【フィリピン×オーストラリア】英語学習と幼児教育ボランティアプログラム

ワーキングホリデーでは、「海外で働く」「語学力を身に付ける」という事の他にも、「国際交流」「資格取得」「ボランティア参加」など、様々な経験を得る事ができます。

ここでは、その中でも人気の高い、海外の【幼児教育ボランティア】プログラムについてご紹介します。

日本と海外では幼児教育の方法や考え方が大きく異なりますが、具体的に教育現場ではどのように幼児教育が進められているのか、、、

それぞれの国の教育現場に触れながら、実際の教育方法を学ぶプログラムです。

「子どもが大好き」「海外の幼児教育について学びたい」「将来は海外で保育士として働いてみたい」という方におすすめです。

プログラム内容

 フィリピン留学(3ヶ月)& 幼児教育ボランティア(2週間)+オーストラリアワーキングホリデー(11ヶ月)2か国留学プログラム!

このプログラムは短期間で英語力を身に付けるフィリピン留学オーストラリアの幼稚園のボランティアをセットにしたプログラムです。

幼稚園のボランティアではスタッフや子供たちとのコミュニケーションは全て英語になりますので、スムーズなコミュニケーションを取る為には、ある程度の英語力が必要です。

そこで、先ずは費用が安く、短期間で英語を伸ばせるフィリピンで必要となる英語力を身に付け、身に付けた英語力を活かして、オーストラリアのボランティアに参加します。

オーストラリアでは現地の幼稚園にボランティアとしてお手伝いに行き、実際の現場で働くことで、現地の幼児教育について学ぶのと同時に実践の場で英語力も伸ばすことが出来ます。

必要なビザ

・オーストラリアワーキングホリデービザ

留学費用例

【フィリピン】
入学金:15,000円
学校費用:435,000円~ ※授業料・滞在費・食費を含む
【オーストラリア】
ボランティア参加費:504ドル(約43,000円)
ホームステイ費用(4週間):1,620ドル(約137,700円)
—————————————————————
合計:約630,700円~

※ZA-Englishの[General Englishコース]、4人部屋滞在の場合
★フィリピンの学校期間はご希望に合わせて、増減する事も可能です。
★ボランティアの期間は受け入れ先の状況によっては、2週間よりも長く参加する事も可能です。

また、英語学習のイメージが強いフィリピン留学ですが、各語学学校では週末を利用してボランティア活動を行っている学校もあり、現地の小学校や孤児院に訪問するプランもあるので、日本やオーストラリアだけでなくフィリピンの教育現場を経験する事もできます。

子どもが好き、留学で経験したことを将来しっかり活かしたい、世界の教育現場を見てみたいという方、是非参加してみてはいかがでしょうか?

この記事に関して興味をお持ちの方は、 ぜひメールまたはお電話でお気軽にお問合せ下さい。

お問い合わせ