【高校3年生必見】日本の大学と海外の大学を併願する高校生急増中!

アフィニティの海外大学進学・留学

①日本の大学と海外の大学併願が可能
日本の大学の併願ではなく、日本の大学と海外の大学の併願受験する高校生が急増中です。「日本の大学と海外の大学を迷っている」という方、「海外の大学に興味があるのだけど、本当に合格するのか不安だ」という方なども、まずは併願し、合否結果後に最終大学を決定することができます。
例えば、アメリカの大学の出願料は1校につき$30~$150と国内大学より安価であり、またアメリカの大学では入学金はありません。

②返済不要の奨学金制度(学費一部免除)
アメリカやイギリスの大学では返済不要の奨学金制度があり、学費一部免除されます。大学によって奨学金は異なりますが、$500~$10,000獲得チャンスがあり、思ったより学費が高くないということもあります。また国によって教育制度の違いがあるので、教育制度を知ることで進路の選択肢が増えるかもしれません。下記のアメリカとイギリスの大学進学のポイントをご確認ください!

③グローバルキャリアサポート
海外大学卒業後の就職を見据えて、経験豊富な専門アドバイザーが海外大学進学から卒業後の大学進学から卒業後の就職をトータルサポートします。特に海外大学進学の場合は、卒業後の就職が不安に感じているのではないでしょうか。アフィニティでは留学前に知っておくべきことを含めセミナーを実施しています。就活に結びつけられるようにしておけば、不安なことはないはずです。

アメリカの大学進学のポイント

「個性の才能を発見し、それをいかに伸ばすかを重要視」
アメリカの大学は自分の目的や実力、個性に最も適した留学先パターン(高校卒業後に2年制大学、4年制大学、専門学校へ)を見つけ出すことが可能です。
①学費を抑えたい
アメリカの2年制大学から4年制大学へ編入すれば、最初の2年は2年制大学の学費で、直接4年制大学に進学するよりも学費は抑えられます。

②英語に自信がない
アメリカの4年制大学に比べて2年制大学の入学条件は緩和されているため、選択肢があります。また、2年制大学で優秀な成績を修めれば、アメリカのトップ大学への編入を目指すことができます。

アメリカ大学進学の詳細はこちら>>>

イギリスの大学進学のポイント

「世界トップ200位に入る大学に進学できるチャンス」
イギリスの大学は3年制であるため、留学生が十分に進学準備を進めて大学へ進学していくことが可能です。
①ファンデーションコース(大学進学コース)は日本で学んだ学生は有益
イギリスの大学は専門分野の授業を受けることになるため、日本の大学にある教養課程というものがありません。そのため、高校卒業後にファンデーションコースを受け、大学に入学することができます。ファンデーションコースでは英語のスタディスキルや専攻分野の基礎知識を習得します。

②最短で大学3年で卒業可能
英語レベルと高校の成績次第で、大学の1年目に相当するInternational Year oneを受けることができ、大学を3年で卒業することができます。日本の大学のように教養課程を受ける必要はなく、専門分野に特化した授業を受けることができます。

グローバルエリート奨学金・進学サポートを実施中!

3名のプロフェッショナルがあなたを専属サポート海外名門大学に100%合格を目指します。

グローバルエリート留学サポートメンバー様限定
グローバル意識を高める3つの特典!
①Global ACEプロジェクト(厚生労働省)」の中心メンバーとして
②活躍された本橋氏をお招きしてのグローバルキャリアセミナー海外大学卒業者、名門大学卒業者との座談会(ティーパーティー)
③留学希望者や日本在住の外国人との懇親会

留学前の準備(自己分析、留学目標の明確化、アカデミック英語学習、学校選び、出願サポート)から留学中のサポート、海外大学卒業後のキャリア支援まで、実質0円での充実の海外進学サポートが実現!

グローバルエリート奨学金・進学サポートの詳細はこちら>>>

 

この記事に関して興味をお持ちの方は、 ぜひメールまたはお電話でお気軽にお問合せ下さい。

お問い合わせ