【魅惑のダンス留学】ロンドンで行う「英語+ポールダンス」

ポールダンスが卑猥なイメージだったのは過去の話!

ヨガやピラティスがフィットネスとして定着してきている傍ら、ポールダンスフィットネスは日本ではまだまだ認知度があまり高くありません。

欧米では、エクササイズとして人気を博しており、たくさんのスタジオが設けられ、コンペティションや資格取得コース等が開校されています。
老若男女問わす受講可能なスタジオも増えており、ポールダンスはとても身近なものになってきているのです。

日本でも、外国人選手を呼んでワークショップを開催したり、各スタジオにて認定書を発行し新しい講師の育成に取り組んではいますが、欧米諸国に比べるとポールダンス市場が賑わっているとはいえません。
メディアに取り上げられてもなお、「ポールダンス」というものがどこか物珍しく思われる風潮は日本ならではです。

技術習得には厳しい環境でありながらも日本でのポールダンス習得に励んでいる方ポールダンスを今から学んでみたい方のために、イギリスのロンドンで行う、ダンス留学「英語+ポールダンス」をご紹介いたします。

ダンス留学「英語+ポールダンス」とは

「英語+ポールダンス」プログラムでは、

  • 平日午前中:語学学校にて英語レッスンを受講(月~金)
  • ・平日の夜及び週末の午後:ダンスの選択レッスンを受講(受講回数はご希望に応じます)

ロンドン滞在期間中は、語学学校の学生寮かホームステイ先に滞在して頂くことが可能ですので、ご自身で宿泊先を確保する手間もはぶけます。

費用例① 集中1ヶ月コース(ポールダンス週2回×4週間)

英語レッスンとダンスレッスンを効率よく受講し、短期で実力を付けたい方にお勧めのプランです。

一般英語英語20レッスン×4週間
+
ポールダンスレッスン×8回
+
学生寮×4週間

語学学校代    約150,000円
ダンスレッスン代  約20,000円
学生寮滞在費   約120,000円
航空券代(往復) 約150,000円
海外旅行保険代  約30,000円


計       約470,000円

※1 上記概算費用と別に、お土産代、交遊費、交通費等がかかります。
※2 航空券については時期によって金額が変動します。
※3 保険については加入プランに応じて金額が変動します。

費用例② 超短期1週間ポール漬け(ポールダンス週4回+個人レッスン)

長期で休暇が取れない方、ある程度ポールダンススキルがある方にお勧めするプランです。

一般英語英語20レッスン×1週間
+
ポールダンスレッスン×4回+個人レッスン1回
+
ホームステイ×1週間

語学学校代      約50,000円
ダンスレッスン代   約20,000円
学生寮滞在費     約38,000円
航空券代(往復) 約150,000円
海外旅行保険代    約10,000円


計        約268,000円

※1 上記概算費用と別に、お土産代、交遊費、交通費等がかかります。
※2 航空券については時期によって金額が変動します。
※3 保険については加入プランに応じて金額が変動します。

費用例③ 英語もダンスも基礎から確実に!3ヶ月プラン

一般英語英語20レッスン×12週間
+
ポールダンス スタティック×4回
+
ポールダンス スピニング×4回
+
エキゾチックポールダンス×4回
+
学生寮×12週間

語学学校代    約380,000円
ダンスレッスン代   約30,000円
学生寮滞在費   約350,000円
航空券代(往復) 約150,000円
海外旅行保険代    約60,000円


計        約970,000円

※1 上記概算費用と別に、お土産代、交遊費、交通費等がかかります。
※2 航空券については時期によって金額が変動します。
※3 保険については加入プランに応じて金額が変動します。

組合せ自由!オーダーメイドのポールダンス留学プランをご提供します!

英語力、ポールダンス経験年数に応じて、受講クラスのアレンジは可能です。
ロンドンという国際的な環境において「住む」経験をし、ダンススタジオでは同じ志を持つ者同士で有意義な時間を過ごすことができます。

ポールダンスは、言語を介さずとも感動を共有することができる芸術スポーツです。
しかし、プロレベルに近づくに伴い、国際選手との交流や海外大会において英語力が求められる場面があります。
他国の選手も英語で意思疎通を図ることが多く、ワークショップも英語で行われることが多いのです。

ダンスだけではなく、基礎英語を身につけることで、ダンサーとしてのブラッシュアップを行ってみてはいかがでしょうか?

カウンセラーからのアドバイス

ダンス留学を行うにあたって問題となるのは、いいスタジオの選別滞在方法英語力ビザの期間ではないでしょうか?
留学となると就労ができなくなるため、できるだけ費用を抑えて、自分の実力にみあったレベルのレッスンを効率的に受けることが需要です。
費用面のアドバイスも行って参りますので、お気軽にお問い合わせください。

この記事を書いた人

森山 愛子

ニュージーランドでファームステイ、イギリスとカナダにてワーキングホリデー経験有り。 海外生活経験を多くの方に伝えたく、アフィニティの留学カウンセラーという道を選びました。 自身の経験と反省を活かし、学校選びから海外生活のノウハウまでしっかりとご案内していきます!

[/moriyaa]

この記事に関して興味をお持ちの方は、 ぜひメールまたはお電話でお気軽にお問合せ下さい。

お問い合わせ