【体験談】アラサーカナダワーホリ!ギリホリに全力で挑んだ1年間!

アラサー留学!大人の楽しみ方!

お名前 A.Iさん
留学先 カナダ(カルガリー)
学校 シュプラッハカフェ
期間 1年間(ワーホリ)

学校/コースについて

学校名: シュプラッハカフェ/ジオス

コース名: General English(一般英語)

学校情報:https://affinity-canada.jp/program/schoollists/calgary/sc-calgary/

通学中に体験した大変だったことは何ですか?

日本でもかなりの方向音痴な私が、カルガリー到着後ホームステイの家から学校まで約45分の道のりを無事に到着できるか不安でした。日本を経つ前は担当カウンセラーさんとグーグルマップで確認をし、ホストマザーにも細かく地図を書いてもらいましたが…やはり迷いました。笑 でもカナダ人はとても親切で、私が地図を見ていると何人も声を掛けてくれ、一緒に道を探してくれました。最初の頃は、道に慣れること・覚えることが本当に大変でした。

また、社会人として何年も働いていたので、“勉強をすること”に慣れていなくて、長時間勉強をすることに最初は本当に本当に苦労しました。飽きてしまうので。笑 しかし、だんだん慣れてくると英語を学ぶ事が楽しくなってきて、3ヶ月間だけの学校でしたのであっという間に終わってしまいました!

ワーホリ中(学校に通っている時)の1日の流れを教えてください!

AM 7:00 起床&準備 朝食はコーヒーとフルーツかパンが多かったです。
AM 8:00 出発 バスと電車を使って登校
AM 9:00 授業開始 開始少し前に到着するのでクラスメイトと昨日の出来事など雑談(最初はこの雑談が苦痛でした。英語ができないので)
正午 ランチタイム 私はホームステイのランチ付きプランではなく、朝ご飯と夕ご飯だけのプランだったので、お昼ご飯はカフェでサンドイッチとコーヒーや、スーパーで買ったサラダなどをクラスで友達と食べていました。
PM 2:00 授業終了 基本的に会話を学ぶ授業内容だったので、初級クラスの頃は午後はゲームを使った学習などもありました。
PM 2:30 自習タイム 学校のラウンジで友達と宿題をしていました。分からないところがあったら友達と相談をして宿題を進めることができました。学校の近くのカフェで勉強することもありました。カナダのカフェは、FREE WIFIが多くあるのでインターネットも使えて便利でした。
PM 4:00頃 アクティビティ参加 毎回ではないですが、学校のアクティビティに積極的に参加していました。アクティビティでは、自分のクラス外の人とも友達になることができ、交友関係が広がりました。最初は同じ日に入学した友達や、クラスメイトと一緒に参加申込みをしていましたが、2ヶ月目くらいからは校内に友達も増えてきたので1人でも申込みができました。Barに行ったり、週末はロッキー山脈に行ったり楽しかったです。
PM 8:00頃 帰宅 外食をしない日はホストファミリーと夕食を食べました。私のファミリーはフィリピン人でした。最初はタイ米が食べられず苦しみましたが、これまた不思議なことでだんだん食べられる様になったのです。少し脂っこい食べ物が多かったですが、それにも慣れている自分が少し怖かったです。笑 夕食後はホストファミリーとリビングで話をしたり、自分の部屋でゆっくりしたりと、けっこう気楽に過ごすことができました。私のホストファミリーは当たりだったと思います。
AM 0:00頃 就寝 シャワーを浴びたり、宿題の残りをしたりしてだいたい0時までには寝ていました。私のホストファミリーは一軒家に住んでいたため、週末にはホストファザーが大きなタンクをトラックに乗せて水を買いに行っていました。そのため、かなり節水には厳しかったです。シャワーの時間も気を使いましたが、カナダではそれが当たり前だということを知りました。

ワーホリ中どんなアルバイトをしましたか?

