【最新版】ドイツワーキングホリデーのビザ申請における注意点

2018年10月以降、ドイツのワーキングホリデービザを日本国内で申請される方において、提出書類の追加が求められるケースがあります。どうぞご注意ください!

<新たに提出が求められる書類(以下の赤字部分)>

 

  • 2018年10月以降、ワ-キングホリデ-ビザを申請される場合は、担当領事の判断で、申請の目的・動機が記されたもの、履歴書(ともに英語またはドイツ語)の追加提出 が求められることがあります。※大阪の総領事館では英文履歴書は不要。ただし、申請書の提出時に、滞在の目的や計画(期間や場所)が分かる記述(英語またはドイツ語)が求められます。

上記については、念のため準備をしておくとよいでしょう。

 

また、これまでドイツのワーキングホリデービザでは、就労先の勤続日数の上限設定はありませんでしたが、現在は「一つの職場での最長就労期間は6ヶ月まで」となっています。AuPair以外の、ドイツのさまざまな職場で働くことができます。

ドイツのワーキングホリデービザ情報についてはこちら↓↓↓

ドイツワーキングホリデービザ情報

※ 日本国内でのビザ申請に関する最新情報の確認は、ドイツ大使館HP にて必ず申請前にご自身でもチェックいただくようお願いします。

 

アフィニティドイツ留学では、ビザ申請のご相談、サポートをしております。ビザの申請方法、ドイツ保険への加入などでお困りの方は、ぜひ一度ご相談下さい。

 

併せて読みたいドイツ関連の記事

<11月開催のドイツワーホリ無料セミナー>

【東京】11/23(祝) ドイツワーホリとドイツの就職前線も分かる無料セミナー

<ドイツを含めヨーロッパの最新ワーホリ情報をまとめて知りたい!>

2019年渡航者向けヨーロッパワーキングホリデーセミナー 11/10(土)

<ドイツワーホリ前に英語習得するなら・・・フィリピン留学?!が熱い>

人気急上昇中!フィリピン留学からのドイツワーホリ渡航

<ドイツでも英語はブラッシュアップできる??>

ドイツで英語のブラッシュアップができるコースありますか?

<ドイツで滞在する都市選びに迷ったら・・・>

長期で留学するならどの都市に行く?徹底比較〜ドイツ編〜