アイルランド・ワーキングホリデービザ申請書の書き方と記入例

アイルランド・ワーキングホリデービザ申請

アイルランド・ワーキングホリデーに応募をする場合、まず初めに行う事はWorking Holiday Programme 申請書の提出です。

アイルランドワーホリの申請書の提出方法は、とってもシンプル。申請書をダウンロードして必要事項を記入。その申請書をE-mailにて提出するだけ。

申請書はここからダウンロード

 

申請書の書き方と記入例

1、Last name: 姓 鈴木 金太郎さんの場合、
Suzuki
2、First name: 名 鈴木 金太郎さんの場合
Kintaro
※Last name 、First name 共に、パスポートと同じ表記が必須です。
3、Gender: 性別 男性はMale、女性はFemaleを選んでください。ちなみに金太郎さんは
Male
4、Marital status: 婚姻状況 結婚している方はMarried、未婚の方はUnmarriedと記入。ちなみに金太郎さんは
Unmarried
5、Date of birth:
生年月日 (西暦)
1990年5月5日生まれの場合
5 / May /1990
6、Age: 年齢 金太郎さんは27歳なので
27
7、Place of birth: 出生地 静岡県生まれの金太郎さんの場合
Shizuoka, Japan
8、Present address: 現住所 〒107-0061 東京都港区北青山2-7-25 神宮外苑ビル3Fの場合
3F Jingu Gaien Bldg. 2-7-25, Kita Aoyama, Minato-ku, Tokyo, 107-0061, Japan
9、Phone number: 電話番号 03-5474-6231の場合、日本の国番号(+81)を付け足して
+81(0)3 5474 6231
10、E-mail: Eメールアドレス 申請結果が送られてくるアドレスです。申請書を送るアドレスと同じアドレスを記入してください。
ryugaku@affinity-japan.com
11、Japanese passport number:
パスポート番号
アルファベット2桁と数字7桁の、パスポートの番号です。
TE1234567
12、Passport valid until(date):
パスポートの有効期限(西暦)
パスポートの有効期限です。パスポートの個人情報ページには「有効期間満了日/Date of expiry」と記載されています。
「20 MAR 2025」と記載のある場合、
20 / March / 2025
13、Educational records:
学業経歴
・Name of university or, college or High School.:  大学名
(大学卒業者以外の方は、専門学校又は高校名を記入して下さい。)
アフィニティ大学の場合
Affinity University
※卒業学校のウェブサイトを確認すると、正式な英語表記名が記載されている事が多いです。
・Dates attended:  (入学日) 2009年4月1日入学の場合、
1 / April / 2009
・Name of Degree or Certificate received:  (証明書、免状、学費) 大卒、経済学部卒業の場合
BA in Economics
その他の学部の場合、BA in ○○ に専攻をあてはめれば大丈夫。例)建築学部→Architecture、法学部→Low
高卒の場合
Certificate of High School Graduation
専門卒、例としてアフィニティ芸術専門学校の場合
Affinity Vocational College of Art
その他の専攻の場合、□□ Vocational College of ○○ の、□□に学校名、○○に専攻を書けば大丈夫。 
14、Date you wish to commence your visit to Ireland:
アイルランドへの入国予定日
2018年8月8日を渡航予定日とする場合
8 / August / 2018 
※あくまでも希望日となりますので、正確な日付である必要はありません。
第1回申請受付期間の申請対象者は9月30日以前に渡航される方、第2回申請受付期間の対象者は9月30日以降翌年の3月20日以前に渡航される方が対象となりますので、入国予定日が対象の期間であることをご確認ください。
15、Proposed length of stay (maximum 1 year):
滞在期間(1年以内)
滞在予定期間を記入して下さい。1年間の場合
 1 year 
16、Please give a short explanation (max. 100 words) of how you plan to spend your Working Holiday Programme in Ireland.:
ワーキング・ホリデーでの滞在計画案
アイルランド・ワーキングホリデーでの滞在計画案です。英語100文字以内書いてください。シンプルな計画で大丈夫です。例えば、
「私は英語の勉強をする為にダブリンの語学学校に通う予定です。また、アルバイトを見つけて英語力を伸ばし、アイルランド人と交流したいです。」の場合
I am going to a language school in Dublin to study English and I hope to find a part-time job in the city so that I can improve my English skills and get to know the Irish people. 
17、If you have previously lived abroad, please state country and year:
過去、外国に住んだことのある方は、国名(年)と時期、期間を記載してください。
英国(ロンドン) 2015年1月~6月の場合
I lived in London, the United Kingdom, from January 2015 to June 2015. 
18、Employment records:
職務経歴
・Please give details of recent employment, if any. Name & address of employer:
会社名、住所 について該当者のみ、記入が必要です。アルバイトでも構いません。
株式会社アフィニティで働いている場合
Affinity Co., Ltd / 3F Jingu Gaien Bldg. 2-7-25, Kita Aoyama, Minato-ku, Tokyo, 107-0061, Japan
・Duties & responsibilities(max 50 words): 業務内容 パソコン会社の事務職の場合
I am working as an administration assistant in a PC company.

