〈2021年秋休学留学〉カナダで専門留学!CO-OPプログラム

1回目の緊急事態宣言から早くも1年が経過しました。
新様式の生活が導入されていく中で新たに大学生活をスタートされたみなさんや、就活を控えた方々の中には、

  • 大学生になったら友達と海外旅行に行きたい
  • 海外留学や海外就労経験を積んでみたい

というように、海外に行くことを目標の一つにされていた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
海外どころか日本国内の移動もはばかられるご時世ではありますが、実はきちんと事前準備を行うことで海外留学を実現させることができるんです。
今回は、大学生の後期留学にお勧めなプランをご紹介させて頂きます。

カナダで実現!専門性の高いCO-OPプログラムとは?

CO-OPプログラムとは、専門学校(カレッジ)で就学後、カレッジ就学期間と同じ、もしくは少ない期間で有給インターンシップができるプログラムです。
(例:前半6ヶ月カレッジで就学+後半6ヶ月有給インターンシップ*カレッジ就学中もアルバイトは可能。)
入学時に一定の英語力を求められるため、あらかじめ日本で事前テストを受講し英語力を証明するか、現地語学学校にて英語力をつけてからプログラムに参加することとなります。

有給のインターンシップはプログラムの一環として扱われるので、学生ビザに付帯されている就労ビザで働くことになります。*渡航前に要ビザ申請。
よって、既に1度カナダのワーキングホリデーで海外就労を経験されている方でもお申込み可能ですし、ワーキングホリデーのように年齢制限もないので、幅広い方が挑戦することができるプログラムになっています。

大学生が休学してまでCO-OPに挑戦するメリット

CO-OPは英語を学ぶだけの語学留学ではなく、英語を使って専門分野を学び、就労経験を積むことができるプログラムです。
カナダのディプロマを取得することができ、海外での就労経験というキャリアを積むことができる為、日本帰国後の就学、就労に大きく役立ちます。
業界内で人脈を広げるチャンスとなりますし、履歴書の質を高める機会でもあるため、大学生には非常にお勧めできるプログラムとなっています。

どのようなスケジュール感で準備が必要?

大学を休学して留学する場合、1年間のプログラムを選ばれる方が多くなります。
せっかく貴重な時間を使って海外に行くわけですから、充実した滞在となるようしっかり準備を進めて参りましょう!
自分の力で情報収集することも大切ですが、それと同時に客観的な視点からアドバイスをもらい自分では気づけなかった選択肢や可能性を見出すことも非常に重要となります。
アフィニティのカウンセラーは今までに数多くの学生の皆様をカナダにお送りしておりますので、安心してご相談ください。

  • 2021年4~5月:カウンセラーに相談、プログラム選び
  • 2021年5~6月:プログラム決定、お申し込み手続き
  • 2021年7月:学生ビザ申請
  • 2021年8~9月:航空券購入、海外留学保険加入
  • ご出発!

専門学校はどんな学校がお勧め?

では実際にCO-OPプログラムを扱う学校には、どのような専門学校があるのでしょうか?
期間が決まっている貴重な海外滞在期間。時間を無駄にすることなく自分に合った就学、就労を行うには学校選びが肝心となってきます。
今回はお勧めの専門学校を3校ご紹介致します。

CICCC

都市

バンクーバー

学べる分野例

Customer Relations Specialist
International Business Management
Hospitality Management 等
*コース詳細はお問い合わせください。

学校リンク

CICCC学校紹介サイト

ILAC

都市

バンクーバー/トロント

学べる分野例

Service Excellence For Business Diploma 等
(その他数多くのコースが取りそろえられており、あらゆる業界で通用するスキルの習得が可能です。詳しくはお問い合わせください。)

学校リンク

ILAC学校紹介サイト

Tamwood

都市

バンクーバー/トロント/ウィスラー

学べる分野例

Business
Hospitality & Tourism
Disital Skills 等
*コース詳細はお問い合わせください。

学校リンク

Tamwood学校紹介サイト

何をどのくらい学んでいくらになる?自分だけのオーダーメイドプラン作成可能!

「カナダで、ディプロマを取得して、実務経験も積んでスキルアップしたい!・・・でも費用はどれくらい?」
というところが大きなポイントになってくるかと思います。
選ぶコースや受講期間によって費用は異なってきますので詳しくはお問い合わせ頂きたいのですが、何にお金が必要なのかをご紹介したいと思います。

CO-OPに必要な費用項目

  • 学費(入学金、コース代金等)*割引があることも!
  • 宿泊費(ホームステイ、学生寮、シェアハウス等)
  • 生活費(食費、交通費、交際費等)
  • 航空券代
  • 海外旅行保険代

ポイント
CO-OPでは上記費用が必要になりますが、専門学校での座学期間中も含めて全滞在期間で働くことができるので、現地でお金を調達することが可能です。人によっては、払った学費以上に稼いで貯金して帰ってきた方も!頑張り次第では費用の負担が小さくなるというのも嬉しいですね。

コロナだからと諦める必要はありません!

「コロナ禍で海外に行くなんて無理。」と諦めないでください。
アフィニティでは現在も安全面に配慮しながら、カナダの専門学校への留学準備をサポートさせて頂いています。世界情勢を鑑みながらご案内させて頂いています。ただし各国の政府の要請によってはスケジュールや計画の変更が必要な場合もございます。必ず予定通りに渡航を保証するものではございませんのでご了承ください。

専門学校での授業についていける英語力が無いと心配される方でも、事前の英語コースのご案内や渡航前のオンラインレッスンのご紹介も行っておりますので、安心してカウンセリング時にご相談くださいね。

就職してからも海外に行くことはもちろん可能ですが、一度社会人として働き始めると“きちんと時間を取ってしっかり学ぶ”ということが難しくなってきます。
「あの時行っておけばよかったな。」という後悔の無いよう、自分にはどのような選択肢や可能性があるのかだけはしっかりと検討しておくことをお勧めします。

みなさまからのお問合せをお待ちしております。

お得なキャンペーン情報はこちらから

この記事の内容に興味をお持ちですか?留学のことなら何でもお気軽にお問合せ下さい。