【カナダ】努力で未来は変えられる!本気の留学で英語+就労を叶えるプログラム

カナダ

努力で未来は変えられる!

本気の留学英語+就労を叶えるプログラム


 

「海外留学してみたい」

「海外で就労経験を積んでみたい」

「英語を使って長期間英語を勉強してみたい」

そのような方におススメなのはやはり『ワーキングホリデー』です。
18歳から30歳までの若者が、海外で1年間学校に通ったり、アルバイトをしたり、観光を楽しむこともできる万能ビザです。
*国によって年齢や滞在期間等の条件が異なります。

しかし、

・ワーキングホリデーは何でもできるからこそ専門性が薄いように感じる

30歳を超えてしまったのでワーキングホリデーの申請要件を満たしていない

・30歳直前・・・退職してワーキングホリデーに挑戦するかを今焦って決めたくない

といった悩みを抱える方も実際にいらっしゃるのではないでしょうか。
そんな皆様に、カナダでできる「CO-OPプログラム」についてご紹介いたします。

 

CO-OPプログラムとは

 

COーOPプログラムとは、専門学校(カレッジ)で就学(座学)後、カレッジ就学期間と同じもしくは少ない期間で有給インターンシップができるプログラムのことです。
入学時に一定の英語力を求められるため、あらかじめ日本で事前テストを受講し英語力を証明するか、現地語学学校にて英語力をつけてからプログラムに参加することとなります。

有給のインターンシップですが、コースの一環として扱われるため、就労ビザの取得は必要ありません。
既に1度カナダワーホリ経験済みの方もお申込み可能です。
なお、ワーキングホリデーのビザ規定の年齢を超えてしまった方も、有給でインターンシップをすることが可能です。
ワーキングホリデーとは異なり、年齢制限のないビザになります。

 

ステップ①現地語学学校

 

 

語学力に自信のない方や、CO-OPプログラムに入る前に現地生活に慣れておきたい方は、語学学校で事前準備を行うことをお勧めいたします。

就学する現地語学学校:ILAC(トロント校/バンクーバー校)

International Language Academy of Canada (ILAC)

International Language Academy of Canada (ILAC)

 

ステップ②専門学校(カレッジ)+CO-OP(有給インターンシップ)

 

 

カスタマーサービス、ビジネスコースを中心にプログラムが提供されています。
選択するプログラムによって異なりますがIELTS4.5~5.0程度の英語力が問われます。
なお、カレッジでの就学中にはアルバイトをすることが可能になるため、現地滞在費を補填することが可能です!

 

就学する現地語学学校:ILAC INTERNATIONAL COLLEGE(トロント校/バンクーバー校)

 

例:20週間座学+20週間CO-OP(有給インターンシップ) 学費:約55万円($1=85円)
例:24週間座学+24週間CO-OP(有給インターンシップ) 学費:約65万円($1=85円)
例:30週間座学+30週間CO-OP(有給インターンシップ) 学費:約79万円($1=85円)

 

学校でのプログラム期間を修了した時点でビザも満了となる為帰国する必要がありますが、このプログラムの受講生の中には、インターンシップ先よりビザを延長してもらったケースもあるそうです。

長期間のCO-OPプログラムにてインターンシップ先に貢献した後に、運が良ければその後のカナダでの滞在延長に繋げることができるかもしれませんね!
*延長の保証は致しかねます。

 

番外編:カナダので大学・カレッジ進学を目指す!

 

CO-OPプログラムも魅力的ですが、学位や学士号を取得したい場合は、大学カレッジの進学をお勧めします。

ILACではパスウェイという大学進学準備プログラムがあり、語学学校で英語力を上げた後、提携大学に進学することができます。(IELTSやTOEFLのスコア免除で入学できる学校有り!)

なお、カナダには学位取得就労ビザ(Post Graduation Open Work)というものがあり、公立カレッジ/大学を卒業した者は8ヶ月~3年滞在できるビザがあります。*2019年5月現在

海外のカレッジに行きたい!その後現地で働きたい!という方にはおススメのプランになります。

 

急がば回れ!確実な方法で自分の目標を達成しましょう!

 

 

「お金が無いから低価格でできるだけ長く滞在したい」
「海外に住みたいけど大学でお金を使い果たして終わるのが怖い」
様々な悩みはあるかもしれません。

しかし、本気で海外で勉強したい本気で海外で働いてみたいという事でしたら、お金をかけてでも確実な方法で渡航されることをお勧めします。

「格安」な滞在方法で何度も渡航するよりも、より確実にキャリアを身に付け長期間滞在することができる方が、長い目で見て自分の為になるのではないでしょうか?

ちなみに、カナダではCO-OPプログラムを取り扱っている学校が他にもあります。
様々な都市より学校を紹介致しますので、遠慮なくお尋ねください。

カナダ学校情報

 

YouTubeやTwitterでも情報を発信しています!
下記アカウントからDMも受付中です♪

AIKOの留学TV

 

この記事を書いた人

森山 愛子

ニュージーランドでファームステイ、イギリスとカナダにてワーキングホリデー経験有り。 海外生活経験を多くの方に伝えたく、アフィニティの留学カウンセラーという道を選びました。 自身の経験と反省を活かし、学校選びから海外生活のノウハウまでしっかりとご案内していきます!

この記事に関して興味をお持ちの方は、 ぜひメールまたはお電話でお気軽にお問合せ下さい。

お問い合わせ