今年はなんとしてでも当選したい!
イギリスワーホリ・ビザ抽選のよくある質問

もうすぐ2018年度第2回イギリスワーキングホリデーの抽選応募がスタートします!

そこで、よくある質問をまとめてみました。

現在30歳で、渡航予定時期には31歳になる予定です。その場合でも抽選の応募やビザ申請は出来ますか?

A:出来ます。
イギリスへの渡航は31歳になってからでも、申請は30歳のうちにされれば問題ありません。

注意点:イギリスワーキングホリデービザ申請には、3つの大切なタイミングがあります。

1.イギリスワーキングホリデーの抽選応募(2018年7月23日~25日)⇒ 30歳以下である必要があります。

2.イギリスワーキングホリデーのオンラインビザ申請&ビザ申請料等のオンラインでのお支払い完了 ⇒ 30歳以下である必要があります。

3.東京(新橋)もしくは大阪のビザ申請センターでのビザ申請日 ⇒ 30歳以下である必要があります。

(例) 2018年8月23日で31歳の誕生日を迎える方の場合

イギリスワーキングホリデーのビザに8月1日当選した場合には、8月1日~8月21日までにオンラインビザ申請を行い、8月22日(水)までのビザ申請センターへの来館予約まで取り、30歳のうちに全てのビザ申請手続きを終える必要があります。この場合、イギリスへの渡航日が2018年9月であっても、10月であっても問題ありません。ただし、渡航予定日はオンラインビザ申請日から最大6ヶ月以内で設定が可能になります。

イギリスワーキングホリデービザの抽選応募には費用が掛かりますか?

A:かかりません。
イギリスワーキングホリデービザの抽選は、メールのみで応募を行い特に費用は掛かりません。無料ですので、まずはチャレンジしてみたい方は迷わず応募してみましょう!

イギリスワーキングホリデービザの抽選には、複数メールで応募してもいいですか。

A:いいえ。1つのメールアカウントで応募しましょう。
抽選応募メールには、氏名、パスポート番号、生年月日の記載が必要です。重複して同一人物からhotmail、gmailなどの別のアカウントメールで複数応募した場合でもすぐに判別されますので、確実に受け取りができるメールアカウントで登録し、不備などないよう、落ち着いて応募しましょう。

抽選に当選しましたが、イギリスの渡航予定日、滞在先が確定していません。その場合でも2018年9月30日までにオンラインビザ申請を完了する必要がありますか。

A:はい、必要になります。
9月30日までにオンライン申請を行わなければ、せっかく当選した権利は失効されますので注意が必要です。

注意点:イギリスワーキングホリデーのオンラインビザ申請では、イギリスへの具体的な渡航日の入力と現地での滞在先住所を入力する必要があります。

現地の滞在先住所は、はじめてイギリスに留学される方は、学校の住所等もしくは寮やホームステイ先を入力、留学経験のある方はシェアハウス、ゲストハウス等の仮の住まいを住所登録される方もいらっしゃいます。

また渡航予定日は、2年間のイギリスワーキングホリデービザ期間を決定する大切な日程になります。
(例)2018年10月10日を渡航日に設定した場合 ⇒ 2018年10月10日~2020年10月10日までがイギリスワーキングホリデービザの有効期限となります。なお、入国は2018年10月10日~11月10日までの間に行う必要があります。

もう一度しっかり確認したい!

イギリスワーキングホリデービザのオンライン申請ガイド
●オンライン資料を7秒で無料ダウンロード
こちらです
※今ならワーホリ留学で使える、お得な割引クーポン付き♪

アフィニティでは、イギリスワーキングホリデーのビザ申請サポートや各種無料セミナーも行っています。語学学校、ビザ申請サポートだけに留まらず、滞在先のご相談やお手配も行っておりますので、まずはお気軽にご相談ください。