【期間限定】
まるで絵本の世界.・★カナダ・プリンスエドワード島で教師宅ホームステイ体験

名作の世界に飛び込んでみませんか?

ルーシー・モード・モンゴメリ作 小説『赤毛のアン』のモデルにもなった、カナダ東部の小さな島、プリンスエドワード島の存在をみなさんはご存知ですか?どこをとってもまるで絵になる、世界一美しい島とも称されるその島は、まさに何度も訪れたくなる風景が広がっています。小さくて可愛らしい街並みは、どこか懐かしさを感じるような雰囲気で、大人女子やシニアの方に人気です。今回はそんな、魅力あるれるプリンスエドワード島での教師宅ホームステイプログラムをご紹介します!

プリンスエドワード島の基本情報

人口:約13万人(2001年時)
州都:シャーロットタウン
言語:英語
名所:国立公園、聖ダンスタン大聖堂、グリーンケイブルズ(赤毛のアンの家など)

参考サイト:https://www.tourismpei.com/

首をかしげる男の子のフリーイラスト知ってました?💡

赤毛のアン作者、ルーシー・M・モンゴメリは実はプリンス?・エドワード島出身。長編小説『赤毛のアン』には、自身が過ごした風景や自然、思い出がちりばめられているのです!舞台となったアボンリーという街は架空なのですが、島には物語にも出てくるアンのお家「グリーンケイブルズハウス」や「おばけの森」、「モンゴメリの生家など、ゆかりの地が点在しています。

プリンスエドワード島で教師宅ホームステイ体験

1週間または、2週間の短期間でプリンスエドワード島が満喫できるプログラムです。受入れてくれる先生は、日本での滞在経験もある心優しいご夫婦。過去25年間に渡り日本から多くの生徒様と交流されています。築190年(!?)の、元農家の家屋を改築したお家でカナダの「文化・習慣体験+英語学習」というホームステイとツアーを兼ね合わせたプログラムとなっています。
また、先生は長年ESL教師として従事されていたこともあり、初心者から上級者までどんなレベルの方にも合う学習方法を提供してくれます。自分のペースでお勉強されたい方には特におすすめです。

こんな人におすすめ

  • ゆっくりした時間を過ごしたいシニアの方
  • なかなかお仕事のお休みが取れない社会人
  • 赤毛のアンの世界観が好きな方
  • 英語+αの経験がしたい方

プログラム費用

日曜到着、土曜出発

1週間(6泊)

プログラム費:CAD 1,699
プログラム手配料:33,000円
海外送金手数料:6,500円
————————————
合計:183,915円

2週間(13泊)

プログラム費:CAD 2,988
プログラム手配料:33,000円
海外送金手数料:6,500円
————————————
合計:約293,480円

*1カナダドル=85円の場合

・上記に含まれるもの
英語+お料理クラス、空港送迎(往復)、滞在費、食費(朝・昼・夜)、毎日のアクティビティ

・含まれないもの
往復航空券代金、留学保険、オプションアクティビティ費用

サンプルスケジュール

プログラムは日曜日にプリンスエドワード到着、土曜日にプリンスエドワード出発とした6日、又は13日の宿泊プランで、基本内容は日常生活体験の一環として英会話と人気のクッキングクラス、内への家族のお気に入りの場所ツアー等となっています。プログラムが開催されるのは、ベストシーズンの5月~10月まで。様々なアクティビティを通して、思い出に残る滞在になること間違いなしです!

プリンスエドワード島に来る日本人を含む多くの人達が、リピーターとして二度、三度と来ることもあるようです。学生時代に友人と来た方が今度はハネムーンで、ハネムーンで来たことがある方が今度は結婚25周年で来た、前回はまだ小さかった子どもを連れて来たが、今回は大人になった子どもに連れてきてもらった等、心温まるお話がたくさんです。ですが、皆さん声を揃えておっしゃるのは「プリンスエドワード島にまた来れて良かった!きれいな景色はそのままだった!」という言葉です。

ご興味のある方はぜひお気軽にお問合せください。
2020年5月3日~10月31日までの期間限定プログラムとなっています!

2都市・2ヶ国留学もおすすめ!

プリンスエドワード島はカナダ東海岸に位置しており、モントリオール、オタワ、トロントからも直行便が飛んでいるので都市間を跨いでの滞在も可能です!また、少し足を延ばしてアメリカ・ニューヨークにも行けちゃうのがポイント★カナダで1~2週間ゆっくり過ごした後に、別の都市で2~3週間を楽しむということもできちゃうのは嬉しいですよね。ちなみに、プリンスエドワード島からトロントまでは、飛行機で約2時間半、ニューヨークまではトロント経由で約5時間で行けます!(旅程・航空会社にもより異なります)

カナダ・アメリカともに春~秋にかけてはベストシーズンですので、ぜひこの機会に、旅行とは一味違うご経験されてみてはいかがでしょうか?

渡航計画を立てるお手伝いもしておりますので、興味ある方はぜひ一度お問合せください♪

この記事を書いた人

鴻池 まどか

大阪オフィススタッフ。幼い頃から母の影響で海外に興味を持ち、高校生でニュージーランド留学、大学ではオーストラリア短期留学の経験者。海外ドラマや映画好き。頼もしいカウンセラーになることを目指して日々奮闘中!

この記事に関して興味をお持ちの方は、 ぜひメールまたはお電話でお気軽にお問合せ下さい。

お問い合わせ