もう嫌だ!仕事辞めたい!癒されたい!!オーストラリアで有給インターンシップ

通勤仕事人間関係プライベートを充実させるための自分磨き・・・
毎日毎日頑張って、いったい何のため今ここで疲れ果てているのか分からない・・・

自分ができる努力は最大限したけれども、もうこれ以上頑張ることは辛い・・・
そんな状態になってしまっていませんか?

自分の価値を低く見積もっている訳ではないけれども、このままだと自分を見失ってしまいそうな方はオーストラリアでのキャリアチェンジをお勧めします。
大自然で身も心も癒されながら、英語力のブラッシュアップキャリアアップ(有給インターンシップ)を行うことで、本来の自分を取り戻しませんか?

アフィニティでは、海外経験豊かなカウンセラーが留学キャリアアップのコンサルティングを行っています。
頑張りすぎて疲れてしまった自分が本当に進みたい道を見つけたいという方は、遠慮なくご相談ください。

①オーストラリアで有給ホテルインターンシップ

キャリアチェンジを行うといっても、異国の地でゼロからのスタートというのは不安なものです。
英語力を身に着けつつ確実に働くことができるプランが決まった状態で渡航したい方には「有給ホテルインターンシップ」プログラムをお勧めいたします。

「有給ホテルインターンシップ」プログラムでは、オーストラリアの観光地に位置するホテル・リゾートでホスピタリティ業務の経験をすることができます。
自分で仕事を探す必要がないうえ、しっかりとお給料を貰いながら英語環境で働き、実務知識を身に着けることができるため、キャリアアップに繋がります。

専門学校名:Windsor College(オーストラリア・メルボルン)

  • 英語
  • ビジネス
  • リーダーシップ&マネジメント

に特化したコースを提供している認定専門学校です。
質の高い教育、優れた指導、学習環境と施設が整っています!

英語レベルにより、4週間8週間もしくは12週間のうちいずれかの期間で一般英語コースを受講し、インターンシップ(最大6ヶ月)が始まります。
事前に英語コースを受けることにより、オーストラリアで働く為に必要な英語力と自信が身につき、インターンシップ中はオーストラリア人をはじめ、様々な国籍の同僚やお客様と接することができます!
英語を使う頻度が高いため、自ずと自然な英語力が身につきます。

仕事のタイプ

  • Food・Beverage Attendant (ウェイター/ウェイトレス/バーテンダーなど)
  • Room Attendant (清掃員)
  • Front Desk Agent/Clerk(レセプション/フロント)
  • Kitchen Roles(調理補助)
  • Maintenance Roles (整備士)

参加条件

  • ワーキングホリデービザを取得できること
  • インターンシップ開始時に中級以上の英語力が身についていること
  • 海外旅行保険に加入していること
  • 良好な健康状態であること
  • 明るくポジティブな性格であること

カウンセラーからのアドバイス

こちらの専門学校は、職業紹介所と提携している為、必ず4つ星以上のホテル・リゾートで働くことができます。
英語力やポジションにもよりますが、少なくとも最低賃金以上の時給で給与をもらうことが可能です。

資料請求はこちらより

②オーストラリアで英語力向上+就労経験

上記「有給ホテルインターンシップ」プログラムには、申込条件としてワーキングホリデービザの取得が必要とされていますが、31歳以上ワーキングホリデーに行くことができない人も、海外での就労をあきらめる必要はありません

というのもオーストラリアの場合、学生ビザを取得し、週25レッスン以上のコース3か月以上受講する場合、就労(アルバイト)が認められているからです

学生ビザで働くメリット👍

  • 学費が安い学校を選べば費用を抑えることができる
  • 事前の英語力証明が不要(IELTS受験等が不要)
  • 実務で英語を使うため効率的に英語力が身につく
  • 現地での延長が可能な場合が多い

学生ビザで働くデメリット👎

  • 最低通学期間が決まっている(オーストラリアの場合3ヶ月)
  • 通学期間と同期間のみ就労が認められている (学費を払い続ける必要がある)
  • 週20時間までという就労時間に対する制限がある

学生ビザが発給されなければ就労は認められない為、教育機関として認定されていない格安校や個人塾での就学の場合はアルバイトはできません。
アフィニティでは、留学生の皆さまが安心して就学&就労を行って頂くことができる環境の語学学校をご紹介しています。
リーズナブルな学校のご紹介ご希望の週数に応じたお見積書の作成を承っておりますので、遠慮なくご相談ください。

カウンセラーからのアドバイス

オーストラリアではコーヒー文化が盛んです!
バリスタコースを持っている語学学校や、学校内のカフェでインターンシップ体験をさせてくれる学校もあります。
語学学校で英語+バリスタを学び、現地カフェで働くこともできますよ!

