アメリカ大学進学 ◆フライトアテンダントを目指す!留学◆

昔も今も変わらず、女性の憧れの職業であるフライトアテンダント
フライトアテンドになるには様々な方法がありますが、今回はアメリカの大学に進学する方法をご紹介します

アメリカの大学進学のメリット

英語力が身につく
コミュニケーション力が身につく
大学で知識やスキルを習得するだけではなく、 「自分で考え、表現し、判断する」力を養える

フライトアテンダントを目指すオススメ専攻(学部)

●Business Administration(ビジネス全般の基礎が学べる)
●Travel and Tourism Management(ビジネスが基本で接客を含め観光業界のことが学べる)
●Hospitality Management(ビジネスが基本で接客全般のことが学べる)

Travel and Tourism ManagementやHospitality Managementの学部では、インターンシップの時間も含まれているので、実際に観光業界やホテル&レストラン業界、航空業界で接客などの仕事の経験をしなければなりません。座学だけでなく、実践もあるので知識とスキルの両方を習得できるので安心です。フライトアテンダントの採用条件に特に指定の専攻(学部)はないため、ビジネス分野の学部を専攻しておくとよいでしょう。

外資系の航空会社を目指す場合は?

外資系の航空会社では英文の履歴書(レジュメ)の提出が求められます。「レジュメの書き方がわからない」や「レジュメにどのように自己アピールしたらいいのかわからない」と悩んでしまいがちですが、アメリカの大学に進学すると英語はもちろん、自己アピールも自分で考えられレジュメを作成できるようになります。アメリカの大学によっては就職に関するする授業があり、レジュメの書き方を習うことができます。また、外資系の航空会社によっては面接だけでなく、グループディスカッションの審査があります。アメリカの大学では授業でグループディスカッションやプレゼンテーションが頻繁にありますので、就活のときに慌てる必要はありません。

アフィニティではご希望の職種(専攻)や地域に合わせたアメリカの大学をご紹介しますので、お気軽にお問い合わせください!

詳しいアメリカ大学進学つきましては下記より

アメリカ大学進学

この記事に関して興味をお持ちの方は、 ぜひメールまたはお電話でお気軽にお問合せ下さい。

お問い合わせ