MBTIの解説とキャリアデザインにおける活用方法

GJJ海外就職デスクのキャリアコンサルタント、吉田です。

弊社はグローバルキャリアデザインを専門とし、日本から海外への海外就職、海外から日本への戻りの転職、そしてグローバルな視点での国内転職など、様々なベクトルでの転職支援を行っております。また、海外といってもエリアは様々で、アジア圏だけでも約13か国、ハードルの高いと言われているアメリカやヨーロッパなどの各国でも就職成功実績を保有しています。GJJ海外就職デスクは今年で創業から10年目を迎え、これまでに850名以上(2020年3月時点)の方を海外に送り出しており、彼らのその後のキャリア支援も継続して行っていることも弊社の強みの一つです。このように、数多くのグローバルキャリアデザインを手掛けてきたからこそ、MBTIをキャリア形成において有効活用できることが実証できていますので、本記事ではMBTIの解説をしながら、キャリアデザインにおける活用方法という観点でお話をさせていただきます。

MBTIは、世界45カ国以上で活用されている国際規格に基づいた性格検査です。人の無意識の世界を体系化したスイスの精神科医・心理学者ユングが開発したアセスメントで、人は絶対的で普遍的な特性を生まれつき持っており、そのタイプを16種類に分類したものです。この、『絶対的で普遍的』という部分がポイントです。なぜなら、人は成長するにつれ、環境要因で色んなパターンの自分を使い分けるようになるんですね。心理学用語では、その外向きの人格をペルソナと呼びます。家でリラックスしている自分と、会社で仕事モードの自分とでは、別人ってことはありませんか?または、周囲と上手くやっていくために、子供のころから周囲に合わせて振舞ってきたという方も多いのではないでしょうか? 最近ではインターネット上で簡単に無料診断が受けられるようですが、その場合は正確な結果が得られない可能性があります。後発的なペルソナが本来の自分だと勘違いした状態で無料診断を受けた場合に、起こりがちなので要注意なのです。

では、生まれ持った自分の特性を知ることは、キャリアデザインの観点でどんなメリットがあるのでしょうか?主要なものとしては、①本来の自分に合った職業や働き方の傾向が分かる、②他者とのコミュニケーション力が向上する、③部下を持った場合のマネジメントの在り方が変わる、④多国籍メンバーで構成されるチームや組織でのコミュニケーションやマネジメントにも対処できる、⑤ストレスに対する対処法が理解できる、といったようなメリットが挙げられます。先ほど、「後発的なペルソナが本来の自分だと勘違いした状態」があると書きましたが、この状態ですと、就職の際にポジションや業界のミスマッチを起こしやすく、上司や同僚とのコミュニケーションや組織マネジメントでも躓いてしまったりと、人によっては短期離職を繰り返してしまったり、仕事で思ったような成果が出せずに年収が上がらない、昇進できないといった結果につながることもあるのです。

グローバルキャリアデザインという観点では、世界45カ国以上で活用されている国際規格に基づいたアセスメントであるということも大きなポイントです。「日本人だから~」「アメリカ人だから~」「中国人だから~」といったように、国籍で人の特性をジャッジしてしまうことってよくありますよね。もちろん、商習慣や宗教感、歴史的背景も踏まえると、国籍による傾向はあります。ただ、その傾向も環境要因なので、相対的なものです。このMBTIは、人種や国籍に拘わらず一人の人間としての絶対的で普遍的な特性を追求していくため、キャリアまでもがグローバル化している現代においては、必要不可欠なツールといっても過言ではないのです。GJJ海外就職デスクでは、数多くの方を海外就職に送り出していますが、その大半の方が海外就職の準備段階でこのMBTIを用いたセミナーを受けています。彼らは、MBTIを通じて国を超えた多様性を理解し、海外現地で多国籍メンバーとの協業やマネジメントに挑んでいます。今後は、海外就職に限らず、日本国内でも組織が多国籍化していき、組織内に優秀な外国人人材がどんどん流入してくることが予想されます。日本国内でキャリアを継続していくにしても、このグローバルスタンダードであるMBTIを用いたセミナーを受けていただくことは、今後のキャリア形成を考えるにあたり有効です。

私どもが実施するこのセミナーは、数名以上のグループで約半日の時間をかけて実施します。MBTIは性格検査と呼ばれていますが、セミナー自体はワークショップ形式で行い、自分のベストフィットタイプを見つけ出すプロセスを辿っていただきます。自分とは違うタイプの方と一緒にワークをしていくことではじめて、「人と自分が違うこと」を体感し、人の多様性と自分自身を知ることができるのです。キャリアデザインに行き詰っている方、そのやり方が分からないという方は、まずはこのMBTIを用いたセミナーを受けていただくことがスタートになります。たった半日で見える世界が変わるといっても大げさではないくらいですので、ぜひこの機会にご受講くださいませ。


筆者:吉田奈未
GJJ株式会社 キャリアデザイン部門 Division Director

大学卒業後、国際物流業界でのシンガポールとアメリカ勤務を経て、在タイ大手人材紹介会社に転職。
日本帰国後は、エグゼクティブサーチファームでの海外事業や人材サービス企業でのダイレクトリクルーティングサービスを経て、現職グローバル人材のクロスボーダー転職支援を専門としており、 これまでに1500人以上にキャリア相談を実施し、国内外の日系企業の採用コンサルティングに従事。
また、全米NLP協会のマスター・プラクティショナー資格を保有し、 狭義の意味での「仕事=キャリア」だけではなく、「人生=キャリア」の棚卸をベースとしたライフプランニング、コーチングもミックスしたカウンセリング、コンサルティングが強み。厚生労働省認定キャリアコンサルタント (CDA:キャリアデベロップメントアドバイザー) 資格保有。


吉田奈未のセミナー予定

「はじめての海外就職説明会」
会場参加型
・3月15日(日)15:00~16:30
・3月22日(日)13:00~14:30
・3月28日(土)13:00~14:30
https://www.kaigai-shushoku.com/basic-seminar/

オンライン開催
・3月24日(火)日本時間19:30~21:00
https://www.kaigai-shushoku.com/events/upcoming/online_2020_3/

「欧米&オーストラリア就職セミナー」
会場参加型のみ (4月はオンライン開催有)
・3月21日(土)15:00~16:30
・3月27日(木)19:30~21:00
https://www.kaigai-shushoku.com/events/upcoming/australia_2020_3/

「海外転職マーケットの最新情報とグローバルキャリアデザインについて」
オンライン開催のみ
・3月20日(金:祝日)日本時間15:00~16:30
https://www.kaigai-shushoku.com/events/upcoming/special_2020_3-20/