【2/19更新】今行ける留学 マルタ

コロナ禍の中留学コンサルタントをしておりますと、たくさんの方から「今すぐに行ける国はないですか?」というご相談をいただきます。

例えば、

  • オーストラリアやニュージーランドへ予定日には出発できなくなった
  • ワーキングホリデーでカナダへの渡航を考えていたけれど、ビザを待っている間に大学の休学期間が終わってしまう
  • 昨年末に会社を退職したので次の仕事に就く前に留学してみたい

そんな方には、今すぐに行ける国、マルタへの留学がお勧めです。

今すぐに行ける国、マルタがお勧めです

お勧めの理由-到着後の自主隔離が不要

2021年現在日本国籍をお持ちの方はマルタへの入国の制限や2週間の隔離義務がありません。

お勧めの理由-3カ月までならビザ不要

90日以内の滞在の場合は日本のパスポートのみでビザは不要です。観光、留学、業務とも不要。入国時にパスポート残存有効期間が90日間以上必要ですので、そこはしっかり確認しましょう。入国カードの記入は不要ですが、到着後空港での入国審査の際に、指紋と本人識別(顔写真)認証が行われます。

お勧めの理由―英語が公用語

マルタで英語を学べるの?と疑問に思われる方もいらっしゃるかと思いますが、マルタではマルタ語と英語が公用語とされているため、英語を学ぶことはもちろん可能です。
現地の方はマルタなまりの英語を話される方もいらっしゃいますが、先生方はきれいなイギリス英語で授業を行ってくれます。地中海の中央にある島で、ヨーロッパのホリデー気分を楽しみながら英語を学びたい方にお勧めです。イタリア語を話せる人も多くいます。
現在マルタではオンラインレッスンと対面授業を並行して行っています。
オンラインレッスンは、マルタでも日本からでも受講が可能です。

お勧めの理由-物価が安い

英語圏で価格的にお得な留学先としてニュージーランドと競うのがマルタです。
地元のスーパーマーケットで入手できる食材もイタリアン風のトマト、パスタ、オリーブ、チーズなどなので自炊もしやすく長期の留学生活にも向いています。

でもちょっと気になるマルタのコロナの現状は?

コロナの現地状況について、2021年2月現在、すでにコロナ感染予防のワクチンの1回目の投与が始まっており、一日の感染者数は平均150~200名前後と減少傾向にあります。マルタは国民皆保険の国なので、国民はPCR検査が受けられ、陽性だった場合も費用を気にせず治療が受けられるため日本と比べても比較的コロナ感染をコントロールできている都市といえます(マルタの人口は約51万人)。

マルタってどんな国?

へえ、コロナでもマルタならすぐに行けるんだ。マルタって最近よく聞くけど、そういえばどんな国だっけ?と思った方もいますよね?

マルタは正式にはマルタ共和国と言って、地図で見るとイタリアのシチリア島の先、地中海にちょこんとある可愛い島国です。日本からはトルコ航空などが就航しており、イスタンブール経由で容易に渡航することができます。EUに加盟している南ヨーロッパの独立国で、東京都23区の半分ぐらいの面積に人口51万人、といういわゆるミニ国家のひとつです。英語が公用語なのと、通貨がEUと同じユーロなので計算がしやすく、日本で現地通貨のユーロに両替してから渡航ができるため留学生にはとても便利です。

どんな気候?冬でも泳げるの?

気になる気候は地中海気候のため一年を通じて温暖です。ただし、ビーチと青い海の写真を見て常夏だと思っている方もいらっしゃるのですが、一応北半球にありますので、冬はちゃんと寒いです。数字上は東京と同じぐらいの気温になるのですが、冬(12月~2月)の最高気温の平均は16~17度ぐらいなのでやはり温暖といえるでしょう。夏は30度を越える日が続きますので、語学学校が終わったらみんなでビーチに泳ぎに行ったり、バーベキューを楽しんだり、おしゃれなレストランで夕食を楽しんだり、思い思いの生活が楽しめます。夏に留学する方はサングラスと帽子と日焼け止めは必需品です!(コロナ状況によっては店のオープン時間には変動があります)

なんと街自体が世界遺産!

首都のヴァレッタ(バレッタ)は、なんと街自体が世界遺産!「この町が建設されるのは1565年のオスマントルコ軍との戦いの経験から、難攻不落の都市となるよう設計され、建設された。完成は1571年。大包囲戦以前から存在した聖エルモ砦を加え、街全体が要塞となっている。(マルタ観光局ホームページより)」

16世紀に建てられた「聖ヨハネ大聖堂」、「騎士団長の宮殿」などの美しい中世の建物は有名な観光スポット。「国立考古学博物館」には未だに多くの謎に包まれている地下神殿ハイポジュームから発見された「マルタのビーナス」も収蔵されています。その他、「国立戦争博物館」「アッパーバラッカガーデン」「マヌエル劇場」など、語学学校の放課後や週末などに訪れたい場所がたくさんあります。

文化的には位置的に色々な国に支配された国なので、アラビア文化、イタリア文化、最後の植民地の宗主国であったイギリス文化の影響が混在してユニークな文化を形成しています。

食事はどんな感じ?

食事は地中海料理で、日本人のイメージだとイタリア料理に近いかもしれません。スーパーマーケットには新鮮な魚介類や野菜が並び、パスタやトマト、バジルやチーズ、オリーズオイルなど日本では少し高めの食材がお手頃価格で手に入るので、学生寮に滞在して共有のキッチンでみんなでワイワイ料理をするのも留学生のみなさんには楽しみになっているそうです。道端にフレッシュな野菜のワゴンが出ている時もあるのでそれも嬉しいですね。

いかがですか? マルタってあまり聞いたことがなかったけど、楽しそうですよね?コロナがない時は音楽祭が開かれるなど、街中にいつも音楽が流れている陽気な地中海の国です。

では、実際に日本からはどうやって行けばいいのでしょうか?

渡航前の準備

マルタへ留学する場合は、日本のパスポートを持っている方は事前にビザを取得する必要がないため、語学学校のお申込みを済ませ、入学許可書を入手したらすぐに出発可能です。

現在は日本を出発する3日前までにPCR検査の陰性証明書を取得して持参することが必要ですが、到着後、自主隔離をする必要がないため、学生寮やホームステイ先に空港から直行し滞在できます。学生寮やホームステイ先は現地の語学学校を通じてアフィニティにて手配可能です。

現地では学校に通ってみよう!

旅行で行くのも楽しいですが、せっかくなので現地の語学学校に申し込んで、現地に住んでみましょう。現在、クラスルームでの対面授業を行っている学校も多いので現地状況は先生だけでなく世界各国からのクラスメートからもゲットできます。学生寮の共同キッチンで一緒に料理をしたり、テレビを見たりしながら、一生の友達ができるかもと思うとワクワクしますね。

お勧め語学学校

マルタのお勧め語学学校を次のページからご紹介していきたいと思います。

この記事に関して興味をお持ちの方は、 ぜひメールまたはお電話でお気軽にお問合せ下さい。

PROFILEカウンセラープロフィール

海外経験11年。ニュージーランドの永住権も所有する福岡オフィスカウンセラー。親切で丁寧なカウンセリングと、英語圏のプログラムに関する情報の豊富さには定評があります。皆様の心のオアシス的存在なカウンセラーです。