすると、クレジットカード入力画面になります。ビザ申請料金の$450をクレジットカードで支払います。
🛫Step5:ビザ取得
申請から30分~3日ほどでメールにてビザ発給の通知が届きます(Grant Notification)
ここに添付されている「IMMI Grant Notification」を印刷すれば、いつでも渡航できます!

※最新の申請方法についてはお電話やメールでご相談ください。

ワーホリビザ・セルフチェック

  • 18歳以上 30歳以下であること
  • 有効なパスポートを保持していること
  • 健康かつ、犯罪歴が無いこと

年齢さえクリアしていれば、ほぼすべての方がワーキングホリデーできると言うことです♪
ただ、今回の変更に伴う「3年間のワーキングホリデー」を実現する為には、27歳(頃)には最初のワーキングホリデービザを取得していないといけないのでご注意ください。


オーストラリア留学をお考えの皆さん、ぜひこの機会にワーキングホリデービザを取得し、
3年間のオーストラリア生活をEnjoyしてください♪

2018年12月末迄は「ビザ申請アドバイス」が無料です!

この記事に関して興味をお持ちの方は、 ぜひメールまたはお電話でお気軽にお問合せ下さい。

お問い合わせ