2/19更新【カナダ】英語+就労を叶えるCO-OPプログラム

「海外留学してみたい」
「海外で就労経験を積んでみたい」
「英語を使って長期間英語を勉強してみたい」

そのような方におススメなのはやはりワーキングホリデーです。18歳から30歳までの若者が、海外で1年間学校に通ったり、アルバイトをしたり、観光を楽しむこともできる万能ビザです。
*国によって年齢や滞在期間等の条件が異なります。

しかし、

  • ワーキングホリデーは何でもできるからこそ専門性が薄いように感じる
  • 30歳を超えてしまったのでワーキングホリデーの申請要件を満たしていない
  • 30歳直前、退職してワーキングホリデーに挑戦するかを今焦って決めたくない

といった悩みを抱える方も実際にはいらっしゃるのではないでしょうか?そこで今回は、今・カナダで熱い!「CO-OPプログラム」についてご紹介いたします。

CO-OPプログラムとは

CO-OPプログラムとは、専門学校(カレッジ)で就学(座学)後、カレッジ就学期間と同じ、もしくは少ない期間で有給インターンシップができるプログラムのことです。入学時に一定の英語力を求められるため、あらかじめ日本で事前テストを受講し英語力を証明するか、現地語学学校にて英語力をつけてからプログラムに参加することとなります。

有給のインターンシップはプログラムの一環として扱われます。学生ビザに付帯されている就労ビザで働くことになりますので、渡航前にビザ申請が必要となります。既に1度カナダのワーキングホリデー経験済みの方もお申込み可能ですのでご安心ください。
なお、ワーホリのビザ規定年齢を超えてしまった方も有給インターンシップ、CO-OPプログラムにはご参加いただけます。ワーホリとは異なり年齢制限のないビザですので、皆様にチャンスがあります!

しっかりと就学・就労ができるプログラムになっているため、目的意識をもって留学生活を送ることができます。その後の就職やキャリアチェンジにも役立てることができますので、学生さんから社会人の方まで幅広い方にお勧めです。

30分の無料セミナーやってます!

次ページ:専門学校、私の英語力でも大丈夫?

この記事に関して興味をお持ちの方は、 ぜひメールまたはお電話でお気軽にお問合せ下さい。

PROFILEカウンセラープロフィール

パリ、トリノ、上海、ロンドンという4都市での留学経験と4ヵ国語習得経験を生かして皆さまの留学をサポートいたします!食に対する探究心はとどまることを知りません。フランス、イタリア留学担当カウンセラー。