フランスホームステイ情報

ホームステイ先でのマナー・お申込の注意事項について

ホームステイは至れり尽くせりのホテルではありません。異なった文化、職業、家族構成、生活様式、宗教などをもつファミリーと共同で生活をするということを忘れずに。また、フランスは様々な国からの移民も多く、人種や国籍も多様な国であるため、当然ホストファミリーが白人であるとは限りません。その家族のルールを守る、協調性を持つ、そしてお互いの生活スタイルを尊重しながら、快適に生活する努力をすることが異文化交流の第一歩です。快適な設備やプライベートな空間を重視される方 は、ホテルやアパルトマン、寮などをお申し込みくだいますようお願い申し上げます。予約可能な滞在先を案内いたします。

安全でパリらしい雰囲気を感じられる地区にある、比較的裕福なファミリーに限定したアフィニティ手配のオリジナルホームステイは、多くのお客様からご好評いただいております。

ご料金

シングル朝・夕食(週7回)付き 1週間~4週間お申し込みの場合1週間(7泊8日) 415 €
5週以上お申込みの場合1週間(7泊8日) 395 €
シングル朝・夕食(週5回)付き 1週間~4週間お申し込みの場合1週間(7泊8日) 385 €
5週以上お申込みの場合1週間(7泊8日) 365 €
シングル朝・夕食(週3回)付き 1週間~4週間お申し込みの場合1週間(7泊8日) 361 €
シングル朝・夕食(週5回)付き 5週以上お申込みの場合1週間(7泊8日) 341 €
シングル朝食付き 1週間~4週間お申し込みの場合1週間(7泊8日) 343 €
シングル朝・夕食(週5回)付き 5週以上お申込みの場合1週間(7泊8日) 323 €

7・8月はそれぞれ週+30€
※ホームステイはお客様のご都合によるお申し込み後のキャンセルや返金はいたしかねます。
(ビザ却下により渡航ができなくなった場合を除く。ビザ却下等の理由により渡航ができなくなりキャンセルを希望される場合は250€のキャンセル料のみお支払いいただきます。)

カウンセラーからのアドバイス

ホームステイに来ても、言葉ができないからと言ってファミリーと交流せず部屋にこもってしまう日本人の生徒さんが多いようです。
身振り手振りでの会話でも構わないので、積極的にコミュニケーションをとってお短い時間を有意義にファミリーと過ごせるようにしましょう。ファミリーも皆さんとコミュニケーションをとりたいと思っていることをお忘れなく!

学生の声

以前の留学ではハズレのファミリーに当たってしまい、食事もあまりおいしくないし、ホームステイでの滞在をあまり楽しめなかったので、今回ホームステイを特に重視しました。学校手配ではなくアフィニティ手配のホームステイを利用したところ、事前にリクエストでお願いした通り食事が美味しく、何かと異国で心細いことがあったり、疲れたときでも、口に入れるもので元気になれることもありました。
ファミリーとのコミュニケーションも、ステイ先の方の方から率先して、色々と聞いてくれたり、会話をはかってくれましたので、たどたどしい言葉でも、しゃべろうという気持ちになれましたし、その気持ちがプラスに働いて、語学の上達につながったのではないかと思います。とても楽しく過ごせました。ホームステイのマイナス点は今回アフィニティ手配のホームステイではまったく感じませんでした。
(M.T. 女性)

部屋について

玄関の鍵は用意されることもありますが、各部屋の鍵は掛けないのが一般的です。通常ベッド、テーブルまたは机、椅子と洋服ダンスがあります。家具を移動したり、壁にポスターを掛けたい場合はホストファミリーに相談しましょう。

また、何かを壊したり傷つけたりした場合にも、速やかにホストファミリーに伝えて修理してもらってください。この修理代は皆さんの負担です。また、自分の電気製品を使う場合も、まずホストファミリーに許可をもらってください。貴重品はスーツケースの中に入れて鍵を掛けるなど、各自で責任を持って管理し、お互いに気持ちよく生活できるようにしましょう。

