【大学生必見!】アメリカの大学に編入できる!ってホント?!

日本では大学間で編入することは少ないですよね。日本の短大から大学へ編入する際は、編入試験があり、学部学科によって編入できない場合もあったり、編入枠(人数)も限られています。アメリカの大学では編入制度があり、編入が一般的に行われています。

なぜ、アメリカの大学は編入できるのでしょうか?

それは、アメリカの大学は「単位」で運営されているからです。卒業単位として、コミュニティカレッジでは約60単位、4年制大学では約120単位必要となっています。選択した学部で必要とされる単位数を取得し修了すれば、年数は関係なく卒業することができます。

卒業単位は、大きく3つに構成されています。
① 一般教養科目:理数系、社会学系、人文科学系の必須及び選択科目
② 専門科目:専攻する分野の必須科目
③ 選択科目:専攻する分野の選択科目

4年制大学の最初の2年間は①一般教養科目と②専門科目の基礎を履修します。残りの2年は②専門科目と③選択科目を履修します。そのため、2年制大学(コミュニティカレッジ)から4年制大学に編入することができるのも、2年制大学(コミュニティカレッジ)の編入プログラムでは①一般教養科目と②専門科目の基礎を履修します。つまり、4年制大学の最初の2年間と同等科目を履修できるので、コミュニティカレッジを卒業し、4年制大学に編入できるのも2年分の単位互換が認められ、3年次に編入ができるわけです。もちろん、コミュニティカレッジを卒業せずに、別のコミュニティカレッジや4年制大学へ編入することも可能です。4年制大学から4年制大学への編入だってできます。

アメリカの大学編入の受け入れ時期は?

日本は年1回が一般的ですが、アメリカの大学は学期ごとに編入ができます。編入の手続きは、単位を持っていない学生とほとんど同じ条件です。

日本の大学からアメリカの大学へ編入するには?

●日本の大学の単位が少なくとも18単位以上取得していること
●日本の大学の成績(評定平均値)が2.5以上(4段階評価)であること
●編入希望先大学が求める英語力(TOEFL®やIELTS™など)があること
その他にも大学に提出する書類があります。

日本の大学で取得した単位がアメリカの大学で認めてもらうには?

日本の大学で取得した単位は、編入希望先大学の学部で認めてもらえるかどうかです。アメリカの大学には日本の大学の英文成績証明書を提出します。単位互換してもらうには、編入希望先大学で提供している科目と一致するかどうかです。英文成績証明書にある科目名で判断できないことも多くあります。そういったときは単位交渉を行います。単位交渉する際は、英文のコース概要(シラバス)を提出し、科目の詳細を伝えことで単位互換されるケースがあります。渡航するまでに英文のコース概要(シラバス)を用意しておくとよいでしょう。

アメリカの大学によっては、英文成績証明書を成績評価機関に提出することも!

英文成績証明書をアメリカにある民間の成績評価機関に提出し、日本の大学がちゃんとした大学であるのか、アメリカ式の成績に評価し、希望大学にその結果が報告されます。それは、国によって成績評価の方法(1~5段階やA~F評価)が違ってくるため、統一するためにもアメリカでは民間の成績評価機関が行っています。成績評価機関で多く利用されるところは、World Education Services(WES)とEducational Credentials Evaluators(ECE)です。

アメリカの大学編入のメリット

① 「英語対応力」や「英語運用力」などを実践的な場で使える英語を身につけられる
② 専攻(学部)が600以上もある
③ 専攻(学部)が学期ごとに変更できる
④ 日本の大学にない専攻(学部)がたくさんある
⑤ 大学間で編入することができる
⑥ 返金不要の奨学金制度がある
⑦ 2年制大学(コミュニティカレッジ)あるいは4年制大学を卒業後にOPT(Optional Practical Training)を利用してアメリカで有給で約1年働くことができる
⑧ 多国籍の学生と友達になれる
⑨ 留学中に他州にも旅行ができる

日本の大学に進学したものの、「やりたいことではなかった」や「思っていたのと違った」などなど、このままでいいのかなと悩んでいる方は、海外に視野を向け、アメリカの大学編入を検討してみてはいかがでしょうか。やりたいことが見つかり、自分の可能性を広げる機会もあります。アメリカの大学卒業後にはOPTを利用して1年間有給で働くこともできます。

アメリカの大学編入にご興味がある方は、是非ご相談ください。これまで多くの日本の大学生をアメリカの大学編入のお手伝いをしてきました。無料カウンセリングで事例を含めお話させて頂きたいと思います。

アメリカの大学についての詳細は以下より確認ください

必見!~海外大学を知ろう~ アメリカの大学進学について 

アメリカの大学に偏差値がある???

「最新海外大学情報」2019年、アメリカの大学事情について!!

【海外留学】アメリカ留学を知ろう!

この記事に関して興味をお持ちの方は、 ぜひメールまたはお電話でお気軽にお問合せ下さい。

お問い合わせ