09 ロンドンのシェアハウス、家賃と家の探し方

ロンドンのシェアハウス、家賃と家の探し方

次に家探しについて教えて下さい。Student Houseの後はどんな滞在方法を選択されたんですか?

 

私はStudent Houseに滞在した後、シェアハウスで生活していました。

 

イギリスですとシェアハウスでの生活が一般的ですよね。森山さんは、どの様に家探しをされたんですか?

 

私も含め、多くの日本人がMixBを利用して家探しをしていました。イギリス人やローカルの人と暮したい人の中には、SpareRoomを利用している人もいました。語学留学に通う学生さんですと、学生の間だけで口コミだけでまわっている、MixBには掲載されない条件が良い優良物件などもありました。これだけでも、語学学校に通うメリットになるかと思います。

 

MixBやSpareRoomは有名ですが、学生ネットワークでまわっている物件もあるんですね。

ちなみに、これからイギリスで家探しをする方に何かアドバイスや注意点ってありますか?

 

そうですね。必ず物件を見てから決めてください。最低でも家探しに2週間以上はあった方がよいと思います。実際に物件を見に行って、どんな人が住んでいるのか、夜の家の周りの雰囲気はどうか、家賃の支払い方について、きちんと契約書は書いてくれるのかなど、大家さんと直接話しをして、ご自身で確認されることが大切ですね。大家さんとの相性も大切です。また、イギリスは移民の国でもあるので、様々な食文化や背景、宗教の方が暮しているので、日本では気にしない事にも気を配る必要がありますね。あと、できれば家の見学は学校でできた友人と一緒にとか、2人以上で行くようにすると、より安心ですよね。

 

確かに、その通りですね。最近は家探しに不安を感じる人がいるためか、日系の不動産なども多いようですね。日本語で捜せるのは安心ですね。とは言え、きちんと自分の希望に合った物件を時間に余裕をもって探すっことが大切ですね。

ロンドンの家賃はどうでしたか?いくら位かかるものでしょうか?

 

そうですね。一般的には月500ポンド(約75,000円※1ポンド=150円の場合)程度を考えるとよいと思います。ロンドンの中心部で500ポンドですと少し狭いお部屋にはなりますが、十分だと思います。少し郊外でしたら同じ500ポンドでも広いお部屋に暮す事ができると思います。うるさい、狭いなど条件を下げればロンドン中心部でも400ポンド程度の物件もありますが、やはり月500ポンドくらいの家賃を一つの目安に考えるとよいと思います。

 

確かに、ロンドンはイギリスの他都市と比べても交通費が高いので、家賃と交通費のバランスを考えて家を探されると良いかもしれませんね。ちなみに、ロンドンのスーパーの値段は、東京のスーパーと同じか少し安い位ですので、自炊で月3万円程度と考えれば一ヶ月の大よその生活費が計算できそうですね。

 


次回は、

10 イギリス・ロンドンの治安・生活の中の注意点

 

についてご紹介いたします。お楽しみに!

アフィニティ・スタッフ森山さんのイギリス留学日記

Contents 目次:

00 イギリスワーホリのキッカケと自己紹介

01スマートフォインの契約方法・携帯事情

02 銀行口座の開設について

03 語学学校・学校の選び方について

04 学校生活、お友達の作り方とランチ事情

05 滞在先・外国人との共同生活について

06 ロンドン生活の楽しみ方と暮らし

07 アルバイト・仕事、お金の話

08 アルバイト、仕事の探し方

09 ロンドンのシェアハウス、家賃と家の探し方

10 イギリス・ロンドンの治安、生活の中の注意点

11 イギリス留学・ワーホリの醍醐味!格安ヨーロッパ旅行

12 最後に、イギリスワーホリ経験者からのアドバイス!


この記事に関して興味をお持ちの方は、 ぜひメールまたはお電話でお気軽にお問合せ下さい。

お問い合わせ