- お部屋には通常ベッド・机・椅子が完備されております。(ただしサイズは変更出来ません)
- お部屋は清潔を保って頂けますようお願い致します。(基本的にお部屋での飲食は禁止です)
- お掃除の日は荷物や貴重品を片付けて下さい。
- 壁や扉に釘や画鋲を打たないで下さい。
- 毎日空気の入れ替えをして下さい。
- 家を出る時は戸締まりを確認して下さい。
- 23時以降は電話・Skype等での会話や音楽は避けて下さい。
– 鍵を紛失した場合は代金を弁償して頂きます。
- 電気を付けたまま、またPCや電話の充電をしたまま外出したり寝たりしないで下さい。

暖房について

殆どの家庭では、各寝室にヒーター(chauffage)があります。もし寒い場合には、掛け布団か毛布をもう1枚借りるか、ヒーターを強めてもらいましょう。また、電気代や環境のことを考えて部屋を出る時は必ず電気やヒーターを消すようにしてください。

カウンセラーからのアドバイス

日本人は特に電気のつけっぱなしが多く日本人の生徒がくると電気代がかなリ跳ね上がるそうです。外出時に消すのはもちろんですが、部屋を使っていない時なども電気をけしたり、PC/携帯電話のコンセント(電源)の付けっ放しに注意して下さい。
※あまりにも電気代が高額になった場合、ファミリーから実費を請求されることがあります。

食事と時間


もし食事療法や宗教上などの理由で口にできないものがある場合は、ホストファミリーに早めに伝えてください。食事時間は必ず守り、時間に遅れそうな時や外食する場合には、必ず前日までに伝えてください。

- 朝食は基本一人でお食事をしていただきます。ファミリーにもよりますが(出かける時間が異なる為)、朝食はシリアルや果物など簡単な朝食となります。朝食は無しでもありでも料金は変わりません。
- 家族の交流を望まれる方は朝夕食付でのお申込をお薦めします。
- 夕食の時間に間に合わない場合や、召し上がらない場合は事前にファミリーへ報告して下さい。
- 嫌いな食べ物・アレルギー等は初日までにファミリーへお伝え下さい。
- 食後の後片付けをして下さい。
- フランスの夕食時間は日本より1時間程遅く始まる事が多いので、ファミリーへ時間の確認をして下さい。

喫煙・飲酒

フランスでは飲酒ができるのは16歳以上(アルコール度数の高いものは18歳以上)、喫煙は16歳以上となっています。お申し込みの際に「喫煙しない」と記載した場合、ノンスモーカーと見なされます。各家庭によって喫煙・飲酒に対するルールがありますので、必ずホストファミリーに確認してください。
- 薬物・アルコール持ち込みは禁止です。

電話・インターネット

許可なしにホストファミリーの電話を使わないでください。また、借りた場合は通話料金を必ず払ってください。電話を掛けるのは朝10時から夜9時頃までの間が常識です。また、電話を受ける場合も早朝または深夜の呼び出しはファミリーに大変迷惑を掛けます。日本とは時差があり、夏時間・冬時間では時差も違うため、間違って電話を掛けてしまいがちです。ご家族やお友達に確認をしてから電話を掛けてもらうよう伝えておきましょう。ほとんどのご家庭ではWIFIアクセスが可能ですが、まれにインターネット会社や技術的な問題でご利用いただけないことがございます。

外出

部屋は常に整理整頓しておきましょう。
ベッドメイキングも毎朝してください。

食事の後片づけなどのお手伝いを進んでやりましょう。食事の準備や後片づけなどで、よりホストファミリーとのコミュニケーションが深まり、言語の練習にもなります。キッチンを使いたい場合は、まずホストファミリーに必ず許可を取ってください。食料品などを無断で使ったり食べたりしないでください。

洗濯や靴磨きは基本的に自分ですることですが、それ以外には、コインランドリーを利用することになります。アイロンとアイロン台はホストファミリーから借りてください。

シーツやタオルは用意されることもありますが、水泳等には自分のタオルを使いましょう。

日本と違いフランスのファミリーは毎日洗濯をしません。
洗濯機は1度回すのに1時間半ほど時間が掛かります。家庭により異なりますが、洗濯物を分別する場
合もありますので、何曜日が洗濯日か、洗うものの分別が必要かなどファミリーにお伺い下さい。