資料請求はこちらより

③遠隔相談サポートをご利用頂いているお客様は全体の半数以上!

アフィニティは東京、大阪、福岡に支店があり、各支店のスタッフはそれぞれに海外での語学留学正規留学(大学卒業)及び海外就労(ワーキングホリデー・インターンシップ)の経験を積んでいます。
数多くのお客様を海外にご案内した経験をいかしお客様の立場に立ってお客様が真に必要とされているサービスをご提供することを心がけています。

英語圏だけでなく非英語圏も取り扱っている関係上、全国各地からお問い合わせを頂きますため、遠隔サポートでの留学案内を得意とする留学会社の一つです。
過去にも一度もお会いすることが無いまま、無事にご出発&ご帰国頂いている方も多くいらっしゃいますので、安心してご相談頂ければと思います。

各オフィスでの連携も取れているため、相談中に留学方法を変えたくなった場合や、国を変えたいという場合には別のスタッフに引き継ぐことも可能です。語学留学にするか正規留学にするか等でお悩みの方も遠慮なくご相談頂ければと思います。

オンライン手配可能な留学&ワーホリ〈近くに留学会社がなくても大丈夫〉アフィニティで留学コンサルティング

カウンセラーからのアドバイス

アフィニティのサポートの詳細については以下のリンクよりダウンロードをお願い致します。
アフィニティ留学参加約款(サポート内容)
☑英語圏、非英語圏によって料金は異なりますが、英語圏は無料からお選び頂くことができるサポートもございます!

資料請求はこちらより

④海外に行くことは逃げじゃない 人生の方向性を見直しただけ

  • 仕事に疲れた
  • 人間関係につかれた
  • このまま無難に生きていくのは嫌だ

そんな理由で仕事を辞めて海外に行くのは逃げのような気がする・・・
その気持ちはわかります。
私もそうでしたし、ご相談頂く多くのお客様にも同じような想いを抱えていた方は多くいらっしゃいました。

「せっかく頑張って内定取れた会社なのに」
「親も親族もこの仕事を喜んでくれているのに」
「上司や先輩にも恵まれているのに」
辞めてしまうことを『逃げ』のように感じてしまうことは、少なからずあるのではないでしょうか?

しかし、あなたという人はこの世に一人しかおらず、他の人と比べることはできません。自分にとっての正解は自分でしか決めることができないのです。

「海外に行くことが逃げである」という答え出す人も入れば、「この現状を甘んじて生き続けることが逃げである」という答えを出す人もいます。
どちらも間違いではないからこそ、自分で選択をした答えが正解でいいと思いませんか?

海外に行くという選択肢は、自分の人生の方向性を見直す方法の一つであり、けっして「楽な道」や「逃げ」「諦め」ではないことを忘れないでください。

カウンセラーからのアドバイス

多くの情報が簡単に手に入る今の時代、語学学校、航空券、保険、宿泊先、仕事先等を自分で見つけて予約をすることが容易に行える印象があるかと思います。
それでもなお留学会社に依頼した方がいいのは、安全に渡航し、目的を達成して帰ってくるために、客観的なアドバイスをくれるコンサルタントがいた方が良いからです。
アフィニティは世界主要国の語学学校と提携しており、学校スタッフとの連絡を頻繁に取っているため、各国の最新情報やビザ申請状況を常にアップデートしています。
お一人お一人のご希望をお伺いしながら、オーダーメイドのプランを作成しておりますので、お気軽にご相談くださいませ。

この記事に関して興味をお持ちの方は、 ぜひメールまたはお電話でお気軽にお問合せ下さい。

留学コンサルティングを依頼