イギリスで学ぶ「アート&デザイン留学」ART&DESIGN in UK

海外で芸術を学びたい。
しかし海外の学校に行くのは敷居が高い。
英語力も自信が無い・・・

海外で芸術を学ぶことを諦めてしまっていませんか?

意外とハードルが高く見える海外留学ですが、イギリスアート&デザインを勉強することは決して難しいことではありません。
一番大切なのは、どれだけアートやデザインが好きかクリエイティビティ(創造力)があるか、そして表現することができるかです。

今回は、アート&デザイン留学の概要についてご説明いたします。

アート&デザイン留学にはどのような種類があるのか?

アート&デザイン留学は、大きく5つの種類に分けることができます。

①1週間からOK「語学留学+ロンドン芸術散策」1週間~
②大学進学前に専門的に学ぶ「専門/Diploma・Certificateコース」1~2年
③大学進学準備を行う「ファンデーション/Foundationコース」1年
④イギリスの大学院に進む「学士/Degreeコース」3年
⑤イギリスの大学院に進む「修士/PostgraduationDiproma・Masterコース」1年

勉強できる内容も多岐に渡り、日本にはない専攻があるのもイギリス留学の魅力の一つです。

建築建築、インテリア建築
ファインアート絵画、陶芸、彫刻、版画、ジュエリー、銀細工、金細工、写真
デザインイラストレーション、家具デザイン、インテリア、デザイン、舞台美術、プロダクト・デザイン、インダストリアル・デザイン、ガラス工芸
コミュニケーション・デザイングラフィック・デザイン、イラストレーション、アニメーション、デジタル・メディア、ビデオ、フィルム、TV、ソニック・アート、ウェブ・デザイン
ファッション/テキスタイル・デザインファッション・デザイン&テクノロジー、テキスタイル、コスチューム・デザイン、ファッション・マネジメント、アパレル・デザイン&マーチャンダイズ、タペストリー、靴、鞄デザイン、ファッション・アクセサリー
その他美術&建築史、アート・セラピー等

入学審査必要事項

①語学留学+ロンドン芸術散策

入学条件
・特になし
・期間に応じて学生ビザが必要
・基本的に毎週月曜日に入校可能

②専門/Diploma・Certificateコース

入学条件
・高校卒業以上
・IELTS4.5~5.5
・TOELF CBT 97-213 PBT450-550
・通常資格は不要
・ポートフォリオ*を要求されることがある

③ファンデーション/Foundationコース

入学条件
・高校卒業以上
・IELTS4.5~5.5
・TOELF CBT 97-213 PBT450-550
・ポートフォリオ*を要求されることがある

④学士/Degreeコース

入学条件
・ファンデーション/専門課程でのコースを履修
・日本で美術短大、大学卒業の場合上記の限りではない
・大学によっては2年目からの編入も可能
・ポートフォリオ*必須
・面接を求められる場合もある

⑤修士/PostgraduationDiproma・Masterコース

入学条件
・既にアート&デザイン学士号取得者
・職歴/経験によっては上記の限りではない
・基本的に学位と違う専攻を履修することができないが、仕事上の経験を学歴に準じて評価される場合有り
・大学によっては2年目からの編入も可能
・ポートフォリオ*必須
・面接を求められる場合もある

*ポートフォリオとは
ポートフォリオとは作品集のことです。
入学基準は、このポートフォリオによって決まります。
作品と聞くと身構えてしまう方も多いと思いますが、審査では、完成した作品の完成度よりも、独自性や個性、アイディアの豊富さ、そして何よりアート&デザインに対する意欲が重要になります。

実際に留学された方の体験談

【帰国者インタビュー・留学体験記】イギリス語学留学~ボーンマス芸術大学院卒業


アフィニティのカウンセラーは、全員海外留学経験者です。
1週間からの短期留学、2019年大学生の後期休学留学、2020年の海外大学進学のご相談等をお受けしております。
日々変わりゆく情勢にもアンテナを張り、定期的な現地視察、海外から学校スタッフを招いてのセミナーも随時開催しております。
現地情報に精通した留学のプロが、オセアニア、北米、欧州、フィリピンまで幅広い留学先をご案内いたしますので、安心してお問い合わせください。

皆様からのお問い合わせをお待ちしております!

この記事を書いた人

森山 愛子

ニュージーランドでファームステイ、イギリスとカナダにてワーキングホリデー経験有り。 海外生活経験を多くの方に伝えたく、アフィニティの留学カウンセラーという道を選びました。 自身の経験と反省を活かし、学校選びから海外生活のノウハウまでしっかりとご案内していきます!

この記事に関して興味をお持ちの方は、 ぜひメールまたはお電話でお気軽にお問合せ下さい。

お問い合わせ