1週間の留学にもおすすめ!教師宅ホームステイって?

 

留学には行きたいけど、がんばっても1週間しか休みは取れないから意味がないんじゃないか・・なんて理由で留学をあきらめてしまっていませんか?

 

 

たった1週間、されど1週間!1週間でもより現地の文化と深く関わることができるのが、教師宅ホームステイです。その名の通り、教師の自宅でホームステイをします。もしくは、ホストファミリーが教師にもなると考えていただいたほうがイメージが近いかもしれませんね。

留学のスタイルとして多いのは、語学学校に通いながら寮に滞在したりホームステイをするパターンです。学校でクラスメイトと友達になって、クラス外でも一緒に遊んだり・・といったキャンパスライフは、様々な国から集まる留学生と知り合えてとても刺激的です。

学校は基本的には月曜日から金曜日の週5日ですが、入学日である最初の月曜日はクラス分けのテストとオリエンテーションで終了ということがほとんどです。そうすると、最初の1週間は火曜日から金曜日の4日間しか学校に通うことにならず、学校に慣れる前に終わってしまいます。また、クラスメイトとも親しくなる前にすぐお別れ・・となります。

 

それならいっそのこと、教師兼ホストファミリーと過ごす時間を最大化することによってホストファミリーとより親しくなってみてはいかがでしょうか?

 

授業のスタイルは?

 

もちろん、滞在先でのプライベートレッスンです。ホストファミリーとリラックスしながら受けられるプライベートレッスンは、なんだか贅沢ですよね!

 

どこでできるの?

 

教師宅ホームステイは、様々な国にホストファミリーがいます。プログラムのご案内が可能な国は・・

 

イギリス

イギリス留学の特徴とポイント

 

アメリカ

アメリカ留学の特徴とポイント

 

カナダ

カナダ留学の特徴とポイント

 

オーストラリア

オーストラリア留学の特徴とポイント

 

ニュージーランド

ニュージーランド留学の特徴とポイント

 

アイルランド

アイルランド留学の特徴とポイント

 

マルタ

マルタ留学の特徴とポイント

 

フランス

フランス留学の特徴とポイント

 

ドイツ

ドイツ留学の特徴とポイント

 

イタリア

イタリア留学の特徴とポイント

 

と、英語圏だけではありません♪

 

スケジュールは?

 

レッスン時間は1日3時間、1週間で15時間です。もちろんレッスン時間以外もホストファミリーと食事をしたり、近くに観光に出かけたりしていただけます。

 

費用は?

 

滞在先の国や都市によって、費用は異なります。また、High SeasonLow Seasonで費用が変わる場所もあります。2019年のHigh Seasonは、5/26から9/8です。

以下は全て1週間あたりの費用で、授業料、宿泊代、1日3回分の食事代が含まれています。

 

滞在先1週間分の費用(現地通貨) Low/High1週間分の費用(円換算)  Low/High
イギリス (ロンドン)£839/£889約12万6千円/約13万円3千円
イギリス (ケンブリッジ、オクスフォードなど)£809/£859約12万円/約13万円
イギリス (ブライトン、カンタベリーなど)£769/£809約11万5千円/約12万円
アメリカUS $1,439約16万円
カナダUS $1,439約16万円
オーストラリアUS $1,439約16万円
ニュージーランドUS $1,439約16万円
アイルランド€1,195/€1,245約15万円/約15万7千円
マルタ€1,079/€1,129約13万6千円/約14万円
フランス (パリ)€1,265約16万円
フランス (ボルドー、プロヴァンス)€1,165約14万7千円
ドイツ€1,265約16万円
イタリア (ローマ、ヴェニス)€1,265約16万円
イタリア (トスカーナ)€1,165約14万7千円

 

1週間という貴重な時間を、旅行とは一味違った経験ができるものにしてみませんか?

アフィニティでは、各国の専門カウンセラーがおすすめの都市をご案内させていただきます!

 

この記事を書いた人

藤村 知都

アメリカの文化への強い憧れがきっかけとなり、高校卒業後カリフォルニアの大学でホテル・レストラン経営学を学ぶ。ホテルと英会話学校での経験を生かし、丁寧かつ親しみやすく、英語学習に関するアドバイスや留学前に知っておきたい生きた英語のご紹介も行っています。

この記事に関して興味をお持ちの方は、 ぜひメールまたはお電話でお気軽にお問合せ下さい。

お問い合わせ