その他の職業、業種の方は、I am working as a(又はan) ○○ in □□ company. の○○に職業、□□に業種を書けば大丈夫
・Will your present job (if any) be available to you on your return?:
現職の会社にワーキング・ホリデー終了後、戻る予定がありますか?
戻る予定がある場合には
Yes, it will.
戻らない場合には
No, it will not.
19、Employment in Ireland: アイルランドでの仕事について
・What type of employment do you intend to seek in Ireland?:
アイルランドではどのような仕事を探す予定ですか?
レストランで働きたい方は
Restaurant work
・Details of any employment which you have already arranged in Ireland:
すでに仕事が決まっている方は詳細を記載ください。
決まっていない場合には
I have not arranged any yet.
決まっている場合には、会社名、会社情報を記入。
20、How did you hear about the Ireland Working Holiday Programme? Please give details in your answer.:
アイルランド・ワーキングホリデーをどのようにお知りになりましたか?
友人/大学/教育フェア/インターネット/他の大使館/広告/その他 の該当するものにマルをつけてください。
21、Would you like to receive Embassy updates about Ireland-Japan news and events?:
大使館からのニュースやイベント情報を希望しますか?
Yes / No を選んでください。

 

22、Terms and Conditions: 規約

ワーキングホリデー・ビザ申請の規約になります。内容の確認後、問題が無ければにチェックをして下さい。

a) 滞在中の十分な資金保持、調達ができていること。

b) 滞在期間を完全にカバーする海外旅行保険に加入すること。

c) ワーキングホリデーでアイルランドに行ったことが無いこと。

d) 入国から 1 ヶ月以内にアイルランド警察入国管理局(地方の場合には所 轄の警察署)にて所定の手数料を支払い外国人登録を行うこと。

e) ワーキング・ホリデー許可証は申請者個人に対して発給されるものであ り、配偶者や扶養家族を同行させないこと。

f) ワーキング・ホリデー許可証を利用してアイルランドに入国する場合、 滞在期間は入国日から起算して最長 12 ヶ月であること。

g) いかなる場合にも滞在期間を延長したり、別のビザへの切り替えをした りしないこと。期間終了後は必ず出国すること。

h) ワーキング・ホリデー許可証を申請する要件を満たしていても、既にア イルランドに別の目的で入国している場合、アイルランド国内からワー
キング・ホリデー許可証への変更及び新たな申請をしないこと。

i) 肺結核などの深刻な病気を患ったことがないこと。

j) 有罪判決を受けたことがないこと。

k) 麻薬の常用または取引をしたことがないこと。

l) いかなる国でも入国拒否や出国命令を受けたことがないこと。

全ての質問に答え且つ、内容につき私の知る限り虚偽はありません。

 I hereby agree to the above terms and conditions.: 私は、上記規約を厳守します。(の空欄に必ずチェックをして下さい。)

申請書の記入がすべて終わったら

申請書を添付ファイルにて下記E-mailに送信をして下さい。

workingholiday.ie.jp@vfshelpline.com

この段階で、写真の添付は必要ありません。また、送信メールの件名、本文に特に規定はありません。参考としてメールの記入例をご案内いたします。

【件名】 Kintaro Suzuki / Working Holiday application form
【本文】 To Whom it May Concern,

My name is Kintaro Suzuki. Please see the attached Working Holiday application form.

Sincerely,

Kintaro Suzuki

申請方法

申請結果は、申請月の翌月中旬までに、E-mailにてお知らせが届きます。

申請許可をE-mailで受領した方は、下記必要書類を書留にて合同会社VFSサービシズ・ジャパンに郵送をして下さい。

※パスポート、医療保険、航空券以外の提出書類は返却されませんので、ご注意ください。

1)申請許可の E-mail *申請許可の E-mail を出力したもの

2)申請書と写真 2 枚 (6 ヶ月以内に撮影したもの) *作成した申請書を出力し、写真 1 枚は申請書に貼付し、もう1 枚は郵送してください。

3)パスポート(原本) *アイルランドを出国する時点で、有効期間は 6 ヶ月以上必要です。(6 ヶ月+ 滞在期間)

4)パスポートのコピー *顔写真のページとスタンプが押印されているページのコピー

5)履歴書(英文) *書籍等で紹介されている簡易なもので A4 サイズ1枚程度

6)卒業証明書(英文原本) *最終学歴校の卒業証明書。現在就学中の方は、在籍証明書でも可。

7)残高証明書(英文原本) *個人資金として 50 万円以上の金額を示す本人名義の残高証明書。

8)医療保険証券又は付保証明(英文原本と A4 コピー1枚) *滞在期間をカバーする医療保険証券又は付保証明

9)航空券(原本と A4 コピー1枚) *片道航空券又は往復航空券。E-チケット、予約確認書可。

10)補足申請フォーム、申請料振込控え *申請許可の下りた方のみ、詳細はご案内させていただきます。

11)返信用レターパック 510 *宛先にご自身の住所、氏名記載のレターパック 510 の封筒(郵便局にて購 入)

このプログラムの申請費用は 7,900 円(60 ユーロ)です。

※お支払いの手続き方法については、申請許可が下りた時にご案内があります。

必要書類送付先:

〒105-0021

東京都港区東新橋 2-3-14 エディフィチオトーコー4F

合同会社 VFS サービシズ・ジャパン

アイルランドワーキング・ホリデープログラム係

必要書類の郵送が完了したら、あとはワーキング・ホリデー・オーソリゼーション(許可証)が届くのを待つだけです!

※アイルランド入国から1ヶ月以内にアイルランド警察入国管理局(GNIB)で外国人登録をする必要がありますのでご注意くださいね。

 

 

カウンセラーからのアドバイス

申請書の記入内容について不安な方はもちろん、

アイルランドワーキングホリデーについて相談をしたい方、

アイルランドの語学学校情報や、ワーホリ予算について知りたい方は、お気軽にご相談ください。

アフィニティでは、アイルランド・ワーキングホリデーに関する、無料相談をご案内中です。