最初はジャパレススタートです。英語が全くできなかったので、とにかく収入のために働きました。ジャパレスといっても、カルガリーという土地柄か、結構カナディアンのお客さんばかりで英語を使う機会がすごく多くて最初は大変でした。その後は掛け持ちでカフェでも働くことができました。カフェの仕事では、オーダーをもらってコーヒーを淹れて、商品名を叫んでお客様が取りに来てくれるのできれいな発音をしなければお客様が取りに来てくれず、本当に本当に大変でした。最初は誰も来てくれなかったので、落ち込みまくりました。ただの「カフェラテ」でも発音が本当に大変で…でもとっても勉強になりました!カナダはチップ社会なので、とにかくジャパレスでは愛想を振りまきました。笑 カルガリーの人たちはとても親切で、英語ができない私にも優しく接してくれました。その優しさがうれしくもあり、自分の未熟さに悔しくもなり、日本では経験できない貴重な経験でした。

休みの日の過ごし方を教えてください!

とにかく出かけました!担当カウンセラーさんにアドバイス頂いて国際運転免許証を持ってきていたので、レンタカーをしてドラムヘラーやロッキー山脈など色々観光ができました。もちろん学校のアクティビティにも参加しました。色々なBARにも飲みに行きました。同世代の友達もありがたいことにできていたので、一緒にBAR巡りができました。カナダでは生ビールのことを“パイント”と言っていたり、オリジナルカクテルなどあってすごく楽しかったです。BARはオープン時間らへんはハッピーアワーで安く飲めたりするので、ハッピーアワーを狙って行っていました!アラサーらしく、少しリッチな気分を味わって飲みに行くことができとても充実していました。

友達はすぐできましたか?

想像よりすぐにできました!学校初日のレベルチェックテストとオリエンテーションでもできましたし、クラスでもできました。しかし、言葉の壁は大きかったです。自分から積極的に声を掛けるようにしました。校内で会ったら「Hi!」と声を掛けたり、日本では想像ができない行動力だったと思います。笑 学校のアクティビティでは先生達がうまーく生徒同士をつなげてくれたりしたので心強かったです。

留学(ワーキングホリデー)を決意したきっかけを教えてください

今回決意するまでに、かなり悩みました。私は29歳で出発したのでギリホリでした。日本では派遣社員として事務の仕事をしていたのですが、漠然と留学を数年前から考えていました。でもなかなか一歩が踏み出せなかったのですが、友達のfacebookを見てその子がワーホリをすると書いてあって…すぐにその子に連絡をしてアフィニティさんを教えてもらいました。それから話を聞きに行って、留学相談というより人生相談みたいになり、最終的には今しかないと思い決意しました。派遣社員で働いている自分にどこか物足りなさを感じていたところもあり、30歳を目前にすごく不安でした。ワーホリを決意した後も日本に帰ってきた後のことを考えて不安になったりもしましたが、「なんとかなるか」と最終的には思い、楽しんでこようと思って出発しました。

留学(ワーキングホリデー)をして良かったですか?

はい!断言できます!日本に帰ってきたら友達が婚約をしていたりと、少し寂しいというか焦ることもありましたが…笑 この1年間で辛い事も楽しい事も経験し、本当に充実していました!

日本で準備した資金はいくらでしたか?

100万円くらいです!カナダ到着後はすぐに仕事ができる様に担当カウンセラーさんと相談をしていましたので、かなり到着後は頑張りました。働き始めたら、現地での収入だけで生活ができる様になっていました。そんなに貧乏生活でもなく、楽しめていました。

留学生へのアドバイス/どんな留学を勧めますか?

迷ったらとにかく行動してみてください。私は29歳でやっとワーホリを決意しましたが、もっと若かったらな、と思うこともありました。カナダでは、カナダワーホリ前にオーストラリアワーホリを経験している人などもたくさんいて、私も他の国のワーホリもやってみたかったと少し思いました。また、待っていても伝わらないので、しっかり自分の意見を伝えることも大切です。自分の意見がないことが1番辛いと思うので。とにかく色んな人に相談してみると良いと思います!

アフィニティに一言お願いします!

不安でしょうがなかった私に何度もアドバイスをくださりありがとうございます。出発前に、ホームステイの現実や海外で生活することの心構えを教えてもらっていたので、カナダでも楽しく生活を送ることができました。美味しいレストラン情報などもありがたかったです!時には厳しく指導してくれたことも忘れません!ありがとうございました!

カナダ留学体験談一覧

https://www.affinity-japan.com/blog/experience/ex_canada/

関連ページ

【重要】2018年12月31日以降にカナダワーホリビザor学生ビザを取得する方へ

30歳からの大人の留学

カナダ関連ページ

カナダ留学の特徴とポイント

カルガリー