秋からお得な語学留学プラン<ドイツ編>

今年ほど秋が待ち遠しい夏はないような気がします・・・

皆さま、世界各国猛暑の中、お元気でお過ごしでしょうか。ドイツ担当の上原です。

今日は、こんな猛暑の夏が過ぎ去って後に、過ごしやすい秋が待ち遠しくなる留学プランをご紹介します。

秋や冬はまだまだ先とお考えのあなた。いえいえ、そんなことはありません!

10〜11月、そして年内にご出発の方は、すでに渡航まで2〜3ヶ月前になりますので暑さに負けず、留学や渡航の準備を着々と進めてまいりましょう!

なんといってもお得!授業料が20%オフになります

ドイツで秋〜冬、特に長期プランとしてオススメしたいのが、国内4箇所でドイツ語コースを展開するCarl Duisberg Centren(カール・デュィスベルク・センター、通称CDC)校

毎年開催している特別プロモーションを今年も10月〜来年3月の期間限定で展開します。

長期留学でしっかりドイツ語を身につけたい方短期間でもしっかりドイツ語が身につき、その後の実生活にすぐに役立てたいワーキングホリデーをお考えの方にもオススメです。

8週間以上のコース参加で、対象期間中であれば授業料が20%OFFですので、最低でも4万6,800円以上(360ユーロ/1ユーロ=130円換算の場合)は通常よりもお得になるわけです。お得に浮いたお金を、現地での周遊旅行やショッピングに使えちゃいますね。

ミュンヘン校

ミュンヘン校の特徴は、なんといっても日本から直航便のあるミュンヘンにあること!直航便で11時間半のフライトで、バイエルンの州都に到着できます。

ドイツ3つめの大都市であるミュンヘンは観光地としてもとても有名。美しく清潔な街並み、品のあるミュンヘンっ子、世界的な美術館や博物館も点在し、広大な公園もありながら、ショッピングも満喫できます。飽きのこないシティーライフが楽しめます。

ちなみに、今年のオクトーバーフェストは2018年9月21日スタートです!(10月7日が最終日)

ミュンヘン校は中央駅から西北に公共交通で15分ほど。市内にもアクセス至便のロケーションです。

校舎の上階が学生寮になっていて月600ユーロで家具付きのシングルルームに宿泊ができ人気です。特に、物価(家賃)の高いミュンヘンでは、このロケーションでこの家賃は非常に良心的!

左から3人目の女性が学校長のマースさん。フレンドリーなスタッフがサポートしてくれます。

ミュンヘン校について、もっと詳しく知りたい方はこちらをクリック!

ケルン校

CDCの本校があるのはケルン。ケルンへは経由便でケルン=ボン空港を利用するか、日本から直航便のあるデュッセルドルフ空港が便利です。

これから開幕するサッカーブンデスリーグでは、残念ながら2部に降格からスタートですが、現在の海外日本人選手の先駆者でもある奥寺康彦さんが所属したチームとしても有名なFC Kölnは、ケルンっ子の誇り。大迫勇也選手はじめ、多くの日本人選手が過去この名門チームに在籍しています。サッカーのホームゲームのある日は、街中の体温が数度上がりますよ〜

また、ドイツの三大カーニバルとしても有名なケルン。このシーズンも(異常な)熱気を帯びます(笑)。一度は体験してみてよいかもしれません。2月末〜3月上旬は、ケルンっ子が羽目を外してカーニバルを楽しむシーズン。この時期にケルン滞在を経験されると、きっと忘れられない思い出になると思います。(こんなかんじに↓↓↓)

ケルン校では宿泊は、ホームステイタイプが主です。地元の方の生活に密着して、語学をブラッシュアップできる環境といえるでしょう。

ケルン校について、もっと詳しく知りたい方はこちらをクリック!

ベルリン校

ミュンヘンやケルンに負けず劣らず人気なのが、やはりドイツの首都ベルリン。

ベルリン校は、ショッピングの目抜き通りであるフランツォージッシェ通り(その名の通り、戦後はフランス軍の占領下にあったエリア)近くでアクセスも大変便利な中心部にあります。(歴史的な経緯もあり、なので)パリの有名デパート「ギャラリー・ラファイエト」のベルリン店が学校の近くにあるんです。

ベルリン校校舎の外観。中庭に面しています

こじまりとした校舎ながらセンスが光る

 

 

 

 

 

 

ベルリンは普段から年中イベントの多い大都市ですが、特に「ドイツ再統一記念日/Tag der Deutschen Einheit(10月3日)」や「大晦日/Silvester(12月31日)」ならびに「新年/Neujahr(1月1日)」は市内のイベントも多く見所があります。ベルリンマラソンは9月中旬、プロジェクトマッピングが美しいFestival of Lights は10月上旬、クリスマスマルクトは11月下旬からスタートし、年明けは2月からベルリン映画祭が開幕します。本当に毎月イベントがありますね〜!話題に事欠きません。

ベルリンには、たくさんの語学学校がありますが、短期間でみっちりドイツ語を叩き込める学校は少ないので、短期間でも効果的にドイツ語を習得されたい方にオススメです。

宿泊タイプは、半年ほど前から寮がアップグレードされました。東ベルリン地区の学生寮ですが、キッチン・トイレ・バス・インターネット完備の環境で快適です。ホームステイタイプも選択いただけます。

ベルリン校について、もっと詳しく知りたい方はこちらをクリック!

スイスとの国境近くの南ドイツ・ラドルフツェル校

ラドルフツェルは湖畔沿いのリゾート地。夏がシーズンピークのため、秋〜冬はゆっくりと勉学に打ち込める環境です。これまでご紹介のような大都市での生活とは違い、ドイツらしい雰囲気、落ち着いた街並みの中で生活し、ドイツ語を学びたい方にオススメです。

ラドルフツェル校は素敵な外観です

スタッフもアットホーム!

 

 

 

 

 

 

ラドルフツェル校について、もっと詳しく知りたい方はこちらをクリック!

なぜCDCがオススメなの?

通常は、ドイツ語のグループコース(スタンダード/平日の半日コース)は、1レベル(たとえばA1)を8〜10週間で終了する学校がほどんどですが、CDC独自のカリキュラムではA1、A2、そしてB1の一部までの初中級は1レベル6週間で終了するインテンシブなコース。なので初級レベルをしっかり、でもスピーディに修了されるのに適しています。

また、開講地も北から南までバリエーションに富んでいるため、ベルリンとケルンと6週間ずつセットにした3ヶ月のプランや、冬にラドルフツェルでしっかりドイツ語に集中した後、春以降ミュンヘンに移ってワーホリでアルバイトをしながら学校に通い続けるなど、アレンジも可能です。同じカリキュラムだから都市を変えても続けられる長期コースほどお得なところが人気の秘密です。

 

 

 

 

 

 

 

 

特にこのシーズンは、学費が通常よりもお安くなるので、予算を抑えて留学を練っている方は、ぜひお見逃しなくご利用ください。まずは無料見積、受入れ確認 などお気軽にご相談くださいませ。お待ちしております。

 

カウンセラーからのアドバイス

留学の計画は、遅くとも3ヶ月前には立てましょう。ドイツでは3ヶ月を超える滞在ではビザ(滞在許可)が必要です。こうした中長期の滞在になる場合は、出発の半年前から留学サポートをスタートさせていただいております。これから秋〜冬に渡航計画を練っている方、プロの適切なアドバイスをもとに、失敗しない留学プラン私たちと一緒に考えましょう!

この記事に関して興味をお持ちの方は、 ぜひメールまたはお電話でお気軽にお問合せ下さい。

お問い合わせ