【完全版】「お金がない。でも留学をしたい人」が留学を実現する7つの方法

「留学をしたいけど、お金がない」「今の仕事からキャリアチェンジのための留学がしたい。けど貯金はない。」

「一度きりの人生、留学をして可能性を広げたい。けどこれからお金を貯めないと・・・」

「今の貯金で行ける予算の1ヶ月間の留学だと旅行と変わらないし、しっかり1年間くらいは海外で生活しながら勉強をしたい」

この様なご相談をたくさん頂きます。実は、、、私も同じ悩みを持っていました。「留学したい!でもまとまったお金がないし、勇気も出ないし…」と、海外に、留学に興味を持ってから10年以上経ってやっと決意ができたという過去があります。実際に今、留学カウンセラーとしてみなさまのご相談を承っていると、私と同じように「お金のことがネックになって」留学ができない方が多いことを知りました!!

貯金もない。勇気もない。

そんな私が留学を実現できたことには理由があります。「お金がない。でも留学をしたい人」が留学をする7つの方法についてまとめてみました!

① 現地で働いて収入を得るべし!

ワーキングホリデーか、学生ビザでもアルバイトができる国への留学を!

ワーキングホリデーが可能なオススメ国

英語圏

国名 年間ビザ発給数 ポイント
カナダ 6500名 治安が良く、住みやすい国ランキングに常に上位ランクイン!移民が多く、留学生も生活がしやすい環境です。
オーストラリア 制限なし 海が好きな方、サーフィンが好きな方に特に人気の留学先です!チップ制ではないですが、時給が高いことも人気の秘訣です。
ニュージーランド 制限無し 自然が多く、カナダ同様治安の良さも人気の秘訣の国です!大自然の中で生活をしたい方に特にオススメです。
イギリス 1000名 年に2回ある抽選の倍率が高く、かなり狭き門ですが当選し無事にビザをGETすると2年間滞在する人気国です!日本人も他国に比べ少ないこともポイントです!
アイルランド 400名 ヨーロッパの中でも治安の良い国と言われています。緑あり!パブあり!アットホームな環境で生活ができる最近人気急上昇中の国です。

非英語圏

国名 年間ビザ発給数 ポイント
フランス 1500名 美味しいご飯。美味しいお酒。素敵な風景が好きな方にオススメな国です!
ドイツ 制限なし 学費が安いことでも有名なドイツ!お城好きにもたまらない留学先です!近隣国へもLCCを利用して安く旅行できます。

② チップがある国を留学先に選ぶべし!

お給料の他にチップをもらえる国が狙い目!接客業(レストランやホテル、美容室など)がオススメです!私はバーテンダーをしていましたが、毎週$100以上チップをもらっていました。サーバー(ウェイトレス・ウェイター)の場合、テーブル担当制のお店では、1日で$100くらいチップがもらえる勤務先もあり、稼げます!

より詳しいチップの稼ぎ方は。。。お問合せください♪♪

チップで稼げる国オスス国

カナダ *15%~20%のチップを払うことがマナーです!

 

国別比較!時給が一番高い国は?

最低時給が一番高い国ってどこかご存じですか?
今日は時給が高い国ベスト10を紹介したいと思います。
ワーホリで人気のあの国は何位にランキングするのでしょうか?

国別比較!時給が一番高い国は?

③ 留学生が少ない都市を選ぶべし!

留学生が多い都市ですと、お客様も留学生ということが多いです。そうするとチップのパーセンテージは低くなります。

しかし!留学生が少ない都市でお仕事をすると、「英語が話せない留学生」ということがむしろ強みになったりもします!親切で優しいその国の人たちが、「頑張ってるわね」と言ってチップを弾んでくれることも少なくありません!

④ 留学会社はしっかりと選ぶべし!

留学会社と言っても、タイプは様々です。手数料無料の会社~高い手数料がかかる会社まで、色々なタイプの留学会社が存在します。私がワーホリを決意したときに問合せた留学会社は、年間のサポート費が30万円と電話で言っていました。。。「それは困る!高いじゃないか!」と留学会社に頼ることを止めました。結果、出発後に現地で苦労に苦労を重ねた訳ですが・・・

英語圏の留学の場合、手数料無料の会社もありますのでそういった会社を選ぶことで、その分の費用を抑えることができます!アフィニティはもちろん英語圏手数料無料です♪

⑤ 航空券は早めに確保すべし!

航空券は、同じエコノミークラスでもランクわけがされています。安いランクから席は埋まってしまいますので、渡航日が決まったら早めに航空券を確保しましょう!

アフィニティトラベルでは、留学生用の割引航空券などもご案内しておりますので、お気軽にご相談ください!

⑥ 早割り・奨学金・キャンペーン割引を最大限利用すべし!

多くの学校は、毎年値上がりします。例えば、2018年度2019年の学費を比べてみても10%くらい値上げの傾向です。しかし、2019年の留学の場合でも2018年の期日内に学校申込みをすることで値上げ前の2018年料金でお申込をすることが可能になります。

また、各学校定期的にキャンペーン割引などを行っていることがありますので、こちらも利用すべきです!

専門エージェント専用の奨学金などもありますので、お気軽にご相談くださいね。

弊社の早割キャンペーンもございます。

長期留学、休学留学をお考えの方には嬉しいプランです。ぜひお見逃しなくご活用ください。

2019年でも有効!早割でお得にドイツ留学しませんか?

⑦ 住み込みの仕事を探すべし!

現地で最大の節約方法。それは住み込みの仕事に就くこと。例えばよくある勤務先がホテルです。リゾート地でのホテル就労は、住み込みかホテル側が安い滞在先を紹介してくれるので、かなり生活費を抑えることができます。

 

多くの方は、ワーホリ中に貯金をして2ヵ国目のワーホリ費用にする方も!!

私自身、所持金10万円でワーホリ渡航をしました。しかも、決意して3ヵ月後には日本にいなかったという奇跡です。10年以上悩んで悩んでやっとこさ実現した留学・ワーキングホリデー。お金がなくてもできるということを証明した1年間でした♪

詳しくお聞きになりたい方は、お気軽にご相談くださいね!

この記事に関して興味をお持ちの方は、 ぜひメールまたはお電話でお気軽にお問合せ下さい。

お問い合わせ