【2020年】【社会人向け】キャリアに繋げる専門・スキルアップ留学

こんにちは、アフィニティ大阪のまどかです。

今回は、私も今とても気になっている 就職(帰国後)を見据えた専門留学についてご紹介していきます。

専門・キャリアアップ留学の需要

最近「グローバル化」という言葉をよく耳にします。国や地域を超えての繋がりが主流になりつつある昨今の社会おいて、共通言語の習得は大きなプラス要素となります。特に私たち日本人が国際社会で必要な人材になるためには、ただ英語が話せるというだけではなく、+αで専門性のある知識力や、ビジネスシーンで活用できるスキルが期待されています。近年では、語学習得と専門スキル向上を前提としたキャリアアップ留学や、帰国後の就職を見据えた社会人向けの専門留学が注目を浴びています。

どこで学べる?💭

イギリス、カナダ、アメリカ、オーストラリア、ニュージーランド等、各国にある専門学校・大学等で学んでいただけます。3ヵ月ほどの短期コースから1年以上の長期コースまで幅広く展開しています。コース修了時には、 修了書や資格といった目に見える証明としてスキル持ち帰ることができるのもうれしいポイント。渡航期間や予算に合わせてオリジナル渡航プランを作成すると良いでしょう。

どんなビザが必要?

長期滞在するには必ず事前のビザ申請が必要になります。

最も一般的なのは、学生ビザです。 渡航先で就学する分の滞在許可を事前に申請します。査証時期は移民局や時期によっても異なるので、余裕を持って渡航3ヵ月前には申請すると良いでしょう。

学べる専門分野は様々

じゃあ、実際にはどんなことが学べるの?と気になりますよね。アロマ・・?料理・・?それとも、教授法・・?などなど+αの選択肢は多様にありますが、今回は就職・転職に比較的繋げやすい2つの分野に特化してご紹介したいと思います!

それは、ずばり・・

 Business  

 Hospitality  

 

まず、多くの職種に共通して必要なスキル=ビジネスパーソンとしての知識をつけるには、ビジネス留学がおすすめです。将来的に海外で働きたい、外資系企業に就職したいという夢を持っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。一概にビジネスを学ぶといっても内容は様々。現在関わっている分野、新しく身につけたい知識、将来挑戦してみたいことを照らし合わせ、気になる分野を探してみましょう。

ビジネス枠で受けられるコース例

  • ビジネス全般
  • マーケティング
  • アカウンティング
  • ファイナンス
  • 国際貿易

考えられる就職例

  • 外資系企業
  • 会計士
  • ファイナンシャルプランナー
  • 観光業
  • フライトアテンダント

カウンセラーからのアドバイス

知識を持っていれば、自分の可能性を広げられるのではないか、と私も社会人になって専門・スキルアップ留学に注目するようになりました!ビジネスとは全く無関係な人間ですがいろいろ探っていくとおもしろいです。皆さんもまずは自分の可能性を知るところから始めてみてはいかがですか?

 

そして、もう一つ人気があるのがホスピタリティ分野です!こちらは、特に接客を中心とする職種に繋げていただけるのではないでしょうか。世界中のお客様をおもてなしするには、個々に合わせた対応が求められるもの。ホスピタリティの中でも分野は分かれますが、コミュニケーションスキル、問題解決能などの能力習得は業界で働くなら必要最低限必要です。日本からみた世界、世界から見た日本の接客の概念の違いを肌身で感じることができると、より一歩踏み込んだサービスを提供できるようになるはずです。

ホスピタリティコースで学ぶ内容

  • コミュニケーションスキル
  • 問題解決・提案力
  • マーケティング

考えられる就職例

  • ホテル業界
  • 飲食業界
  • 観光業界
  • 航空業界

カウンセラーからのアドバイス

ホスピタリティ業界を目指されている方は結構多いのではないでしょうか? 様々な国籍の留学生に混じって学ぶことは、それぞれの国民性も理解できるということ!改めて日本のおもてなし精神の素晴らしさに気づく機会になるかもしれません😊

留学を将来にどう活かして良いのかわからない、自分にはどんな選択肢があるのだろう?と一人で悩んでいる方は、ぜひ一度無料カウンセリングへお越しください。全員が留学経験を持つカウンセラーだからこそ、皆さんの悩みに寄り添いアドバイスします。

プログラム参加に必要な英語レベル

専門知識を英語で学ぶとなると、やはりある程度の英語力が求められます。学校やプログラム内容で多少違いはありますが、一般的にIELTS5.0以上(TOEIC600点以上相当)が基準となってきます。レベルに達していない場合は事前に付属の語学学校での語学研修をつけるか、他国でレベルを上げてから入学することをおすすめします。

専門学校と組み合わせ可能な学校例

カナダの国旗

Vancouver International College (VIC)

ニュージーランドの国旗

aspire2

 

その他の国、学校の詳しいプログラム紹介・お見積りをご希望の方は下記よりお問合せください!

ここまで専門・スキルアップ留学についてご紹介してきましたが、先程もお伝えしたように専門プログラムは世界各国で幅広く展開しています。

そもそも自分にはどんな選択肢があるのかわからない・・・もう少し具体的な費用が知りたいという方はぜひ一度、お問合せください。

現状や要望、将来ビジョンをお聞きしながら考えられる選択肢をご提案させていただきます!

この記事を書いた人

鴻池 まどか

大阪オフィススタッフ。幼い頃から母の影響で海外に興味を持ち、高校生でニュージーランド留学、大学ではオーストラリア短期留学の経験者。海外ドラマや映画好き。頼もしいカウンセラーになることを目指して日々奮闘中!

 

この記事に関して興味をお持ちの方は、 ぜひメールまたはお電話でお気軽にお問合せ下さい。

お問い合わせ