英語で進学できる!オランダ・アムステルダム大学の魅力

オランダの大学はヨーロッパの中での立地条件も含め、ヨーロッパの学生の進学先として非常に人気が高く、国際色が非常に豊かな教育環境になっています。そのため、オランダ語だけでなく、英語でもビジネス関係の学部を中心に広く大学・大学院の授業が行われています。

オランダに15校の大学がありますが、今回はその中でもオランダのトップ大学として有名なアムステルダム大学についてご紹介したいと思います。

アムステルダム大学には、英語で学ぶ事ができる学位コースが200以上開講されており、毎年世界中から2000名を超える留学生が学びにくる国際的な大学です。※在学生約35000人のうち、7000人以上の留学生が海外から学びにきています。

日本からアムステルダム大学に進学を目指す際には、一般的にファンデーションコースで学び、3年間の学部コースに進学します。

※イギリスの大学と同じく、日本からの高校の成績だけではダイレクトに進学する事は出来ません。

出願にあたって最も重要なものは、在学中の高校の成績になります。具体的には高校の成績の評定は5段階評価でオール4以上を目安として考えて頂く事になります。ファンデーションコースを経由するとは言え、オランダは大学進学率が約10%とも言われるほど一部のエリートしか大学に進学しない文化ですので、出願の段階でも一定レベルの学力を求められます。※学部によっては書類選考だけでなく、数学の学力を確認するテスト、Motivation Letter(志望動機書)、インタビューなど、合格を貰うまでには様々な手続きが必要になります。

日本の高校の成績で世界TOP100位のアムステルダム大学に進学可能?

世界的に有名なオックスフォード大学、スタンフォード大学等に進学を目指す場合には、高校の成績だけで出願、合格を取得する事はできません。

Oxbridgeに進学するには、A level (日本の高校2年、3年課程と同等)でAAAのスコア、またはIBコースで41-42点のスコアが求められるためです。

一方でオランダのアムステルダム大学をはじめ、ファンデーションコースからの進学を認めている大学はヨーロッパにも多数あります。そういった大学に出願する際、重要になってくるのが高校の成績になります。日本の偏差値のような考え方はヨーロッパの大学には無いため、偏差値65以上の進学校であっても、偏差値50の一般的な高校であっても、評価の基準は在籍する高校での成績が指標になります。オランダのアムステルダム大学以外にもコースによっては日本の高校の成績だけで出願、進学が可能な有名大学が多数あります。

32位:ブリティッシュ・コロンビア大学(カナダ)

51位:マンチェスター大学(イギリス)

51位:シドニー大学(オーストラリア)

59位:オーストラリア国立大学(オーストラリア)

66位:アムステルダム大学(オランダ)

72位:エラスムス大学ロッテルダム(オランダ)

ビジネス・経済プログラムを学びたい方は、トリプル認定ビジネススクール(AACSB、EQUIS、AMNA)のエラスムス大学ロッテルダムはお勧めの1校です。オランダ第2の都市、ロッテルダムにて幅広い企業とのネットワークもあり、インターンシップの機会も豊富ですので、将来ヨーロッパ就職を目指したい方にもお勧めです。

91位:ブリストル大学(イギリス)

92位:グラスゴー大学(イギリス)

これらの世界TOP100位の大学も、高校の成績で5段階評価でオール4平均以上を取得されていれば、ファンデーションコースから進学が目指せます。

ファンデーションコース1年+大学の学部コース3年=4年間で卒業が目指せる事もあり、非常に魅力的な選択肢の1つになると思います。

その他、オランダは英語で学べるビジネスコースが豊富ですので、ファンデーション経由でティルブルフ大学、アムステルダム自由大学、ハンゼ大学など、ヨーロッパでの就職を見据えた大学進学も可能です。将来、ヨーロッパで活躍したい、就職したいという方の選択肢として、是非オランダの含めたグローバル併願にチャレンジする方が1人でも増えればと思います。

※オランダのインターナショナルビジネススクールには、ワークプレイスメントが含まれている事が多く、コーディネーターによるキャリアサポートは充実しています。オランダの大学を卒業する事で国際的に認められた学位が取得できますので、人材紹介会社の市場でも人気の人材となれます。

日本の大学との併願も可能(グローバル併願)

出願料が無料なので、最近では日本の大学受験と併願される生徒さんも増えてきました。

併願例A

オランダ:アムステルダム大学

イギリス:マンチェスター大学、シェフィールド大学

日本:慶応大学、上智大学

併願例B

イギリス:シェフィールド大学、サセックス大学

オーストラリア:シドニー大学

日本:早稲田大学、明治大学

人気の高い世界の名門大学に併願する場合、弊社では3年次の夏休みから出願をお勧めします。ただ、日本の大学の受験時期でもある春の時期(2月、3月)でも9月からの進学に間に合う大学も多数ありますので、お気軽にご相談下さい。

アフィニティのトリプルサポート

海外大学受験は、日本の偏差値教育とは物差しが完全に違いますので、日本の大学で限られた選択肢に囚われる事なく、世界の名門大学にチャレンジしてみませんか?もちろん、合格を取得してからの奨学金申請、IELTS対策、海外大学でのサバイバルスキルも含め、アフィニティではトリプルサポートで、皆さんの夢を全力でサポート致します。

現在、コロナ禍の影響もあり、世界的な名門大学も優秀な学生さん達に積極的に奨学金のオファーをしています。アフィニティでは2020年に進学した方、2021年に進学予定の約80%の方が奨学金として大学より学費一部免除(14万円~140万円)を取得しています。

今は自信が持てないけど、気になっている方、ご家族の賛成が得られていない方、留学費用が心配な方など、あきらめる前に一度アフィニティにご相談下さい!

この記事に関して興味をお持ちの方は、ぜひメールまたはお電話でお気軽にお問合せ下さい。

PROFILEこの記事をかいた留学カウンセラー

アメリカで経営学、教育学を学ぶ。ブリティッシュカウンシル認定上級カウンセラーおよび国家資格キャリアカウンセラー資格を有し、これまでに6000名以上のカウンセリングを行った熱血カウンセラー。グローバル人材育成のキャリアカウンセリングもお任せください。