2020年カナダワーキングホリデーの応募がスタートしました!【カナダワーホリビザ2020】

待ちに待った2020年度カナダワーホリビザの応募が、2020年12月9日(カナダ時間)にスタートします!

 

アフィニティにもカナダワーホリについて多くのお問い合わせをいただいております!

現在1000名を超える方がすでにお問い合わせをいただいている状況です。

メール返答遅延などがございましたら下記お電話でも連絡ください!!

TEL: 03-5474-6231


 

2020年度、カナダ ワーキングホリデーに申請できる条件とは?

  • 日本国籍を有する方

日本のパスポートをお持ちの方です。

  • カナダ入国予定日より1年以上のパスポートの有効期限があること

例えば、2021年6月1日にカナダに入国予定の場合です。パスポートの有効期限が、少なくとも2022年6月1日まででないと、1年の滞在許可がおりません。

  • 申請時に、日本の住所を記載できること
  • 申請時点で、18歳〜30歳であること
  • カナダ入国時点で、2500カナダドル程あること
  • 海外医療保険に加入していること
  • 日本へ帰国するための航空券、もしくは航空券を購入できるだけの費用があること

カナダ入国時に、「2500ドルほど持っていますか」「海外医療保険に加入している証明を見せてください」「日本行きの帰りの航空券を持っていますか」とカナダ移民局のスタッフに聞かれることは、まずないと思います。

だからといって、資金がほとんどない状態でカナダに行ったり、海外医療保険に加入してくてもいい、ということではありません。

カナダは保険に加入していないと医療費が非常に高くつきます。“医療費が払えないからカナダでは医者には行かない“では皆さんが困ってしまいます。

資金も同様に、入国してすぐに仕事が見つからない場合、最低限2500ドルほどあれば、しばらくはしのげるだろう、帰りの飛行機のチケットも購入できるだろうということです。つまり、カナダ移民局が皆さんのことを考えて作ったルールなのです。

必ず海外医療保険には加入するようにし、資金も十分用意するようにしてください。

カナダへの入国が可能なことは?

ほぼ全員の方が入国可能です。ご安心ください。

例えば、伝染病にかかっている、犯罪歴があるなどの特殊な例の場合です。心配する必要はありません。

申請費用338ドルを支払うこと「必須」

申請料金253ドルと、指紋認証料85ドルです。

2020年度、カナダ ワーキングホリデー申請の流れについて

ワーキングホリデーの申請は、全てオンライン申請によって行われます。

カナダ大使館に行ったり、郵送する必要は一切ありません。

募集枠は、6500名です。

6500名に達したら、2020年度のカナダワーキングホリデー募集は終了です。

カナダ移民局の募集案内を確認する

ワーキングホリデーに応募

カナダ移民局より招待状が発行される
(招待状が発行されると、ワーキングホリデーの申請ができます)

ワーキングホリデー申請完了

指紋認証を受けるように通知が来る

指紋認証を受ける

ワーキングホリデーの許可証が発行される

カナダに入国の際に、許可証と引き換えに正式なワーキングホリデービザが発行される

アフィニティでは下記有料ビザサポートも行なっております

アフィニティのワーキングホリデー・ビザサポートプログラム

2020年度カナダワーキングホリデー募集最新状況

2020年度のワーキングホリデー応募は、2019年12月9日(月)の東部標準時の午前9時から開始です。

12月3日(火)から、カナダ国内でも指紋認証(Biometrics)ができるようになりました。

観光ビザでまずカナダ留学をして、そのあいだにワーキングホリデー申請をするほうが簡単かもしれません。

日本で指紋認証をするには、東京まで行く必要があります。ちなみにカナダ国内には58カ所あるので、便利ですね…。

おすすめカナダワーキングホリデー関連の記事一覧

カナダのワーキングホリデービザ情報まとめ【2020年完全版】

【2020年度】カナダワーホリビザの申請方法

【カナダワーホリ】5つのオススメプランを紹介!

この記事に関して興味をお持ちの方は、 ぜひメールまたはお電話でお気軽にお問合せ下さい。

お問い合わせ