2021年夏にイギリス留学は可能?日本人は入国後の隔離が必要?不要?

2021年の夏休みに留学できる国はあるの?

入国にあたり、学生ビザ申請等は必須?

日本人は入国後の隔離が必要?不要?

など、詳しい情報を知りたいというご相談が5月から多かったので、今回はイギリスの留学事情についてご紹介したいと思います。

ワクチン接種が進むイギリスでは、多くの語学学校、高校が既に対面授業も再開し、留学生の受入れを再開しています。

日本人はイギリス入国後に隔離が必要?不要?という点については、現状は10日間の隔離が必要な状況です。

一方で、イギリス入国後の隔離期間も免除される国々もあり、イスラエル、ポルトガルなど12ヵ国からの入国は隔離が免除されています。

次回、6月21日にイギリス政府よりこの隔離免除国のリストがアップデートされますので、その時に日本がリストアップされるか、非常に注目されるところです。

備考:イギリス入国規制 各国をレッド・アンバー・ブルーの3色に分類してそれぞれの入国時にルールを規制。過去10日間に滞在またはトランジットした国でルールが厳しい方の規制が適用されます。現在、日本はアンバーになっております。6月21日に日本がブルーに分類される事を期待したいところです。

レッド国:

【入国前にする事】コロナ陰性証明、到着後用2回のPCRテスト購入、乗客追跡フォームの入力

【入国後にする事】政府指定ホテルにて10日間自己隔離(自費)、2日後、8日後にPCRテスト実施(到着日は0日とカウント)

アンバー国:

【入国前にする事】コロナ陰性証明、到着後用2回のPCRテスト購入、乗客追跡フォームの記入

【入国後にする事】10日間の自己隔離、2日後、8日後にPCRテスト実施(到着日は0日とカウント)、任意で5日後のPCRテストを実施して自主隔離早期終了も可能、ただし8日目のPCRテストも実施は必要。

ブルー国:

【入国前にする事】コロナ陰性証明、到着後用1回のPCRテストの購入、乗客追跡フォームの記入

【入国後にする事】隔離なし、2日後のPCRテストの実施

こういった状況も踏まえて、アフィニティではイギリスの提携学校と下記の様な特典をご提案させて頂いています。

イギリス・ボーンマス:Kings Education ボーンマス校

イギリス南部のリゾート地にあるKings Educationボーンマス校は16歳~入居できる寮、ホームステイ滞在など、高校生の受入れ体制も整っていますので、コロナ禍でも安心して留学して頂けます。

2021年夏に4週間の語学留学を計画中の生徒さん ⇒ 渡航時期に自己隔離が必要な場合には、約2週間(10日間)の滞在費とその間のオンライン授業を無償で提供させて頂きます。

滞在期間は6週間になってしまいますが、費用が高額になるのでは?という心配は少なくとも軽減して安心してイギリス留学の渡航準備を進めて頂ければと思います。

また、2021年夏に留学したい!ただ、2週間、3週間しか期間が確保できない、という方は教師宅ホームステイがオス勧めです。教師宅ホームステイでは、ホストファミリー宅で自己隔離しながら先生からマンツーマンの授業を受ける事が出来ます。是非、1つの選択肢として考えて頂ければと思います。

アフィニティでは2021年夏の留学のご相談も現在オンラインにて行っています。もちろん、ポジティブな面だけでなく、ネガティブな面、リスクなどもしっかりお伝えした上で留学のアドバイスをしておりますので、気になる方はお気軽にご相談下さい。

この記事の内容に興味をお持ちですか?留学のことなら何でもお気軽にお問合せ下さい。

PROFILEこの記事をかいた留学カウンセラー

アメリカで経営学、教育学を学ぶ。ブリティッシュカウンシル認定上級カウンセラーおよび国家資格キャリアカウンセラー資格を有し、これまでに6000名以上のカウンセリングを行った熱血カウンセラー。グローバル人材育成のキャリアカウンセリングもお任せください。