【年末年始で超短期留学】イギリスで過ごすクリスマスとニューイヤー・元国家公務員のカウンセラー森山おすすめ!!

皆さまこんにちは、まずは私の自己紹介です!!
留学会社アフィニティ福岡オフィスで留学カウンセラーをしている森山@AffinityAikoです。
国家公務員として10年ほど国のお仕事に従事しましたが、海外留学、ワーキングホリデー、海外インターンシップの経験を経て留学カウンセラーとして帰国しました。

森山の自己紹介はこちらより–>https://www.affinity-japan.com/about-us/aiko/
AIKOの留学TVはこちらより–>https://www.affinity-japan.com/moriyama-tv/

2019年上半期突入!年末年始のプランはお決まりですか?

早いもので2019年も下半期に突入。
夏休みのプランを楽しんでいる最中の方も多いと思いますが、ちょっと先のプランもそろそろ考え始めてはいかがでしょうか?
特に年末年始は海外旅行を計画される方も多く、航空券や宿泊費が高くなてしまうことが見込まれます。
早めに計画を始めて損はありません!

\2019年の年末は、9連休になる方が多くなります/

22日23日24日25日26日27日28日
29日30日31日1日2日3日4日
5日6日7日8日9日10日11日

2019年12月27日が仕事納め、2020年1月6日が仕事始め、になる方が多いのではないでしょうか?

普段はなかなか休めない・・・でも留学には興味がある!

学生さんや社会人の方、なかなかまとまった時間が取れず、海外留学なんて夢のまた夢!という方が多いのではないでしょうか?
語学学校は1週間単位で申し込むことができますので、必ずしも中長期滞在する必要はありません。
平日5日間の休暇を取得し、週末に帰国すれば、十分に1週間の留学経験を積むことができます。

たかが1週間、されど1週間。
「1週間連続して休みを取りずらい。」
「みんなが働いている間に1週間休みと取ったら結局休暇中もずっと仕事のことを考えなければならない。」
なかなか留学のために休暇を取りづらい皆さんの気持ちはよくわかります。

では、あえて年末年始利用して留学されてはいかがでしょうか?

イギリスの年末年始はクリスマスホリデーに入る為、会社や学校は2週間程休暇を取得するのが一般的です。
12月は町中がクリスマスムード一色となり、プレゼントを購入する人をあちこちで見かけるようになります。

そんなクリスマスムード漂うイギリスですが、年末年始も留学生の為に授業を提供している語学学校があります。
・クリスマス&年末年始ならまとまった休暇が取れる!
・イギリスで本場のクリスマスを体験してみたい。
・せっかくだから英語も休暇も楽しみたい。
今まで中々留学に踏み切れなかった方も、これを機にぜひ検討してみてはいかがでしょうか?

クリスマスシーズンをイギリス、ロンドンの中心地で過ごすプラン

学校名:Frances Kings School of English

〈年末年始開講期間〉

1週目 2019年12月23日(月)~2019年12月27日(金)*25日と26日は休講
2週目 2019年12月30日(月)~2020年01月03日(金)*1日は休講
1週目のみ、1週目のみ、2週連続受講どれでも対応可能です。

〈学校時間割〉

09:00-11:502レッスン(LanguageDevelopment)
11:55-12:452レッスン(LanguageSkills)

1週目の受講の場合12レッスン、2週目のみの受講の場合は16レッスン受講して頂きます。
午後は、自由に過ごして頂いたり、学校のアクティビティに参加してお過ごしください。

〈授業料〉

第1週のみ£178(授業料)+£78(入学金)=£256 *約35,840円
第2週のみ£297(授業料)+£78(入学金)=£375 *約52,500円
2週間連続£475(授業料)+£78(入学金)=£553 *約77,420円

*£1=140円で換算した場合

上記金額に、往復航空券、海外旅行保険、宿泊費(学生寮)、現地観光費用、飲食代、お土産代等が別途必要となります。

もし多めに休暇がとれるなら、近隣諸国にも行ってみましょう!

せっかく高い航空券を買って海外に行くのであれば、せっかくなのでロンドン観光・近隣都市周遊を楽しんでみてはいかがでしょうか?
イギリスのロンドンは移民が多い大都会の為とても賑わいます。
クリスマスマーケットや、ハイドパークに冬季のみ現れるクリスマスワンダーランドもぜひ見ておきたいところ!

海外に目を向けるのであれば、電車で2時間弱で行けるフランスパリベルギーブリュッセルもおススメです。
余裕のある方は早めに欧州に入り、ドイツ本場のクリスマスマーケットを楽しんでからイギリス留学されてもいいかと思います。

注意:欧州の多くの都市が25日を祝日としているため、公共交通機関やお店が完全に閉まっていることがありますのでお気を付けください。飲食店や、キリスト教ではない多民族文化のお店が空いていたりするので、その時期ならではの楽しみ方を探してみてください。

また、厳かに過ごす25日とは打って変わって、26日のイギリスはBoxing Day(ボクシング・デー)で盛り上がります。
Boxing Dayの起源は諸説あり、宗教的な意味合いから生まれたものですが、現在ではバーゲンセール等が行われ、大いに盛り上がります。

今年の冬はロンドンでいつもと違う年越しをしてみませんか?

年末年始の留学プランにご興味のあります方は遠慮なくご相談ください。

アフィニティのカウンセラーは、全員海外留学経験者です。
日々変わりゆく情勢にもアンテナを張り、定期的な現地視察、海外から学校スタッフを招いてのセミナーも随時開催しております。
現地情報に精通した留学のプロが、オセアニア、北米、欧州、フィリピンまで幅広い留学先をご案内いたしますので、安心してお問い合わせください。

この記事を書いた人

森山 愛子

ニュージーランドでファームステイ、イギリスとカナダにてワーキングホリデー経験有り。 海外生活経験を多くの方に伝えたく、アフィニティの留学カウンセラーという道を選びました。 自身の経験と反省を活かし、学校選びから海外生活のノウハウまでしっかりとご案内していきます!

この記事に関して興味をお持ちの方は、 ぜひメールまたはお電話でお気軽にお問合せ下さい。

お問い合わせ