IELTSって何?英語教育のスペシャリスト教授アンソニー・アランが試験の特徴を徹底解説!【後編】

皆さんこんにちは🙌 前回は、IELTSとはどういった試験なのかを、IELTSのエキスパートであるアンソニー先生が解説してくれましたね😃👂
今回はさらに踏み込んで、海外留学に必要なIELTSのスコアや勉強量、Writingなどについてインタビューしてみました!

アンソニー・アラン|Anthony Allan
イギリス生まれ、イギリスの大学で、英語教授法修士号(Master of Science in TESOL)取得。英語教育に携わり20年以上、日本人の弱点を熟知したレッスンと独自のカリキュラムに定評あり。英語教授のエキスパートとして著書も多数。
アフィニティ・ランゲージでは、マンツーマンレッスンを行っており、日本人に合った英語マスター法には多くのリピーターがいる。


  1. 海外留学を考えていますが、どれくらいのIELTSスコアがあれば日常生活で困りませんか?


    ⇒This really depends on the level of academic study you plan to enter. However, I’d say the very minimum score necessary for simple communication in daily life abroad is IELTS 5.0. With this score you should be able to communicate basic ideas, wants and needs. However, it is important to remember that communicating in the first few months will be especially difficult, but once you get a little used to the local English, it will become easier.

    どのレベルの勉強をしたいと考えているかにもよりますが、海外での日常生活における簡単な会話をするにあたっては、最低IELTS5.0は必要と言えます。このスコアがあれば、基本的な考えや希望を伝えることができるはずです。留学して最初の数ヶ月はコミュニケーションをとるのが特に難しいことを理解しておくことが重要ですが、現地の英語に少し慣れてくると段々と簡単になっていきます。

     

  2. IELTSでハイスコアを取るには、通常どの程度の勉強量が必要でしょうか?


    ⇒The simple answer is to study as much as possible and revise as much as possible. To raise your IELTS score by 0.5, in London and other English-speaking cities, language schools say it is necessary to study for 3 hours per day for three months. This means studying 15 hours per week for 12 weeks, which is a total of 180 hours of studying time in an environment where students daily life is surrounded by English. In Japan, the situation is very different, of course, so that’s why I said you should study and revise as much as possible.

    シンプルに、できるだけ勉強量を増やし、できるだけ復習に時間をかけることが必要です。ロンドンや他の英語圏の都市にある語学学校によると、IELTSのスコアを0.5上げるには、毎日3時間勉強して3ヶ月かかります。すなわち、英語に囲まれた環境で生活をしながら、週15時間の勉強を12週間(計180時間)続けるということです。日本で同じ状況を作ることは当然非常に難しいので、可能な限り勉強して復習することが重要と言えます。

     

  3. Writingのスコアが伸び悩んでいる人へのアドバイスをください(HighスコアとLowスコア向け)。


    ⇒For all students, regardless of the IELTS Band Score they want, the most important factor is to study hard and review your studies. By reviewing, you will remember more of what you have learnt. Moreover, when studying, students should use a variety of approaches, for instance, studying with an IELTS teacher, studying with an IELTS book at home, using the English on the Internet, reading books and magazines, and watching the news, programmes and films in English on TV. Karaoke is also a great way to develop rhythm in your spoken English! But be careful! Apart from taking IELTS classes and using IELTS textbooks, you must carefully choose what you use from the other approaches. Choose materials that have a good quality of English!

    目標のスコアが何点であるかに関係なく、最も重要なのはたくさん勉強して復習も忘れないことです。復習することによって、学んだことがより記憶に残りやすくなります。また、様々な勉強法を取り入れるのが良いでしょう。例えば、IELTSの講師との勉強、自宅での参考書を使っての学習、インターネット上で英語を使う、英語の本を読む、ニュースや映画を英語で見る、などです。英語を話す際のリズムをつかむには、カラオケも効果的です!ただし、IELTS対策の授業をとることと参考書を使って勉強すること以外の方法で学ぶ際には、そこからどんな英語を取り入れて使うかに気をつけないといけません。質の高い英語が学べる方法を選びましょう!

     

  4. IELTSにおすすめの本や、自宅でもできることを教えてください。

    ⇒Of course, the IELTS book I recommend the most is the one I wrote, IELTS Kanzen Kouryaku. Many students have said it is a great book and it has complemented their studies and helped them get their desired band scores, which is very pleasing for me. However, students should also do supplementary studying, as I mentioned a moment ago. Regarding textbooks, students should not use too many different IELTS books when they study at home, because sometimes they give different advice. Use one or two good self-study books, and use them intensively.

    もちろん、私が一番におすすめするのは、私の著書である「IELTS完全攻略」です。たくさんの生徒さんが使って良かった、目標スコアの達成に向けて補足教材として役立ったと言ってくださるのは大変嬉しいことです。しかし、先ほども話した通り、授業や参考書を使っての勉強以外も大切です。参考書によって異なるアドバイスが書かれていることがあるため、たくさん違う本を買うよりも、1冊か2冊に集中して使っていくと良いでしょう。