【重要】2018年12月31日以降にカナダワーホリビザor学生ビザを取得する方へ

 

カナダ大使館より、2018年12月31日以降にカナダのワーキングホリデービザ・学生ビザを取得する方へ向けた新たな制度が発表されました。

この発表により、カナダワーホリビザ・学生ビザの申請が少々厄介になりそうです。。。

バイオメトリクス(個人識別情報)の収集について

指紋などの固有の身体的特徴を認証するための個人識別情報の提供(バイオメトリクス)は、身元確認と保安審査のための信頼性の高い方法として認められております。そのためカナダも渡航前のビザ申請の段階で申請者の指紋と顔写真を取り、入国時に照合し、本人確認や危険人物でないかなどの確認を徹底することになりました。

バイオメトリクス(個人識別情報)イコール指紋と写真の提出を、2018年12月31日以降に、ワーキングホリデービザ・学生ビザを取得する方は、ビザ申請時に東京の大門にあるビザセンター(VAC)に指紋提出&顔写真の撮影行くことが必須になります。

バイオメトリクス(個人識別情報)提出義務化による懸念点

  • 指紋提出先は東京の大門のみ
  • 今後もVAC(ビザセンター)の増設予定はなし=東京から遠方の方が大変
  • 現状では、VAC(ビザセンター)は予約制ではないので、当日かなり待つ危険がある=今後改善される可能性もあり

 

 

カナダビザ申請センター

住所

〒105-0014 東京都港区芝1-4-3 SANKI芝金杉橋ビル4階

営業時間

月曜日~金曜日(祝日を除く)の、9:00~17:00

※質問等はできず、指紋の提出と顔写真の撮影のみになりますのでご注意ください。

1回のバイオメトリクス(個人識別情報)提出の有効期限

10年間

*eTA(電子渡航認証)とは異なり、パスポートが変更になっても再提出の必要はありません。10年に1度でOKです。

バイオメトリクス(個人識別情報)提出費用

85カナダドル(家族は最高で170カナダドル)

バイオメトリクス(個人識別情報)提出をする必要がない人

  • 申請時に14歳以下もしくは79歳以上の方
  • 日本を含む、カナダ入国ビザが必要ない国の国籍を持つ方(6ヶ月以内の留学の場合は提出不要。eTA取得のみ)
  • 2018年12月31日以前に申請書を提出する方(渡航は2018年12月31日以降でもOK)
  • 既にビジターや就学者としてカナダに居る方(新たな申請書を提出しない限り、バイオメトリクス(個人識別情報)の提出は不要)

バイオメトリクス(個人識別情報)提出を含むビザ申請の流れ

ワーキングホリデービザの場合

今まで通りビザ申請のアカウントを作成し、質問事項に回答していく(ステップ1:IEC申請)

Poolに入りインビテーションを待つ

インビテーションが届いたら、Work Permit申請

書類をアップロード後に支払(ビザ申請費とバイオメトリクスの費用両方支払い予定)*クレジットカード払い

24時間以内にバイオメトリクスの案内メールと領収書が届く

30日以内に東京の大門にてバイオメトリクス提出

ビザの審査が開始される

学生ビザの場合

今まで通りビザ申請のアカウントを作成し、質問事項に回答していく(ステップ1:IEC申請)

 

書類をアップロード後に支払(ビザ申請費とバイオメトリクスの費用両方支払い予定)*クレジットカード払い

24時間以内にバイオメトリクスの案内メールと領収書が届く

30日以内に東京の大門にてバイオメトリクス提出

ビザの審査が開始される

注意点

  • 必ず支払の領収書と、バイオメトリクスの案内書類を印刷して持参すること
  • 期限内にバイオメトリクスの提出に東京に行くこと
  • ビザ申請センター(VAC)が現状で予約制ではないので、かなり待つ危険性も出てくること

まとめ

eTA同様に開始後はエラーが続く可能性も高いです。

既に渡航が決まっている人は、2018年12月31日までにビザ申請を行うことをオススメ致します。

2019年の渡航の場合でも、申請が2018年12月31日以前の申請の場合は、バイオメトリクスの提出義務はありません。

そのため、今のうちからビザ申請を行うことをお勧めします。

ワーホリの方は許可証の有効期限の関係から逆算し、申請を進める様ご注意ください。

アフィニティでは、渡航時期に合わせて申請のタイミングなどをご案内させて頂いております。

今後期日までに規定が変更になる可能性もありますので、最新の情報を注意して確認する様にしてください。

 

現地でビザ切り替えの際には、カナダ国内でバイオメトリクスの提出が可能となります。(サービスカナダという機関に行きます)

カナダ留学の特徴とポイント