- バスタオルは1週間に1度、シーツは2週間に1度の頻度で洗濯をしてもらえます。

バスルーム


バスルームは殆どの家庭では1つしかありません。時間帯を選んで使用しましょう。深夜の使用は控えてください。また、長時間のバスルーム使用は禁物です。特に朝は混み合うので、シャワーを使う場合は手短に。使用後は抜け毛や水滴など残さないよう必ずきれいにしましょう。またバスルームのドアが閉まっている時は使用中という意味です。使用後はドアを開けておくのを忘れないようにしましょう。

フランス人はお風呂にお湯をためて使うことはあまりしません。使用できるお湯の量が限られているので、お風呂に入ると他の人のお湯がなくなってしまうことがあるのです。どうしてもお風呂につかりたい場合はファミリーに許可をもらうようにして下さい。

- お風呂場の利用は最大15分程度でお願い致します。(1時間近く利用している日本人の方が多い様です)
- フランスの家庭の給湯システムはタンク式がほとんどです。タンクのお湯が一度なくなってしまうと、温かいお湯がでるまで1時間以上待たなければなりません。ご協力をお願い致します。
- バスルーム使用後は髪の毛を綺麗に拭きとって下さい。フランスの建物は排水溝がとても狭く髪の毛などがすぐ詰まって排水管に支障をきたしてしまいます。

友人の招待

友達を家に呼びたい場合は、必ず事前に許可をもらってください。どの部屋で何時から何時まで許可をもらえるか確認してください。ホストファミリーの迷惑にならないよう心がけましょう。

- お友達の宿泊は基本的に禁止です。また日中お友達を招待する際はファミリーの許可を確認下さい。

ファミリーの変更

ホストファミリーとうまくいかないという場合、まず直接ホストファミリーに率直に話をするか、学校のスタッフに相談してください。必要と判断されれば、別のファミリーを紹介してくれます。ホームステイ先は、ホストファミリーのやむを得ない事情(急病や家庭の事情等)により、変更になる場合があります。

ホストファミリーへのメール・手紙

ホームステイをする人は、滞在する家が決まったら、自己紹介のメールや手紙を書きましょう。自分の名前から始まって年齢、趣味などを書くと良いでしょう。できれば、自分の写真または、家族の写真も一緒に送ると良いでしょう。

下記に手紙の書き方の一例を紹介しますので、参考にしてみてください。

Bonjour,

Je m’appelle Hanako YAMADA, j’ai 30 ans et je viens de Tokyo au Japon.
Je vous remercie de m’accueillir chez vous.

Je travaille comme vendeuse dans une boutique à Tokyo et j’apprends le français.
J’aime bien la musique et le film.

Pour le 5 mars, j’arrive à Paris CDG avec le vol AF12345 à 16h30, donc je serai chez vous vers 19 heures, est-ce que cela vous convient?

J’espère que mon séjour chez vous vous sera agréable, j’ai hâte de vous rencontrer.

A très bientôt.

Hanako YAMADA

こんにちは

お宅へのホームステイを受け入れていただきましてありがとうございます。
私は山田花子と申しまして30歳で日本の東京から参ります。

東京にあるブティックで販売員として働いていて、フランス語を勉強しています。
音楽、映画が好きです。

3月5日は、15時半パリへ到着のAF1234便で参りますので、頃お宅へ到着するのは19時頃の予定ですが、ご都合いかがでしょうか?

お宅での生活が楽しいものになるよう願っています、
そして、お会いできますのを楽しみにしております。

山田花子

フランスへの渡航にご興味をお持ちの方、
専門カウンセラーまでお気軽にご相談ください。

もう少し詳しく情報が欲しい方は弊社フランス専門サイトへ

おすすめフランス留学プログラム

料理の名門コルドンブルーでの料理・製菓・パン・ワイン・マネージメント留学

フランス語を習得し、パリで学ぶパン職人プログラム

パリのハイクラスホームステイ滞在 1週間~12週間の短期留学