フランス語を海外留学で学ぶ

フランス語はどこで学べるの?

フランス国内はもとより、スイスやベルギーのフランス語圏やカナダのケベック州でもフランス語を習得することが可能です。フランスでフランス語を学ぶことのメリットは、やはり一番スタンダードな訛りのないフランス語を学べること、そしてフランスの文化も実際に体験できる点でしょう。

フランス語の検定試験

フランス語の検定試験として日本で一番知られているのはフランス語検定、通称”仏検”。ただし、仏検は日本以外の国では全く知られていないので、フランス現地に行くのであれば、DELF/DALFやTCFの受験をお勧めします。DELF/DALFはA1からC2までのレベルを各自受験し合否判定する方法、TCFは各自のレベル関係なく受験をし、獲得スコアからレベルを判定します。
フランス語の試験について詳細はこちらをご覧ください。

フランスの大学付属校と私立の語学学校の違い

大学付属の語学学校は、入学の申し込みに本人が行かなければならないことや、申し込みの日時が指定された年に数回のみであることが多いことが特徴です。私立の語学学校場合は、学校やコース、フランス語のレベルにもよりますが、毎週入学可能な学校が多く、フレキシブルに入学日を決められます。
授業料に関しては、実は大学付属と私立でそこまで大きな違いがないこともしばしば。授業の質、クラスの人数や学校の形態、また学校が地方にあるか、パリにあるかによって大きく異なります。少人数制になればなるほど授業料は高くなりますし、授業時間数が少ないほど授業料は安くなるのは当然です。
私立の語学学校でも、3カ月以上の学期制をとっている学校などでは公立よりむしろ学費が安いこともあります。また私立の語学学校の場合、住居手配サポートや、学校施設が充実していることが多く、フランスでの生活やフランス語になれていない人にも安心して勉強に集中できる環境があると言えるでしょう。

大学付属の語学学校か私立かを選択する際、何を重点に学習したいかを考慮することも大切です。もちろん学校によっても異なりますが、文法や文学的なフランス語を学びたいのでしたら大学付属の語学学校、会話や実践的なフランス語を学ぶのでしたら私立で学ぶ方が効率よく学べることが多いようです。それぞれの語学学校の強みを知り、自分の目的に合った語学学校を選びましょう。

フランス語を学べる国をもっと知りたい!

フランス留学の専用サイトはこちらから

アフィニティのフランス留学サイト

お問い合わせはこちらから

留学希望の国 *
複数選択可
イギリスフランスドイツカナダイタリアアメリカアイルランドニュージーランドオーストラリアその他の国
お名前 *
メールアドレス *
電話番号 *
ご希望の連絡方法 *
Skype電話メール来社
来社の場合のオフィス
東京大阪福岡
ご相談内容 *
「個人情報の取り扱い」に同意する同意する

*必須項目